気功のひろば

ブログ

2019.01.03

「季節の気功」カレンダーができました !

朝日カルチャー京都の人気講座、「季節の気功」。
「日曜日に」というご依頼が「ぜひ毎月」となり、気がつくと数年経って。
昨年秋には「季節の気功」の美しいカラーパンフレットができたので、
2019年は、カレンダーにしてみました!


リピーターも多い人気のカレンダーが、今年は大きくバージョンアップ。
各地で撮った写真が鮮やか。
表紙は、秋の鴨川です。


月ごとに、身体を整えるあたたかなメッセージが。


やさしい墨絵で、一目瞭然。


ふと目に入った時、心に響くひとこと。


静かに私の中心に戻っていくような、天野の言の葉です。

気功協会オリジナル、A4版、100部限定。
[文・写真 天野泰司 / 墨絵・写真 吉田純子]

✳︎「季節の気功」カレンダー+パンフレットをセットで、
会報「気功生活」最新号+バックナンバーもお入れして
送料込・2000円でお送りします。


お問合せフォーム から「季節の気功カレンダー・○部」のタイトルで
部数・ご住所・お名前など送信いただき、
到着後に、同封の振替用紙で郵便局からご送金ください。

*美しいパンフレット(カラー・16ページ)の解説で、より深く
心身と季節のつながりを味わえます。
*実費を除いた収益は、すべてNPOへの寄付となります。
*上にひとつ穴を開け、ひもを通しています。
ひもの色に希望があれば[緑・白・麻]から選んでご記入ください。

カレンダーがご不要で、パンフレット(300円)が読みたい方にも。
「季節の気功パンフレット」+会報「気功生活」最新号、
バックナンバーもお入れして
送料込・600円でお送りします。
天野の新刊に匹敵するような、素敵な力作なので、ぜひお手にとってご活用ください。

お問合せフォーム から「季節の気功パンフレット希望」のタイトルで
必要数・ご住所・お名前など送信いただき、
到着後に、同封の振替用紙で郵便局からご送金ください。

どうぞよい一年になさってくださいね! (純)



2019.01.02

あけましておめでとうございます。

2019年の幕が上がりました。
今年がみなさんにとって
素晴らしい年になることを
お祈りいたします。

元日は、吉田神社と神楽岡の宗忠神社に参拝し、
二日は、比叡山延暦寺にお詣りしてきました。
正月三ヶ日は叡山ケーブルも動いているので、比較的軽装ででかけましたが、
山上は氷点下で、真っ白な雪景色。

「一隅を照らす会館」地下の、鶴喜そばで温まって根本中堂へ。
大改修工事中で、お堂全体が巨大なプレハブで覆われていました。
本堂で般若心経を唱え、破魔矢を求め、ひたいに牛王印をいただきました。

この矢で、ありとあらゆる邪悪なものを打ち払います。
よくみると額に赤い梵字があります。

清らかで、健やかで、幸せな一年を。(天野)

 

2018.12.25

腰痛になる心理 〜11/17中之島

気になるタイトル、目から鱗。
加筆したものは、会報「気功生活」110号に収録。
無料でお送りします、こちらから「最新号送付希望」へどうぞ。

2018/11/17 於:朝日カルチャー中之島
天野泰司  *次回は3/23 「春の体」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*病は気から

「病は気から」と言われるけれど、
気の不足が、本質的な腰痛の原因。
例えば、「赤ちゃんが生まれた」と聞くと、「わぁ、見てみたいなぁ〜」と思う。
私たちにも赤ちゃんに気を集めたい本能があり、
赤ちゃんも、みんなの気を集めて豊かに育ってゆく。
気が満ちれば、生命活動が盛んになるし、
気が不足すると、勢いがなくなり、腰が萎縮する。

*痛い腰痛
全ての腰痛に共通するのは、腰椎3番の過度のねじれ。
3番は腰の中心、腰の力を回復しようとして気を集める。
「痛み」は、気を集めるための手段。
3番の故障は大きな痛みを伴いやすい。
「体がぜんぜん動かせない」
とにかく「痛いんです」といった、
激しい症状が出てくるのもそのため、

3番という、腰の中心から気をそらすと痛む。
本気になって気を集めざるを得ない状態に追い込まれる。
腰痛とは、自分で自分に、気を集めるためのトレーニング期間。
痛みが出る=元気がある、ということ。
打撲はまた別だが、解消しようとする時に痛みを伴いやすい。

「痛み」は、周りの人の気も集めやすい。
「痛い、痛い」と言っている人は周りの人の気を集めたい人。

例えば鎮痛剤で腰椎3番の痛みを感じなくすると、
腰椎3番がねじれたままのバランスを取ろうとして、
自分で周りのいくつかの骨も固めて、動かなくなる。
固めてしまうのではなく、じっと気を集めて待つ。
そうして、腰が強くしなやかになっていく。

*言えない腰痛
先のことに不安を持ちつづけたり、
言いたいことが言えないと
腰痛が起こりやすい。
先の不安が胸の緊張を生み、呼吸が浅く、行動がおっくうになる。
言いたいことが言えないと、息を止めて堪える感じになり、じっとしてしまう。
この胸の萎縮感と、行動の停滞が重なって、
腰椎5番が突出し、3番のねじれを引き起こす。
そうした腰痛は、動き始めが痛い。朝が動けない。
明るい空想ができたり、言えてほっとしたり、ももの後ろ側を
のばすようにすると治りやすい。

*悩む腰痛
頭が働き続けたり、消極的な思考が回ってばかりいると、
腰椎1番が上がったままになり、腰に気がいかず、
3番がねじれやすくなる。
ずっと痛みが続くが、動けないほどではない。
昔は、立ち仕事をする人に多かった。
今は、目の使いすぎや頭の疲れが多い。
こうした、目の疲れ、悩みが原因の腰痛は、
腰椎1番からきているので、目や頭をゆるめることが大事。

*がんばりすぎの腰痛
自分にむち打って、がんばりすぎたり
「こうしようか、やっぱりこうだろうか」と葛藤が起こるタイプの腰痛。
方向性が見えてこず、心の中の戦いで力を使ってしまうため、
本来の力が発揮できない。
直接、腰椎3番がねじれる。
常に戦うような気持ちをほどく。
自分で動ける範囲のことは、必ずある。
内の対立が、動くことで減っていく。

*腰痛になる意味
力を抜いて、純粋に骨盤の持つ大きなエネルギーを昇華する。
つまり、
思った通りのことを気持ちよくやる。
「こうしよう!」と思ったら、さっと動こう。

「動きたいけど動けない」気持ちは、腰痛に必ず内包されている。
気功をして、具体的に腰痛を体から解消することと
気持ちを解放していく、その両方から腰痛を乗り越え、
痛みを通じて体全体を元気にしていこう。

腰痛になる、ということは、若いということ。
悩みがあったり、自分に鞭打ったり、葛藤があったり。
今、そういうものを乗り越えていきたいと思っている、
周りがそうなんだな、とわかってあげると、腰の力が出てくる。

[実習・腰椎1〜のび・あくび・頭部活点・耳もみ・目に手をかざす〜目のてあて]
ゆっくり上に、のびをする。
ゆっくりと、あごをゆるめて
頚椎2番あたりの、ちょうつがいになるようなところから、上を向く。
痛いところは避けて、楽な角度を探す。
口をだんだんにあけて、自然にあくびをする。
「頭部活点」は、鬼の角の生えるところ。
耳の前を上がったラインと、眼球を上がったラインの交点。

頭の中がゆるむと、腰(動きの中心)に気が下りる。
腰を丈夫にしていくことができ、腰痛の予防にも治療にもなる。

今の時代は、目・頭を使うことがこれまでと桁違いに多い。
その疲労を抜いていくことで、腰から主体性が湧いてくる。
「こうしたい」と思った時、自由に動ける。
考える以前に、腰が動く。
その要求の通りにする。

ハードルがあって、それでもしたい時は、腰の思いに添って
実行に移すことが大事。

[実習・腰椎5〜「肩の荷がおりる気功」腰痛ver.
ねじりのふりこ・脇腹をつまむ]

*ふりこの効用
やりすぎは、努力を伴う。
気づいていない「やりすぎ」は、例えば寝ている時など
努力している感覚がない時も働きつづける。

例えば「ねじりのふりこ」を、ある程度の時間やって、
疲れや違和感が浮き立ってくると、自己調整が始まる。
「気づかない努力」に気づきやすい体勢が出てくる。
そうしたことが、本質的な腰痛解消法になり、
同時に腰椎3番のねじれをとっていく、具体的な方法になる。

最良の方向へ向かう流れは一本しかない。
それを「経過する」という。
自然の流れを乱さないように、頭の中をゆるめ、感覚を働かせて、
繰り返しのゆっくりしたシンプルな運動で、ねじれをとる。

そうすることで、心の葛藤が減り、心理的強さも出てくる。
「痛みを通じて頑張る」必要のない心の強さが出てくる。

[実習・頭頂部・腰椎3・肛門を引き上げる]

Q.「冷えになる心理」もあるか。
A.心が閉じている。心がほどけていくと、また引き締まることができ、
骨盤が柔軟に開閉することで、気持ちも体もとどまらず動ける。

(純)

2018.12.23

心と体の大掃除 〜12/9京都

朝日カルチャー京都、第二日曜午後「季節の気功」は
お話が半分、実習が半分。
東山が見え、椅子式で楽な講座。

リピーターの方と初めての方のバランスもよく、
その時に応じたやさしい調整で、深く心身が変わっていく
とてもよい時間になっています。
12月の最終講座から。*次回は1/13「頭を楽に」春の準備に入ります。

2018/12/9 於:朝日カルチャー京都「季節の気功」天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*冷える
冬の時期は、暖房や気候の影響で体が乾きやすい。
乾いた感じがあったら、水を飲むことが大事。
そして、冷えたら、「必要な時間だけ」暖めること。
「ふわーっとゆるむまで」が必要な時間。
そうして、ゆるみ、ひきしまる、収縮する力があることが
「冷えに強い」ということ。

*見えない処をきれいに
大掃除は、新年の清々しさを呼び起こす。
外の環境と私たちの内側は呼応していて、
掃除がすすむほど、体の内側がさっぱりする。

ふだんしないような処をきれいにするのは、外から内に響かせる良い方法。
「やりたい」気持ちが大切。
「やりたくないのにやっている」感が小さくなるように、
味わいながら。

今まで気づかなかった処に光をあてることで、
気づかなかった心身の違和感が消えていく。
見つけるだけで、その苦しい・悲しい感覚が消えていく。

掃除と同じように、体の違和感に集中することで
そこに滞留していたものが消えていく。

[実習・体のある部分の違和感に集中する]
気をあつめることを「行気」という。
その場所の呼吸、リズムを感じる。

[実習・頭部活点・脳活点・鎖骨のくぼみ・みぞおち・右・左、
おへその下・足の甲・かかとのつけねのてあて]

[実習・立って動く
長いゆすりを加えて体の大掃除。
違和感のある処に光をあてながら、体に任せる。

*集中する
心の辛さ、悲しみも同じ。解決しようとしないで、
映像を見ているように、思い浮かんだことをながめる。
そうすると、必要なものが必要な順序で立ち現れ、
自然に流れてゆく。

[実習・一年をふりかえる]
2018年を1月から順に追って、ただながめる。
いま、12月のきょうまできたら、
来年の12月、すべて終わった時の充実した感覚を思い浮かべて
「すばらしい1年でした」と、つぶやく。
(純)

2018.12.22

春に向けて〜木曜の教室から〜

天野の定例教室のうち、
京都朝日カルチャーの木曜は、20年ほど続いている教室です。
立って動くー座ってお話をきくーおちつく気功、といった流れで
週一回、とてもいいリセット、リスタートになります。
今年の最終講座、お話部分に加筆しました。

2018/12/20 於:朝日カルチャー京都(木曜) 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[実習・立って動く〜ふりこから波の動き]

自然の変化は、体の変化につながる。
私たちの体は自然と相呼応していて、四季に順応する働きがあるけれど、
今年は予想外の変化が多く、「いつも」の範疇では補いきれなかった。
けれど実は、体は事前にキャッチしていて、準備している。

体の変化も大きかった今年。
その総まとめが、旧暦の春。
1月は後頭部、2月は肩甲骨、3月は骨盤が開いて上がり、
この一年の心身改変作業の成果が花開いていく。
今、その前段階の変化がもう始まっている。

2月、きゅっとした寒さが巡ってきて、
ふわっと暖かい春になればと期待している。
この一年が大変だったからこそ、その辛苦を洗い流す
晴れやかな春になるだろう。

春。性の働き=生命の火が盛んになる季節。
その春に向けて、いま心がけること。
1.いやなことをしない。
2.楽しいことをする。
どちらも、「本能的に」。
経験や、積み上げてきた知識がアンテナを曇らせる。
本能的にいやなことと、経験上考えるいやなこと、
直感的にワクワクすることと、楽しいと思い込んでいることは違う。
観念を本能的なことだと勘違いしてしまう傾向があるので、
過去や、観念から自由になる。

Q.苦手だけれどしなければならないことはどうしたら。

A.苦手なことからは逃げる。
おだてて、やってもらうのもよい。
おだてられると、ぱっと火がつく人もある。
任せられると、性が働き、骨盤が動いてくる。
「自分でやりたい」「人の役に立ちたい」という心は本能的な性の働き。
任せるのは大切なこと。
任せあうことで、お互いに心が安らかになり、性=いのちの働きが高まる。
任せたはずなのに心配したり、そわそわしたり、
相手に遠慮や気遣いをする人がいるが、
それでは全体がうまくいかない。
任せるのなら、完全に、純粋に、心安らかに任せる。

人の成長では、4、5才の年中、年長さんの頃、
そして思春期に性が大きく働き出す。
「自分で」、「役に立ちたい」という純粋な思いが大きくなる自立の時。
その時に、ちょうどよく何か手伝ってもらったり、
自分から何かを始めたり、
奉仕的な活動に取り組むとよい。

[実習・心がおちつく やさしい気功」。
(純)

2018.12.06

新しい世界を創造する

The Book of Life
12/6のテーマは、
Create a New World

以下、天野の訳です。

———————–

新しい世界を創り出すのなら。

新しい文明、新しい芸術、
何もかもが新しいもの。
伝統、恐れや野心に染まらないものを創り出すには……。

あなたのものでも、私のものでもある、
誰のものでもない何かを創り出すのなら……。

新しい社会を、一緒に。
私もあなたもなく、私たちがある。
そこでは、思考や意識が働くことは決してなく、
完全に誰のものでもない。

それはつまり「ただ独り」ということですね。
違いますか。

そこでは、協調や統一、世間的な体裁への反逆がなくてはなりません。

いわゆるきちんとしている人とは、人並みに生きている人です。
つまり、何かを求めている。

自分の幸せの益になるかどうか、
周りの人が何を考えているか、
先生が何を考えているか、
バガヴァッド・ギーターが、ウパニシャッドが、
あるいは聖書やキリストが何と言っているのか。
そうしたことに基づいて生きているのです。

そうした心に、ただひとりということは決してありません。
独りで歩くことは決してなく、
いつも誰か友人を連れて歩く。
思考の伴侶をともなって歩くのです。

とても大切なのは、
気づいて、はっきり見ることではないでしょうか。
干渉や影響の重要性を、
「私を確立する」ということ、
それは、「ただ独り」とは正反対であることを。
そうではありませんか。

その全てがはっきり見えると、
こんな問いがどうしても生じてくるでしょう。

影響されない心の状態を、瞬時に持つことができるだろうか。
私個人の経験にも、他の誰かの経験にも影響されない心、
腐敗することのない心、
すなわち、「ただ独り」ということを。

それによって、異なった世界や文化、社会ができ、
その中で、「幸せ」ということが可能になるのです。

2018.11.29

self第3巻 発送しました

通信講座self、第3巻を、きょう午前の便で発送いたしました。
最後は、龍漢文先生の「禅密功」から
基本の「波の動き」と、
いくつかの「てあて」になります。

早くも最終巻になりました、
どうぞじっくり、気持ちよく、楽しんでくださいね。
(純)

2018.11.15

気功の学校、受付開始。

好天の続いた連休が明けたと思ったら
なんだかもう月末ですね。

気功の学校・2019、受付を開始しました。
トップページのバナーからお入りください。
申し込みおまちしています。

*初めての方は、できるだけ年内に
天野の教室へいらして、開始前にお声かけください。

12/9・15の朝日カルチャー京都・芦屋、
そして定例教室の一日体験もおすすめです。

*再受講の方の、願書もお早めにお出しください。
よろしくお願いいたします。
(純)

2018.11.07

人生の目的

The Book of Life
11/7のテーマは、
Life’s Purpose

以下、天野の訳です。

————————

人生の目的を与えてくれる人は多くいるけれど、
彼らが教えてくれるのは、様々な聖典にどう書いてあるか、ということでしょう。

頭のいい人々は、「人生の目的」という答えを次々に導き出すでしょう。
政治的なグループはある目的を、
宗教的なグループもまた別の目的を持ち、
その他の人たちもまた同様です。

それでは、あなたの人生の目的は何ですか。
自分が混乱している時に、「生きる目的は何だろう」と問うのは、
混乱のただ中で、何としても答えを見つけなければと期待するからです。
でも、混乱した中で、どうやって本当の答えを見つけられるでしょうか。
わかりますか。
自分が混乱していたら、同じく混乱した答えしか見つからないのです。

もし、私の心が混乱し、悩みでいっぱいで、美しくも静かでもないとしたら、
どのような答えを見つけても、
混乱や不安や恐れといったスクリーンを通しているので
歪んだ回答になってしまうのです。

ですから、大切なのは「生きる目的とは」「なぜ生きているのか」と問うことではなく、
自らの内の、混乱をクリアにすることです。

それは、盲目の人が「光とは何ですか」と問うことと似ています。
もし私が、光とは何かを説明したとすると、
彼は盲目で暗闇の中にいる体験を通じて私の話を聞くでしょう。
けれど、もし彼の目が見えたとしたら、
「光とは何か」とは、決して問わないでしょう。
それは、そこにあるのです。

同様に、もしあなたの内の混乱が澄みわたるならば、
「人生とは何か」という答えがわかるでしょう。
もう、問う必要も、見つけようとする必要もありません。
あなたがなすべきことは、混乱をもたらす原因から
自由になることだけなのです。

2018.10.30

self 10/31発送です

通信講座self、第二巻を
きょう発送するべく、昨日から用意していましたが
朝からプリンタの調子が悪く、ピンク色にしか出てこなくなって(!)
熟慮の末、天野が急遽買いに走りました。

プリンタを買いに急いだというのは、
気功協会この20年で、初めてです。
2件回って、無事ちょうどいいものを安く入手できましたが、
在庫限りのため、なんと赤い。小さい。
赤いプリンタも初めてです。

今から接続やセットアップになるので
今日は、集荷の時間内に発送できませんでした。

明日10/31(水)に発送しますね。
申し訳ございません。
11月は「円の動き」に入ります。

明日は「気功生活」109号も発送します。
今回は別冊ふろく「季節の気功」がついています。
天野の力作です。
どうぞ楽しみにしていてください。
(純子)

最近の記事

img_04