気功のひろば

ブログ

2019.08.17

添削を終えて・3

(「添削を終えて」2より・天野泰司)

私の担当する
京都造形芸術大学・通信教育課程「身体」の授業で、
今期50名のレポートでは、
実習を続けていくに従って、悩んでいた症状が改善して、
心にも変化が及んでいく様子が見て取れます。

*レポートより

・開始から7日、たった1週間で耳鳴りや肩こりが改善され、
ぐっすりと眠れ、姿勢までもがよくなった。
その上、仕事に対する意欲や取り組む姿勢までもが変わった。

・日々、パソコンやスマホを使う中、肩凝り、首の痛み、腰痛に悩まされてきたが、
7日目には緩和されていることに気づく。また便通も改善された。
ずっともやもやしていた頭の中が霧が晴れていくように徐々に明るくなり、
心の落ち着きが深まり、イライラや焦りが軽減され、
自然に冷静で前向きな考えができるようになった。

・始めてから3週間が経過した。
冷えが改善されたのは本当に大きなことだった。
ゆっくり撫でていると肌の色が本当に綺麗なピンク色になってくる。
体重が2キロばかり落ちた。

・長年、常に肩こり、顎関節症があったのが悩みだったが、
一週間たった頃に明らかに症状が楽になり、3ヶ月たった現在では痛みがほとんどなくなった。
冷え性で毎年エアコンによる手足の冷えを感じるのに今年はそれがない。

・肩こりや腰痛が日ごとに癒され、痛みがなくなっていきました。
体が思うように動くようになると、毎日、前向きに物事に取り組めるようになり、
思いついたことはすぐに行動に移せるようになりました。
感情が豊かになり、美しいもの、自然のものや事に
興味を持つようになり、生活が楽しくなりました。

・・・・・・・・・・

そして、感受性が高まって、より深く、密接に
自分と向き合っていく様子も伝わります。

*レポートより

・息をすることは気持ちのよいことだと感じたことに一番びっくりした。
ゆっくり大きく息をするだけで、指先に血が流れてあたたかくなっていく。
大きなため息をつくと、何か解放された気持ちになり、
体も気持ちよくゆるんでいく。

・風の動きによって葉がざわつく音や、鳥の鳴き声などに耳が向くようになる。

・エアコンを入れっぱなしでほぼ開けることの無かった窓を
1日の始まりに開けて、部屋の空気を入れ替えるようになった。
身近な自然の匂いや音を感じ、季節の循環に意識が向き、
肌で天気や気温を感じるようになり、時間が濃厚になった。

・こんなにも自分の手のひらがあたたかいなんて知らなかった。
自分の体温を心地よいと思うのは初めての体験だった。

・始めた頃、この15分がとても長く感じられたが、
今ではしっかりと日課になっていて、どんなに忙しくても
この時間だけは身体と向き合う時間として確保するようにしている。
この自分と向き合う時間がとても愛おしく感じている。
食事や生活はとてもシンプルなものになってきた。
気功とは「生きる」こと、そのものなのだと思う。

・・・・・・・・・・・・

ここに、身体が元々持っている自然性、芸術性を感じ取ることができるでしょう。

自然に対する感覚を開き、深めていくのか。
その感覚を閉ざし、鈍る方向へいくのか。

方向性は、二つにひとつ。
私たちはそのどちらかを、必然的に選んでいくことになります。

打撲をすると体は鈍ります、
堪え難い痛みから臨時に体を守ろうとする働きとも言えますが、
鈍りが重なると身体の運動や機能は停滞し、その延長には死があります。

この現代には、理不尽な苦しみが多いのではないかと思います。
そして苦しみと出会う度に感覚を鈍らせて自らを守り、
鎧のように、身を固めてきたのかもしれません。

でも、そのまま鈍ることを続けていると、
自ら生命の火を消していくことになり、
他人の痛みや苦しみにも気付かず、
果てには、相手を傷つけたり、ひどいことを言ったりと、
攻撃的になっていくことすらあります。

ある国や民族のことを悪く言う、いわゆるヘイトは、
誰かが意図的に作った偏った情報に乗せられているのが実情ですが、
そうした情報に容易に踊らされてしまう背景には、
やはり鈍りが潜在していると言えるでしょう。

憎悪を募らせていれば、火種があると、争いに発展します。
気遣いや思いやりの心を持っていれば、
多少のトラブルがあっても、力を合わせて乗り越えていけるでしょう。
ですから本当の意味の平和は、相手を自然に思いやることができるような
身体状況を土台にして、培われていくものです。

自分の体に目を向け、隠れていた痛みや苦しみに気づくと、
感覚が日に日に鋭敏になり、
痛みを減らし、苦しみを乗り越える方向へと体が働き始めます。
そして自分の体への気遣いが深まれば、
当然相手にも気を配るようになるでしょう。

同時に、より気持ち良い方向、美しさや幸せを感じる方向へと、
生命の自発的な動きが続き、
互いを大切にしあいながら満ち足りて暮らす、
本当の意味での幸福な世の中へと歩みを進めていくことになるでしょう。

そのための、とても簡単で、誰にでもできる方法として
「気功」はあるのかもしれません。
本を読んで、映像を見て、自然について思いをめぐらし、七日間体験する。
誰の力を借りることもなく、自分の力でここまで心身を変えていけるのであれば、
平和で幸福な未来をイメージすることは容易でしょう。
そして空想は、この世の中を確実に動かしていく原動力となります。
(了)

2019.08.16

添削を終えて・2

(「添削を終えて」1より・天野泰司)

美しいと感じるものに囲まれて暮らす。
毎日使う器、着物や衣服、文房具、農作業や狩に使う道具…。
そんな「生活の用の美」に光をあて、改めて評価したのが、
柳宗悦らが興した「民芸」という芸術復興の動きでした。

生活の中で感じる喜びは、あまりにも日常的で、
それが芸術であることを忘れがちです。
日々目に入り、手に取るもの。
住んでいる家、食べもの、聞く音、感じる気配…。
そうした身の周りの全てに気を配り、
美的な何かを感じながら暮らす幸福感が想像できるでしょうか。

私は、パソコンはずっとMacです。
禅の庭にも通じるシンプルで洗練された美しいシルエット、
使う人の身になって考えられた人間的な機能と操作性に、
使っていて喜びを感じます。
Appleが手がけてきた、プロダクトデザインという分野は
現代における民芸と呼べるのではと思います。

京都造形芸術大学には、美しい製品を生み出すプロダクトデザイン、
建築や造園の分野をカバーする環境デザインなど、多種多様な学部学科がありますが、
その根幹には、芸術を通じて世の中を変えていこうとする
創立者、徳山詳直さんの強い思いがあります。

「争いや貧困、歯止めのきかない欲望に満ちた世の中を変え、
人間が、平和に、より幸せに生きていくためには、
自然を敬い生命を尊ぶ芸術性こそが真の武器になる」。
本気でこの世界の立て直しに挑む、
その戦いの砦として京都瓜生山に芸術大学を作ったように、私には感じられます。
参考・「京都文芸復興」「藝術立国 ― 平和を希求する大学をめざして ―

「芸術」が身近になればなるほど、
日々の輝きが増し、幸福に直接結びついていきます。

「身体」の授業は、最も身近な、自分の体に対して、
自然な美しさや、気持ち良さを感じていくレッスンになっています。
ごく自然に息をすることが気持ちいい。
体にそっと触れ、やさしくなでることが心地よい。
ゆっくり首や背骨が動くことが快い。
歩く、立つ、座る、眠る、あくびやのび、
食べる、排泄する、見る、聞く、感じる…。
そうした一挙手一投足が、嬉しさや楽しさ、幸せな感覚に満ちている。

(3につづく)

2019.08.14

添削を終えて・1

京都造形芸術大学で担当している「身体」の授業で、
7月度のレポート添削を終えました。(天野泰司)

通信制ということもあり、10代から80代まで年齢も様々。
授業では、テキスト『からだの自然が目を覚ます 気功入門』(春秋社)を読み、
動画を見ながら最低7日間「心がおちつくやさしい気功」を実習し、
心身や生活の変化や深まり、そして「からだの自然」について考察した
レポートを提出して、講師の私から添削評価を返信します。

「手のひら芸大」がスタートした2013年から始まったので、
今年で7年目になります。
授業もレポート添削も、試験も全てWebで、
自宅にいながら4年制芸術大学の卒業資格が取れるという、
当時としては画期的なシステムでしたが、スクリーングがなく
直接会って指導できない状態で
どれだけ効果が上がるのだろうかと疑問を持ちながらの開講でした。

5月に入って初めてレポートが届いた時、全て杞憂だったことがわかりました。
私の予測をはるかに超えて、受講生お一人お一人が
真剣に自分自身と向き合って、
わずかの期間に心身両面の成果をあげていく様子に、感動を覚えました。

今まで約800名ほどの添削と採点をしてきましたが、
それぞれの人生にドラマがあり、毎回目頭が熱くなります。
最近は受講生が増え、今回は約一週間かけて
50名の添削指導を終えました。

添削の時に心がけるのは、
その人の心身や生活が健康で豊かになっていくことです。
芸術は、幸せと直結しています。
物質的・金銭的な充足は、その土台にはなるけれども
必ずしも幸福とは直結していません。
ただ物があるだけではなくて、それを
美しい、ありがたいなどと感じる心があって始めて
幸せを味わうことができます。

(2につづく)

2019.08.11

夏のさなかに〜8/10中之島

38度、9度と高温の関西。
フェスティバルホールの上、遠くまで見える12Fのスタジオは
都会の快適さがあります。
会場に、おしぼりが備え付けてあるのはありがたく
それを使って「目の温湿布」の体験も。

ひとつの動作が終わるたびに、楽になっていった酷暑の朝でした。

  2019.8.11 於:朝日カルチャー中之島 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*汗は天然のクーラー

夏は、頭に上がった気を下ろすことが大切。
「上がっている」指標は、みぞおちが硬い。頭が忙しく働き、食欲が落ちる。

夏は本来活動的な時期だが、昨今は高温すぎて動きを止めなければならない時も。
けれど、冷静に、寒くて大変な頃と比べると、
体はやわらかく、動くことに適応しやすい。

ヒトは、活発に動いて汗をかく動物。
猿から進化した時、「汗をかく」という機能が備わって
長く走ったり、行動できるようになった。

汗は、天然のクーラー。
こうして涼しい部屋で座っていても、微妙に汗をかき、発散して、
その気化熱が体を涼しくしている。
辛いものをたべて汗をかいたら、頭のクールダウンになるし
体温より高いような空気でも、風があると、汗が飛ぶので涼しく感じる。

ベトベト、だらだらと汗をかくのがよいのではなくて、
気づかないほどに汗が出ている状態、
微妙に汗が出て、常に蒸発しているような状態がよい。

部分的に、汗がかけないようなところは、停滞を起こしている。
温湿布や手をあてて、汗が出てくるようにすると
つかえがとれる。
汗がスムーズにかける体が良い。

*頭の気を下ろす

夏は、頭に気が上がって、オーバーヒートしやすい。
高温であることと、現代人がよく目を使うことにも起因している。

(「今、目が疲れていると思う人」・・ほぼ全員が手を上げる)
目は、大脳と直結している。外に飛び出した脳。

[実習・みぞおちをゆるめる]
みぞおちは、上半身と下半身の境目。
つかえをとることで気が降りて、楽になる。
息を吐きながら、指で軽くおしこみ、体をすこしまるめる。
指をゆるめて、息が入ってくる。同時に、腰から順に上半身を立ち上げる。
ゆっくりと。

[実習・目を休める〜目の温湿布]
ゆったりともたれるように座り、
あたたかいおしぼりを、たたみ直して目の上にあてる。
さめてきたら、お湯をかけて絞り直すとなお良い。

気を下ろす場所として、鼻も覚えておくと良い。
鼻をあたためると、腰の過度な緊張からくるイライラが抜ける。
高熱が下がらない時にもたいてい下がる。
足湯とともに、女性に特に良い。

寝る前に、足をなでたり、てあてするのも気が下りてよい。

暑さでのぼせるときは、つめたいおしぼりを
前髪の生え際・中央にあてる。
氷水につけて絞るとよく、臨時の時は缶ジュースにハンカチをまいても。

[実習・脳活点]
後頭部のくぼみ「ぼんのくぼ」から、骨ひとつ分下、
頚椎2番の左右、指2本分。
手の止まるところに指先をあてる。
上を向いて、楽になる首の角度をさがす。

[実習・頭部活点]
夏バテ、体力のない時に。

左右の、「鬼の角の生える場所」。
耳の前を上がった処と、黒目を上がった交点。
骨の隙間で、手の止まるところに指先をあてる。
押すのではなく、ゆっくりと。

心得のある人にてあてをしてもらうと、すーっと疲れが抜ける。

[実習・心がおちつく やさしい気功

(純)

2019.08.07

涼やかな体へ

暑さがつづきますね。
九州のみなさんは、雨風大丈夫でしたか。
こちらは、日差しと風は強いのですが、雨が降りません。
15時頃に「強い雨」マークがついているので期待。
(→ちょっと降りました!!)

今週末、天野の単発講座
8/10(土)10時「夏の気功 〜涼やかな体へ」、
朝日カルチャー中之島です。

フェスティバルホールの赤い大階段、左のオフィス棟エレベータで13F、
そこからエスレータで12F、コンビニ奥のスタジオへいらしてください。
下にホールがあるので、13Fでは空洞をささえるための
大きな鉄骨が見えるデザインになっていて、
「都会の快適さ」がいつもあります。

眠りの深さは、健康に直結しています。
神経的な疲れが抜けると、呼吸と眠りが深くなり、
心身が軽くなります。

講座では、心身を
深いところからゆっくり時間をかけてゆるめ、
夏の急処のてあてや、伸びやかな動きで偏りをほどきます。
涼しい会場で疲れをとり、楽になって帰ってくださいね。

前日までの申し込みがオススメですが、
当日でも受付可能です。

*会場はフローリングで、椅子式です。
上履きがあれば楽かと思います。
詳細・申し込みはACCへ

酷暑の深い休息に。おまちしております。(純)

2019.07.31

8/4 (日)カルチャーへどうぞ

祇園祭が終わった途端、きびしい暑さの京都です。
夕立が待たれます。。
ねこの体調にも気をつかいつつ、昨日は夕方、
おいしい紅茶屋さんで過ごして、生き返りました。

今度の日曜日、8/4・13時ー15時半、
朝日カルチャー京都「季節の気功〜疲れが抜ける」です。
涼しい会場で、ゆったりと心と体を休めてください。

以下、内容です。

・・・・・
夏の暑さが本格化してくると、
上手に体を休めるとが大切になります。

深い休息のコツは、まず頭に上がっている気を下ろすこと。
頭に軽くふれる、胸をなでおろす、
足裏をゆっくりなでる、などのとても簡単なことで、
心身がストンとゆるみ、疲れが抜けてゆきます。
・・・・・

タイトルに、さまざま思いを巡らしていたのですが
暑くて、どうぞいらしてください! としか申し上げられません。
深いところからの休息を。

詳細・申し込みはこちらから。(純)

2019.07.26

ハライとコイ〜7/17京都

木曜日定例クラスのお話から。
祇園祭のさなか、7/17と24を合わせて。

於:朝日カルチャー京都 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*ハライとコイ

祇園祭が「前祭」「後祭」と、昔の形に戻って何年か経った。

「前祭」(さきまつり)では、山鉾が逆時計回りに巡行し、各町内の厄を落とし
集めて、戻ってきたらすぐに解体する。
そしてお神輿に乗った神さまをお旅所まできていただいて、
「後祭」(あとまつり)では、山鉾が順時計回りに
鴨川の流れにそって巡行し、神様が八坂神社に還る。

古神道では「ハライ」→「コイ」、
古い密教の流れをくむ禅密功では、「消災」→「植福」といい、
消災は逆回り、植福は順回りと、回転方向も一致する。

本来は、災・福の区別なく、全身で生きているものだが
実際に体が感じている痛みと、認識、意識の働きにズレが生じて
行き詰まりや、具合悪さが生じる。
何か外因があって「私はこう」と考えやすいが
その心と体の隔たりを、神様ごととして釣り合わせてゆくことで
我、自分を越えて何かに預けていくことで
過剰な期待が吹っ切れる。
内側の争いがなくなり、バランスがとれていく。

それは、気功も同じ。
自らの体との対話から、「私」「我」を越えたものとの調和が起こる。

普段は「私」と思っているものが私だが、
「私」の範囲が限定されなくなっていく。
日本語には主語がなく、「私を越えた私」が好んで選ばれてきた。

そうした全体的バランスのなかで、「生きている体」の位置を取り直すのが
気功であり、おまつり、本来の選挙。

ちょうど選挙があった。
政治は「まつりごと」と言い、真に釣り合わせることを言う。
さまざまな違い、意見を、ヤジロベエのように釣り合わせていく。
一度「払い」があって、「請い」。
このタイミングはなかなかいい。
バランスを取り戻すことで、心身は一番適切な働きをする。

*発汗をスムーズに

汗は天然のクーラー。夏の健康は、
汗をかくこと、かいた汗が冷えて再吸収されないことが大切。

さっと汗をかき、どんどん乾く状態がよい。
足の太ももの裏は、汗に直結している。
かかとをつきだすようにしたり、よくなでて伸ばす。

夏の足湯は、発汗をうながす。何分、と決めないで、
左右差にもあまりとらわれず、ほんのり汗ばんだらそれで良い。
疲れが抜ける。
秋の足湯は、冷えやねじれをとる。また役割が変わってくる。

体の疲れは、筋肉に乳酸などの疲労物質が溜まっている状態。
いらないものを、部分的にたくわえている状態。
その部分がゆるみ、汗が出ると、一気に疲れが抜ける。

後頭部中央のてあてもよい。(純)

2019.07.19

希望をもって 投票に。

7/21(日)は、禅密の学校・前期最終日、
そして参議院議員選挙の投票日です。

当日お忙しい方や、
禅密の学校にいらっしゃるみなさんは
不在者投票に、必ずいってくださいね。

京都は、雨も上がってきました。
私も、昨日不在者投票に行ってきました。
投票は、ご飯を食べることと同じくらい重要な、生活の一部です。

政治や社会は自分とは別、と考えることはできますが、
実際には社会も、その仕組みを決める政治も、
私たち自身の延長です。

「私」は社会の構成員ですから、
社会全体の健康がなければ、私の健康や幸せは当然
未完成のものとなります。
だから、多少のことには目をつぶって
大多数の利益や世間を優先するよりも、
多様なマイノリティーへのこまやかな心配りが
幸福度を上げるキーになるのです。

投票しても意味がない、あるいは忙しいから、と投票に行かないのも、
いつも決めているからという理由で毎回同じ候補者に投票するのも、
どちらも、固定した状態です。
生命の本質は変化ですから、固定してしまって動きがないというのは、
生命力が衰退し、死の方向へ進んでいく行為だと言えます。

投票は権利であり義務ではありません。
しかし、その権利は戦争という大きな犠牲の上に獲得されたものですから、
その権利を使わないことは、戦前の封建体制への逆戻りに力を貸していることになります。
そして逆に、なんとしても選挙に行って特定の候補者を当選させようとしている人の多くが、
中央集権的な封建体制を良しとして組織的に動いているので、選挙に行かないという選択は、
二重に将来の自分の自由を奪ってしまう可能性が大きいのです。

だから、まず選挙に行くこと。
そして今、誰に入れると良いのかを自分でよく考えて投票することがとても大切です。

今回の選挙は、今までにない新鮮さがあります。
いわゆる政治家ではない、また知名度だけで出てきているのでもない、
熱意を持って世の中を良くしていこうとする
ある意味普通の人がたくさん立候補されています。

私も、入れたい人がたくさんあって本当に悩みました。
過去には、この人と思える人がいなくて悩んでいた時期があったことを思うと、
時代の、大きな変化の流れを感じます。

気功をするということは、生命をはつらつとさせるということです。
希望を胸に、投票へ行きましょう。

(天野)

2019.07.19

怒りの終焉

Book of Life
7/19のテーマは、
Cessation of Anger

以下、天野の訳です。

—————-
私たちは皆、怒りを抑えようとしますが、
どういうわけか、できずにいるように思います。
怒りを霧散させる、別の接し方はないのでしょうか。

怒りは、身体的・精神的な原因により、勃発します。
何かを邪魔されたり、守ろうとしているものが壊されたり、
注意深く築き上げてきた安心が脅かされたり、
おそらくそんなことで怒るのでしょう。

私たちは皆、怒りと慣れ親しんでいます。
怒りを理解し、解消するにはどうすればよいのでしょうか。

もし、あなたの信じることや考え、意見が最重要だと思うのであれば、
「それは違うんじゃない?」と問われただけで、つい暴力的に反応してしまうでしょう。

信仰や考えにしがみつく代わりに、
それは本当に、あなたの生の理解に不可欠かを問いはじめることで、
原因がはっきり理解できるようになり、怒りはもうそこになくなります。

こうして、戦いや苦しみを引き起こしていた、
あなた自身の抵抗がほどけていくのです。
そう、やはり熱心に探求することが必要です。

私たちは社会的・信仰的な理由、便宜のために
自己をコントロールしてきましたが、
怒りを根絶するために求められるのは、深い気づきです。

不正を耳にして怒っているのだと、あなたはおっしゃるかもしれません。
それはあなたが人間愛にあふれているからですか、慈悲深いからですか。

思いやりと怒りは、同時にあることができますか。
怒りや憎しみがあるところに、正義はありえるのでしょうか。

あなたは、社会一般の不正や残虐さに対して、
いけないことだと思って怒るのでしょうけれども、
怒りを持って、その不正や残虐な行為を変えることはできません。

怒りは、ただ害を及ぼすだけです。
整った状態をもたらすためには、
思慮深く、いつも思いやりを持っていることが必要です。

憎悪から生まれた行動は、さらなる憎悪しか生み出すことがありません。
怒りがあるところに、正しさはありえません。
正しさと怒りとは、ともにあることはできないのです。

2019.07.02

気功生活113号 発送しました。

G20の影響で、すっかり到着の遅れた「気功生活」113号、
佐川さんが昨日夕方来られた時は、「キターーー!」と走る足ももつれそう、
先週金曜から3、4日、もう来るだろうと待って、待っておりました。涙涙

きょう7/2、無事発送を終えることができました。
カラーになって2度目、出来上がってからも思うことは多いけれど
写真がとてもきれいに出ていて、よく伝わりそうで嬉しいです。

今回は、総会報告などもあって、いろんな方の声やお写真が多めです。
私も、紫陽花と、田んぼとあぜ道の絵を描いてみました。
長く待つ間に、紫陽花が終わったらどうしようかと思っていました。

読んでみたい方に、お送りできます!
目次は
・・・・・
新しい場を育む  天野泰司
再読 いのちの気功 … 電子書籍に
令和元年 総会報告
蔦町の家   森田徹
夏の養生
The Book of Life 5/2、6/29
初夏の講義録 内なる力を引き出す /禅密の学校6月
北から南から〜気功のひろばとお灸 加賀屋まさこ
出会う       吉田純子
けいじばん 禅密の学校・後期 お知らせ
・・・・・
と、なっています。

ご希望の方は「お問合せフォーム」から
「気功生活最新号送付」を選んで、「113号希望」とお書きください。

初めてカラーになった112号バックナンバー(在庫限り)、
「おちつく気功」パンフレットなどもお入れします^^
*送料カンパも大歓迎です。〒振替用紙を同封しますが、
楽しんで読んでいただければ、もちろんカンパなしも大丈夫です!

毎号、何人もの方からご希望いただき、嬉しく送らせていただいています。
充実の紙面をどうぞごらんください。

会員のかたで、「誰かにあげたいな」という方も
同様に、メールなどで部数をご連絡ください。
お気持ちが何より嬉しいです、
まだ在庫ございます、よろしくお願いいたします。
(純)

最近の記事

img_04