気功のひろば

ブログ

2020.10.23

self そろそろ〆切

30期、15年のロングセラー、「通信講座self」。再々受講生も多い、人気講座です。
秋のクラスが、そろそろ〆切になります。
10/25までになっていますが、もう少し延ばして11/2にしますね。

なので今日は、天野にselfの特徴、「禅密web」との違いなど話してもらいました。
「self」から、秋におすすめの「ねじりのふりこ」も。
動画で見るとわかりやすいです、よかったらどうぞ。(純)

2020.10.16

新月の願い

事務所を北白川蔦町に移転して、2週間。おかげさまでなんとか、走り始めました。
蔦町基金や埋炭、ワックスかけなど
有形無形のさまざまな支えをありがとうございました。

おかげさまで、配信も終え、明日は小さな初講座とお茶会です。
(早期に定員いっぱいですが、どうしてもという方はお問い合わせください。)

明日10/17は新月。
10-12時、「新月てあての会」として、体を動かしゆるめた後、それぞれの願いを書きます。

遠方の方、参加されない方もどうぞご一緒に。
同じ時間に、「心がおちつく やさしい気功」など好きな動画をなさって、
「〜になりました」「こんなふうに過ごしています」など
過去形、現在形で、好きな願いを書いてみてください。

みんなで書くと叶うことが多いのです。
他の人の願いは書かないこと、叶ってこまることは書かないこと。

どういう方向を向いていくかが大切。

楽しく幸せな方へ、どうぞ気楽に、この節目のときを一緒に過ごしましょう。

午後は京都岡崎・好日居さんを中心に、お祝なので紅白のお茶会。
どんなふうになるか、楽しみです。またご報告しますね。
ご参加の方、おまちしています。
みなさまも、秋空の下、どうぞよい週末をお過ごしください。(純)

*願いの書き方・参考『気功の学校』天野泰司・ちくま新書 7時間目

2020.10.09

禅密web秋冬 配信しました

10/10「禅密web秋冬」10-12月、第一回を配信しました。
引き続き受け付けています。1回目をアーカイブで、あと2回(11/11・12/12)をリアルタイムでご受講できます。

天野泰司がやさしく禅密功の基礎を伝える人気講座、「禅密の学校」。
2020.4月、コロナ禍のなか初めてwebで公開。ご希望が多く、6-8月に続けて10-12月も開講します。

「大切なのは、心身の準備、そして無心に続けること。
こんな時期だからこそ、スッと天然の世界へ立ち還っていきましょう。(天野)」

10/10(土) 基本功と慧功1「鬆展放収」・諸漏々尽と消植法

11/11(水) 基本功と慧功2「衝上貫下」・笑いの門と炁の法

12/12(土) 基本功と慧功3「周通空霊」・寿の法

*学費 15,000円 /3ヶ月
申込は「講座あんない」のページから。

*初めての方は6-8月「基礎編」と合わせてご受講ください。同じフォームから同時に申し込みできます。

・・・・・・・・・
禅密功はとてもシンプルで本質的な気功です。
同時に、とても奥行きが深く、
生涯の宝物のような気功となるでしょう。
今回は初めてWeb公開することになりました。
このような状況でなければ、あり得なかった機会ですので、
たくさんの縁ある方に学んでいただければと思います。

10-12月の三ヶ月はアドバンスクラス。動静楽寿、基本功と慧功を深め、
天地自然との一体感を味わう三ヶ月。

慧功の核心は「放」。内気を養い、体外へ気を放ち、
天地自然と一つになった気を再び内へ収める。「人天合一」へ至る、最もシンプルでわかりやすい方法がここにあります。(担任・天野泰司)
・・・・・・・・・

背骨をゆるめ、なめらかにつかえがはずれていくことで
心も体も通りがよくなり、あたたかく軽い心持ちに。

首や肩が辛い、眠りにくい、冷えに弱い、免疫力を上げたい・・。
「先天に戻る」、自然な私に立ち戻る禅密功を、ご一緒に。
現実的、効果的な面もある面白い功法です。

劉漢文先生は初めに、「みなさん小学生のような気持ちで」とおっしゃいました。これまで「禅密の学校」で学んできた方、遠方で出にくい方、
初めての方、いろんなキャリアのある方、パートナーと、みなさん子どものような気持ちで、配信を楽しんでください。(純)

2020.10.06

monthly Live 腰と耳 配信 !

画像をクリックすると動画に入れます。

明日、新しい事務所から「Monthly Live」初配信です !

今月は、「耳を楽にすることで腰も楽になる」のだそうです。少し朝が冷えるようになってきました。「泌尿器系に負担がかかり、体がねじれて腰に負担がかかる」と天野が何度か、話しているのを聞いたことがあります。

明朝の1時間、ちょっとお部屋を片付けて、お水や手ぬぐい、メモも手元に。ゆったりした時間を自分のために、とってくださいね。

その時間に見られなくても、後からごらんになれます。「アーカイブで」という言葉もすっかり一般化しましたが、季節の変わり目、繰り返し続けていけることが動画のよさですね。

無料ですが、事務所移転と配信機材充実の寄付「蔦町基金」を引き続き募っています。あたたかいお志をありがとうございます。

また、10/10-「禅密web秋冬」の3ヶ月が始まります。こちらも最終の受付が続いています、前日にURLをお送りする形なので、お早めにお申し込みください。

どうぞご一緒に、楽しみにしていてくださいね。(純)

2020.10.02

蔦町へ移転しました

↑掃除を終えた伊織町旧事務所

おかげさまで無事引越しを終え、10/1から

606-8262 京都市左京区北白川蔦町18-2

へ移転しました。まだダンボールの山、接続や変更の嵐ですが、明日は理事のみなさんが来てくださったり、10/3は講座「気功の学校」でみなさんにお会いできるのが楽しみです。

↑新しい事務室に照明をつける天野せんせい。高槻から持ってきたものです。

↑大きな石を動かす。少しの向きの変化で大きく印象が変わる。

蔦町基金は引き続き募集しています^^ 有形無形の大きなご支援に感謝です。

郵便振替[00980-5-159877 気功協会]・NPO寄付サイト「Syncable

2020.09.24

意識とは時間の産物である

The Book of Life
9/24のテーマは
The Mind Is Result of Time

以下、天野の訳です。
—————-

意識は常に影響を受けていて、
ある特定の主義や主張について四六時中考え続けています。
以前は、組織宗教のみがあなたの心を染めるものでしたが
今は政府が大きく取って代わってその役を果たしています。
彼らは、あなたの意識を型にはめ、コントロールしたいのです。
表面上は彼らのコントロールに抗することができます。
あることがらについて何かの意見を言うことが表層ではできますが、
表層下、深い潜在意識の中では、時間、伝統のすべての重みがのしかかっていて、あなたをある特定の方向へ駆り立てるのです。
意識的な心はある程度のコントロールと方向付けをできるかもしれませんが、でも無意識下では、野望、解決していない問題、抑えがたい衝動、迷妄、恐怖が待ち構えていて、心をドキドキさせ、あなたを駆り立てています。

こうした心の全貌は、時間によってもたらされたものです。
完全な悟性を働かせずに次々と受容してきた全てのこと、
葛藤と順応が生み出したものです。
ですから、私たちは矛盾した状態で生きているのです。
私たちの生活は終わりのない葛藤です。
私たちは不幸で、幸せになりたい。
暴力的であって、非暴力という理想の実践に励んでいます。
だから、葛藤が続くのです。心の中は戦場です。
私たちは安全を求めています。
心の中、奥深くでは、そんな安全なんていうものはどこにもないということをわかっていながら。

真実はこうです。
私たちは安全はどこにもないという事実と向き合いたくない。
したがって、私たちはいつも安全を追い求めているのです、その結果生じる安全ではないという恐怖と共に。

2020.09.23

9/27 引越します

きょうこれから、鍵の引き渡しでドキドキしています。

9/27-29にかけて、新しい「蔦町の家」へ事務所と天野自宅を移転します。

メールの返信、「禅密web」「通信講座self」受付などお返事が遅れるかもしれませんが、pcは確認しつつ、10/1以降順次お返事させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。(純)

2020.09.08

Monthly Live 9月 心をやすめる 配信しました !

さきほど、今の事務所最後の配信を終えました。

暑さも和らぎ、すこしほっとする季節。秋の初めに、目を休めて神経系統を楽にすると、首も腰も楽になります。

以下、配信中のチャットから起こしたものを、載せますね。様子がつかめるかと思います。

1時間あまり、ご自分のために。どうぞゆっくり動画をごらんください。(純)

・・・・・

マンスリーライブ 2020/9/8    実習・お話 天野泰司

秋に入ってほっとした時。目を大事にしてほしい。
神経系統が休まる。いまお互いに、難しい中でやりくりし、気を遣っている。頭もぱんぱん、そうした方がとても多いはず。心にのしかかったものを一掃するいい季節に入った。

目の温湿布から。
目は前に飛び出した大脳。大脳そのものが、目をあたためることでリラックス。長くても10分。基本は7、8分。
終えてタオルがまだあたたかかったら、首などあたためてもよい。長すぎると逆効果。

気持ちよく手をなでる。手を目にかざす。手のひらの真ん中が、目の玉の位置。目が休まると、背骨が変わり、全身が変わってくる。自分が変わると、世界が変わる。

首を前後にゆっくり倒す。
ぎゅーっと肩をよせて、もちあげて、ふっ。肩甲骨のきわは目の急処。
腰部活点。腰椎2左右、体を左右にゆらして、親指がぽこっとはまるところ、
のび。頭部活点、鬼のツノの生えるところ。本「季節をめぐる気功」に図が。
ゆれる。腰までゆるむと、回復力が出てくる。首がラクになるように動く。腰が楽になると首がラクになる。腰痛は腰の立て直し。
頭部活点・脳活点・腰部活点の3つを覚えて。

春と秋は体が変わろうとする時期。秋はほっとした感じ、心のやすらぎから大きな変化が。
目に手をかざす。耳をつまんで、固いところを探す。耳もみ。

神経系統がゆるんでくると、いろんなことが感じやすくなる。気持ち良さ、微細な変化。
感覚が高まると、幸せを感じやすくなる。辛いことも早い時点で感じ、逃げたり早く解決したり、体が自然にするようになる。風邪や痛みもそうした反応。早く反応すると、早く解決する。長いこと繰り越しているものは次の季節に、体は解消していこうとする。いちばんいいタイミングに、動物はできることをしようとする、それが自然。
ダムのように、体も心もせきとめるとまた次々と対策が必要になる。早いタイミングでいい流れで解消する。私たちは、自然に近づいていく手助けを気功という形でやっている。「自然に還る」つもりで。
「目が疲れた、温湿布をして休まった、また目が疲れる」のではなく、もうすこし楽に目を使うように、生活や仕事のやり方が変化していくのが自然。本来の気功のあり方は、本質的に、自然に立ち帰っていこうとするレッスン。

足ののび。横になって足は肩幅、かかとをつき出す。床から浮かせて、腰・首もそる。ストンと落とす。しばらく休む。

来月は新しい事務所から配信、耳と腰の調整をします。(今回、音と画像がずれがありました、申し訳ございませんでした。)来月もおまちしてまーす !

2020.09.05

蔦町の家へ

予定通り工事が進めば、9/27に引越し。新しい事務所へ、移転します。

建設中の「蔦町の家」、きょうは足場と覆いが外れました。

みんなの使う広間です。京間14畳。

玄関もできてきました。

ここへきて、家をかこむ長ーい長いブロック塀が、大阪の地震後にできた新しい基準に合わず、「低くする」か、「支え壁を13箇所(!)つける」必要が出てきて、新たな支出100万円近くが発生してしまいました。道に面していないので、補助金はおそらく出ない・・? と思われ、募集中の「蔦町基金」が、新たな局面に入ってきました。引き続き、どうぞご支援をよろしくお願いいたします。

・郵便振替 00980-5-159877 気功協会 *通信欄に「蔦町基金」と明記を。

Syncable ・・NPO専門の寄付サイト。登録すれば500円から。不要な服やアクセサリを売り、売り上げを気功協会へ寄付もできます。

すぐにカンパをされなくても、SNSなどでお友達に広めていただけるのもとても嬉しいです。

もうすこしで引越し。きょうも棚を片付けたり、町家なので小さい木の節や、隅っこなどに「ありがとう」と挨拶したり・・。古いファイルからは、ほんとうにたくさんの方々が講座や合宿、問い合わせや相談、入退会などで関わってくださっていることがわかります。これからも、新しい日々を、また。(純)

2020.09.04

気功生活 Vol.120

暮らし

からだが
望むとおりに。
すこやかで
心地よく。

 

【目次】

新しい風 天野泰司
初秋の養生
Open蔦町
蔦町の家8 森田 徹
個人けいこを受けよう
物心不二 吉田純子
朝日カルチャーの講座
The Book of Life 7/27・8/21
禅密web基礎編まとめ
講座あんない・お知らせ
→続きを読む

最近の記事

img_04