気功のひろば

ブログ

2019.11.08

季節の気功・霜月

天野は引き続き、春秋社さん新刊『季節の気功(仮)』
「秋」の章を執筆中です。今日中に仕上がるかな^^

講座のほうは、
ちょうど今週土曜日、11/10(日)
京都朝日カルチャーで「季節の気功・霜月〜冷えに強くなる」です。

講座のほうは、おそらく昨日upした「感覚を高める」という話も出るかな・・と思いますが
中心はすでに「冷え」、
朝晩すこし冷える時も出てきました、ちょっと先取りで対策が吉ですね。

内容の案内は

「冷えは、筋肉の収縮過多です。
寒いときには体を縮めて守りますが、
ぎゅっと縮んだまま固まってしまうと、それ以上縮めないので、
却って冷えを強く感じ、寒さの影響を受けやすくなってしまいます。

だから、冷えに対して大切なことは、
冷えないように防備するのではなく、
緊張した筋肉をできるだけ速やかにゆるめること。

特に、足の筋肉の緊張は、骨盤の動きにブレーキをかけて
体の火の気が消えたようになりがちなので、
足をよくふったり、なでたり、指を開いたり、
足湯をして足をゆるめるとよいものです。

縮んだ足の筋肉をゆるめると、骨盤が動き出し
体が芯からホカホカしてきます。」

となっています。
13-15時半、椅子式で東山も見えて、気持ちのよい時間を過ごしていただけます。
どなたでも参加できますよ。
*来年の「気功の学校」に興味ある方は必須。

詳細・申し込みはこちらから。
(純)

2019.11.07

感覚の際立つ季節

天野は、春秋社から発行の決まった
新刊「季節の気功(仮)」絶賛執筆中です。
今日、初夏と夏の原稿が送れるよう、
最後の校正中。。

木曜の朝日カルチャー京都が終わって、
高野山合宿の南海特急の予約を取ろうとしたけど
JTBは手数料1100円とのこと。。
webで取ることにして
三条・梅園の二階で休憩しています。

pcに向かうことが続く中でも
木曜カルチャーはほんとにありがたい存在。
今の自分を知り、
リセットさせてくれます。

音楽に合わせてしっかり動いた後、
晴天の、今日のお話は
感覚の際立つ季節、について。

・・・・・
紅葉が始まって、鴨川沿いが今とても美しい。
秋は、感受性の高まる季節。

美しいと感じるのは、生命の持つ働き。
身体の内の何かと、響きあう。
瞬間にきらめくものに出会い、心が動く。
それは生きている本質。

美しさに出会うために生きている。
秋は、素直に、そうしたものに目が行く季節。
春はそのものとの一体感でいっぱいになる感じ、
秋は繊細で細やかに感じる。

いま、その気持ち良さを遠慮なく味わうとよい。
瞬間に、深く、自分をなくして。
・・・・・

手をていねいになでてから、「心がおちつく やさしい気功」。
きょうもよい時間でした。(純)

2019.11.05

剪定日和

きょうは会員のよしふみさんが、庭の剪定をしてくださっています。

1時間余で裏庭がスッキリ。

午後から前庭。大木になってきたモクレン、金木犀もすかしていただいて、
気持ちよくなりそう。楽しみです。(純)

2019.11.02

更年期はからだの秋

11/4(祝)「更年期は体の秋」開講です !

更年期特有の症状は、大きな体の変化についていけなかったり、
過去の私のつもりで、つい無理をするため。
丁寧に心身の緊張をほどいていくと、繊細な感覚で満たされた
秋のような心地よさと、心地よい心身が。
年齢性別問わずどうぞ。

申込要、あと5名ほど参加可能です。

内容 * 体ほぐし/更年期の体の変化/手放すということ
   心を洗う気功とてあて/新しい生活の準備

ご夫婦、親子、パートナー、ペア参加歓迎。
会場は和室です。楽な、ゆったりした普段着で。
来年の「気功の学校」に興味のある方も、ぜひいらして
山科の雰囲気を体験してください。

詳細・申込 https://npo-kikou.com/lecture/?p=858

2019.11.02

self2巻・気功生活 発送しました !

10/29(水)、「通信講座self」第二巻、
11/1(金)に「気功生活」115号をお送りしました。

表紙は、左京区北白川の、京大の人文学研究所の建物です。
秋の空がとても美しいですね。

「気功生活」115号は、読んでみたい方にも無料でお送りしています。
出版物のページから「最新号送付希望」→
「115号希望」と書いて、ご住所などお送りください。

新しい「気功の学校2020」「朝日カルチャー」のチラシ
「おちつく気功」「肩の荷」パンフレットもお入れできます。

・・・・・・・
115号の目次は

天災と人災 天野泰司
蔦町の家 番外編 〜蔦町基金 森田 徹
特集・いのちの学校
 人生の秋〜更年期・成熟期
 はぐくむ 講義録・感想
再読・子どもの幸せのために
The Book of Life 10/15・11/2
禅密高野山合宿・三円功・気功の学校2019   
秋明菊   吉田純子
けいじばん・お知らせ 

・・・・・・

「天災と人災」「いのちの学校」特集は必読。
送料などカンパも歓迎です^^

(純)

2019.11.02

一日に四季を生きる

The Book of Life
11/2のテーマは
Live the four Seasons in a Day

以下、天野の訳です。

———————

常に新しく再生し、新生し続ける。
これは必要不可欠な、そうすべきことではないですか。

もし今が、昨日の経験という重荷を背負っていたとしたら、
再生はあり得ないでしょう。

再生とは、生まれる、死ぬという行為のことではありません。
相反するものを超越しています。
ただ記憶の蓄積から自由であることのみが、再生をもたらします。

どのような理解も、今の中に蓄えられることはないのです。
なんの比較も、判断もしないときにのみ、
心は今に気づくことができます。

今を変えようとする、あるいは非難しようとする、
その無理解な欲望が、今を過去につなぎとめているのです。

現在という鏡に、過去がそのままに、なんの歪曲もなく映し出されている。
そうした理解の中にのみ、再生はあります。

存分に経験し、あますところなく生きている時には、
その経験は、後になんの跡形も残しませんね。
ただ不完全な経験のみが、その跡を残し、
自我を強化する記憶を持続させるのです。

私たちは、現在を、目的に到達するための手段と考えています。
そのため、今ということの計り知れない重要性が失われています。
今は永遠です。
でも、装飾され、寄せ集められた心が、どうやって
寄せ集めなどではなく、あらゆる価値を超越していて、永遠であることを理解できるでしょうか。

経験が立ち上がってくるたびに、
その経験を、できる限り全霊で、深く体験し尽くすのです。
考え尽くし、感じ尽くす、広く深く。
あなたの判断や、こうだと思ったことの中にある、
苦痛や悦楽に気づくのです。

全てを経験しつくしている時にのみ、再生があります。
私たちは、一日のうちに四季を生きているようでなければなりません。
鋭敏に気づき、経験し、理解し、
日々の寄せ集めから自由になるのです。

2019.10.25

明日 中之島です !

台風に大雨と、秋晴れが少なく心落ち着かぬ日々が続きました。
明日、10/26(土)10時ー12時
朝日カルチャー中之島「秋の気功 心が澄みわたる」へどうぞ。
手や顔をなで、のびのびと動き、
心落ち着けて自分を取り戻してください。

以下、内容です。

・・・・・
涼しくなると、感覚が繊細に働くようになり、
美しいものや秋の味覚にしみじみ感動したり、
以前の辛さや悲しみも浮かんできます。

「心の感度」が高まっている秋には、心の整理整頓がすーっと進みます。
体の隅々までていねいにゆるめることで、
緊張がほどけて、広々とした自由な心へと戻っていきます。

心が切り替わると、体調も大きく変わります。
秋の健康法もいっしょに学びましょう。

会場は眺めの良い、
フェスティバルホール上階のスタジオ。
都会のオアシスでしばし、羽を休めて深い休息を。

*会場は、フローリングで椅子式です。
ゆったりした普段着、あれば上履きか靴下持参でお越し下さい。

申し込みは朝日カルチャーに直接。
当日は tel.06-6222-5222 へ。(純)

2019.10.20

いのちの学校・はぐくむ

こどもを授かる可能性のある方、まとまった話を
天野から聞いておきたい方などを対象に、
「いのちの学校」を開講しました。

 気功協会には、ご家族のペア会員が18組、当日は5組のペアが。
私たちも含めて、6組プラス女性達で
生命を成り立たせる不思議な力、そのあたたかさ、
大きさに包まれる一日でした。
午前のお話から。次回は「更年期」11/4です。
(純)

 2019.9.16 於:アスニー山科 和室
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*体の感度を上げる

妊娠出産にはさまざまな情報があふれるが、技術以前に、
まず大切なことは「自然を取り戻す」=「体の感度を上げていく」こと。
感度が上がれば、不自然なことがあれば自然に調整されていく。
その上で、手に負えないことや、
その部分の自然が立ち遅れ、敏感になってほしい時には、気を集めていく。
普段の気功と何も変わらない。

体の中で、とくに性の働きと関係のあるポイントを知って、
一通り観察したり触れていくと、自然に気が集中して、
体がなんだか変わってきた、いい感じになってきたなと思う。
そうした、自然な変化が大事。
方法や技術は多くあるけれど、本来「しなければならない」ことは、ない。

*骨盤と性の力

「妊娠・出産」イコール「腰椎・骨盤」。
性の働きが潤滑で元気だと、生きている楽しみは大きい。

女性は骨盤の横幅が広く、動く範囲が大きい。
骨盤が豊かで張りがある、それは性の力が大きいということ。
毎月、生理という出産の予行演習があり、
骨盤が開いては閉じてゆく。
そのゆったりしたリズムが「女性的な気持ち良さ」、
持続力のある集中感。
男性は、強く収縮した後に大きくゆるむ気持ち良さ、と言える。

開いていって、自他の境がなくなる。
溶け込み、受容する。
ゆるみきったところから、閉じていってまとまる。
生理の時に、その気持ち良さを味わう。
痛みがあったり、辛さがあっても、そうしたことをふと意識してみるとよい。

骨盤のそりがあることが若さ、
骨盤の位置が落ちて、性の働きが鈍るのが老い。

*今ここにいない、誰かのために全力で

男女が一緒に生活していると、2人の体が映し鏡のようになる。
女性が妊娠すると、男性の体にも反映し、同じ兆候が表れる。
だから妊娠以前に、2人でこうして学び、体に落として、
互いに、そして自分で調整していくと、すごくいい子が生まれてくる。
多くペアで参加していただいて、「よくここまで来たな」と
今この機会をとても幸せに感じている。

新しいいのちを育んでいこう、という気持ちが今ここに充満している。
見守る立場の方も含めて、「いのちを大事にしていこう」という気持ちが大切。

「私の」子供、「私の」赤ちゃん、という意識を手放すと
「はぐくむ」感覚が生まれる。

実際に子どもがやってきた時も、その感覚は全くない。
もちろん、遺伝的要素はあり、似ていたりするが、
どこからか、私たちを選んで、見ず知らずの新しい魂はやってくる。

今ここにいない誰かのために、全力で生命を開花させる
サポートをするのが、夫婦というペア。
そのひとの個性・能力が一番発揮される状態にもっていく、
そのために、妊娠前の・妊娠中の体を整える。

女の子が生後13ヶ月、男の子が15ヶ月までがいちばん大切。
成長して、思春期を終えたらサポートも終えていく。
性の働きが盛んになり、完成する頃。

「いつか出会えるかもしれない、新しいいのちのために」体を準備する。
「新しい生命の座」、体を玉座のように。
緊張感を持って頑張るのではなく、とことん気持ち良くゆるめること。
生活に、生理時に、行為に、出産に、
体の底から気持ち良い、ゆるみと引き締まりを感じていく。
それは、気功をしたりお散歩をすることでも味わえる。

お互いに大切にし合って、新しい命ができてくる。一人では妊娠しない。
男性は、毎日が排卵日。体を整えることに大きな意味がある。
体が、その決意をするかどうか。

[実習・てあて〜頭部活点と妊娠活点]お互いに。
[実習・足のてあて]膝にてあて、上下に動かし、膝裏てあて。内股、足首、くるぶしをなでる。
[実習・足首まわし]足首をそれぞれまわしたい方向へゆっくりまわし、横になって、のび。
足=骨盤、違和感を抜くことが大事。

待つことが大切。
自ら育つ、大きくなる、学ぶ。すべてオートマチック。
打撲にだけ注意して、打つことがあればなるべく早くてあてする。

[実習・立ってうごく]体の底から気持ちよく。
気功をしたり、お散歩をしたり、骨盤の動く気持ち良さを培う。
生理も、出産も、気持ち良さがある。それを探す。
気持ち良さを培う=性の力を培うこと。

*生理のときは

生理の1日目、2日目、骨盤が開いていくのを足湯でサポートする。
3日目がいちばん開いて出血も多い。ちゃんと開くと、閉じやすい。
目の温湿布で、精神的な緊張を抜くとゆるみやすく、とてもほっとする。
4日目以降は、卵巣のてあてをし、次の排卵にそなえる。

気をつけることは打撲、とくに女性の腰から下。
手首の緊張。手首が狂うと腰椎が狂い、子宮の位置が変わる。
あたためるか、ふってゆるめる。

生理中、妊娠中に目の温湿布をするのもよい。
ほっとすると、骨盤がゆるんで開く。
妊娠とは、骨盤が開いていくこと。それを滞らせないようにする。

*妊娠は勘

妊娠初期、2ヶ月目くらいから骨盤が開いてきて、気持ちもほわん、としてくる。
スムーズに開いてこない時に、つわりが起きる。
骨盤が開いてくると、安心感が湧き、受容的になる。
初期の頃に、「自分のしたくないこと」をしない。
勘がよくなって、ピリピリした感じがする頃。
シビアに、「自分のしたいことをする」。

骨盤は、最後の4週で少しとじる。気持ちもすこし閉じた感じになり、
おなかが少し小さくなって、4週で生まれる。

[実習・耳下腺のてあて]ひとりで・お互いに。
てあては、互いの命に対する礼。
いのちを大切にするありかたにつながる、いのちをはぐくむ原点。

こどもを授かりにくいときは、体の準備が遅れている。
とりもどす第一が、耳下腺のてあて。
二番目は、胸腺のてあて。
行為の後で、甲状腺のてあてをするとよい。
子どもを迎え入れる感覚で、行為をしていくとよい。

妊娠は勘。体が勝手にそちらへ動いていってしまう。
排卵を体で感じるようにするのが、最高の誘導。

2019.10.18

心のリラックス〜9/8京都

毎月第二日曜、「季節の気功」9月のお話から。
*次回→11/10「冷えに強くなる」

2019/9/18 於:朝日カルチャー京都 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*秋をあじわう

季節の巡りが、変化を生む。
生きる中で様々なことに出会う。辛いこと、楽しいこと、
ずっと続くといいな、と思ったり
これが続くとどうしよう、と思ったりするけれど、
季節は、ピークを超えてはまた巡り、必ず動きがあって循環している。
暑さが過ぎると、また涼しくなることを体が事前に察知して準備している。
もし、今が「最悪!」であっても
冬なら春を思い、夏なら秋がくることを思う。

新春の頃、体は春を感じて動き始める。
生まれ直す感覚、体も立て直す時。
春に向けて骨盤が開き、体は毎年リセットされる。
例えば、赤ちゃんが生まれたら、家中にその新しい気配が充満し
男性もフルリセットを体験する。

春は勢いがあり、秋は落ち着きがある。
季節の巡りの中で、体は次の春に向けて準備してゆく。
秋を心地よく過ごすと、春が気持ちよく迎えられる。

秋は、冬に向けて体が引き締ろうとするが、引き締れない部分が出てくる。
左右差が生じて、腰のねじれや冷えにつながる。

症状が出てきたら、「その場でほどく」ことを繰り返しやっていく。
多少は気にしないでやっていくことが積み重なると、体が鈍ってくる。
小さな異常をその場でリセットし、切り替えていくことで、生きる楽しみが増えてゆく。
渦中にあると、気持ち良さに気づかない。
一年のなかで、いまが「秋の入り口」にあることを思い、
秋の気持ち良さを味わうように。

*軽くなる私

生まれて、死んでゆく、どちらも同じ輝き。
暖かさと真剣さを持って向き合う。
死に向かうときは、積み上げてきたものを下ろしてゆく。
四十九日という修行期間に、7日づつ7体の仏がついてくれて
さまざまなものを落とし、
そして1周忌はどの仏、3回忌はどの仏、と
解脱に向けて、あらゆる束縛を解いてゆくのが輪廻思想。

苦しみや辛いことに煩わされない世界があり、
そこへいくことができるかもしれない、
それを成し遂げたブッダという方がいて、
生きている間にも
そちらの方向へ向かえばいいんだな、という空想は、大きな力がある。

「悟り」は、特別なことではなくて、とらわれからふっとぬけた状態。
歩いていてふと気持ち良い瞬間があるように、日常の至る所に悟りがある。
昔の生活はシンプルで、生きていければいい、ような時代が続いた。
「妙好人」のように、市井の隅にある人がただ念仏を重ねるうちに
その言葉やありようが人を助け、後世に残る例もある。

毎日、何も考えずに繰り返しできるような状態を作るとよい。
気功はその一助になる。
シンプルなことを、何も考えずにたんたんとやっていく。
自分のなくなった感じ、軽くなる感覚。
自分で設定している「私」がほどけたとき、ほんとうの自分が現れてくる。
心が休まって、小さいレベルの悟りに出会っていく。

例えば「ふりこ」、単純な動作の繰り返しで、意識がほどけていく。
順番や、様々なことを忘れて、何もない集中した時が生まれる。

坐禅をしていて、様々なことが浮かんで集中しにくいものだが
何をしているかわからないくらいの感覚で座っている時には、
警策は通り過ぎていく。

辛い思いが浮き出してくる時がある。
昔の傷や、苦しかった体験など、
心の奥深くで、見えなかったものが顕在化する時が、変わる時。

漠然とした嫌な感じや、辛さと同時に、体になんとなく嫌な感じが生じてくる。
その時に体の違和感をなくす。
迎え入れ、気持ちよくなるように。

辛さを他人のせいにすると、すりかえが起こる。
少し楽になったような気がして、スッキリ感があっても
自分の苦しみは保存されてしまう。

辛さが出てきては、消えることを習慣づけていると、
辛いことを体が最初からよけて、受けないようになってくる。

[実習・頭部活点のてあて〜おちつく気功]
左右の、「鬼の角の生える場所」、耳の前を上がった処と、黒目を上がった交点。
骨の隙間で、手の止まるところに指先をあてる。
押すのではなく、ゆっくりと。

[実習・わき腹をつまむ・内股をなでる]
秋の、からだのねじれをとるポイント。ゆっくり、ていねいに。

[実習・立って動く]
ねじりのふりこもていねいに。左右、ねじりやすいほうに少し大きくすると
調整される。

後頭部中央のてあてもよい。(純)

2019.10.15

教化され、すり減る心

The Book of life
10/15のテーマは、
Drowned by Influence

以下、天野の訳です。

——————–

心は、なぜ老いていくのでしょう。
次第に年をとり、能力が落ち、同じことを何度も繰り返し、
習慣の中に捕らわれる。
性的、宗教的、職業的な、あるいは様々な欲求による習慣に。
そういう意味で、老いている。ちがいますか。

心は、数限りない経験と記憶によって大きな重荷を背負わされ、
悲しみのために、あまりにも傷つき損なわれているので、
何一つ新鮮に見ることができず、
いつも、記憶、自分なりの結論、決まった方式に基づいて解釈し、引用する。
権威に縛られてしまっている。
これが老いた心です。

なぜこんなことが起こるのか、わかりますね。
私たちの教育は全部、単なる記憶の培養です。
そして、新聞雑誌、ラジオ、テレビなどのマスコミもありますね。
教授たちは、何度も何度も繰り返し、講義を聞かせるでしょう。
あなたの頭の中がその繰り返し言っていることにしっかり染まるまで。
そしてあなたは、試験でそれを吐き出し、学位を獲得し、
さらに仕事を、決まり切った仕事を、絶え間ない繰り返しを続けていくのです。

それだけではありません。
人それぞれにこうなりたいという内なる葛藤があり、いつもその不満に苛まれています。
競争は仕事のみならず、神への競争もあります。
神の近くにあろうとし、より早くそこに至る道を求める。

そう、起こっているのは、つまりこういうことです。

プレッシャー、ストレス、張り詰めた緊張。
私たちの心は、いっぱいいっぱいになっていて、
教化され、悲嘆に沈み、溺れ死んでいる。
意識している、していないに関わらずです。
私たちは、心をすり減らしている。
心を用いているのではなく。

最近の記事

img_04