気功のひろば

ブログ

2019.10.18

心のリラックス〜9/8京都

毎月第二日曜、「季節の気功」9月のお話から。
*次回→11/10「冷えに強くなる」

2019/9/18 於:朝日カルチャー京都 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*秋をあじわう

季節の巡りが、変化を生む。
生きる中で様々なことに出会う。辛いこと、楽しいこと、
ずっと続くといいな、と思ったり
これが続くとどうしよう、と思ったりするけれど、
季節は、ピークを超えてはまた巡り、必ず動きがあって循環している。
暑さが過ぎると、また涼しくなることを体が事前に察知して準備している。
もし、今が「最悪!」であっても
冬なら春を思い、夏なら秋がくることを思う。

新春の頃、体は春を感じて動き始める。
生まれ直す感覚、体も立て直す時。
春に向けて骨盤が開き、体は毎年リセットされる。
例えば、赤ちゃんが生まれたら、家中にその新しい気配が充満し
男性もフルリセットを体験する。

春は勢いがあり、秋は落ち着きがある。
季節の巡りの中で、体は次の春に向けて準備してゆく。
秋を心地よく過ごすと、春が気持ちよく迎えられる。

秋は、冬に向けて体が引き締ろうとするが、引き締れない部分が出てくる。
左右差が生じて、腰のねじれや冷えにつながる。

症状が出てきたら、「その場でほどく」ことを繰り返しやっていく。
多少は気にしないでやっていくことが積み重なると、体が鈍ってくる。
小さな異常をその場でリセットし、切り替えていくことで、生きる楽しみが増えてゆく。
渦中にあると、気持ち良さに気づかない。
一年のなかで、いまが「秋の入り口」にあることを思い、
秋の気持ち良さを味わうように。

*軽くなる私

生まれて、死んでゆく、どちらも同じ輝き。
暖かさと真剣さを持って向き合う。
死に向かうときは、積み上げてきたものを下ろしてゆく。
四十九日という修行期間に、7日づつ7体の仏がついてくれて
さまざまなものを落とし、
そして1周忌はどの仏、3回忌はどの仏、と
解脱に向けて、あらゆる束縛を解いてゆくのが輪廻思想。

苦しみや辛いことに煩わされない世界があり、
そこへいくことができるかもしれない、
それを成し遂げたブッダという方がいて、
生きている間にも
そちらの方向へ向かえばいいんだな、という空想は、大きな力がある。

「悟り」は、特別なことではなくて、とらわれからふっとぬけた状態。
歩いていてふと気持ち良い瞬間があるように、日常の至る所に悟りがある。
昔の生活はシンプルで、生きていければいい、ような時代が続いた。
「妙好人」のように、市井の隅にある人がただ念仏を重ねるうちに
その言葉やありようが人を助け、後世に残る例もある。

毎日、何も考えずに繰り返しできるような状態を作るとよい。
気功はその一助になる。
シンプルなことを、何も考えずにたんたんとやっていく。
自分のなくなった感じ、軽くなる感覚。
自分で設定している「私」がほどけたとき、ほんとうの自分が現れてくる。
心が休まって、小さいレベルの悟りに出会っていく。

例えば「ふりこ」、単純な動作の繰り返しで、意識がほどけていく。
順番や、様々なことを忘れて、何もない集中した時が生まれる。

坐禅をしていて、様々なことが浮かんで集中しにくいものだが
何をしているかわからないくらいの感覚で座っている時には、
警策は通り過ぎていく。

辛い思いが浮き出してくる時がある。
昔の傷や、苦しかった体験など、
心の奥深くで、見えなかったものが顕在化する時が、変わる時。

漠然とした嫌な感じや、辛さと同時に、体になんとなく嫌な感じが生じてくる。
その時に体の違和感をなくす。
迎え入れ、気持ちよくなるように。

辛さを他人のせいにすると、すりかえが起こる。
少し楽になったような気がして、スッキリ感があっても
自分の苦しみは保存されてしまう。

辛さが出てきては、消えることを習慣づけていると、
辛いことを体が最初からよけて、受けないようになってくる。

[実習・頭部活点のてあて〜おちつく気功]
左右の、「鬼の角の生える場所」、耳の前を上がった処と、黒目を上がった交点。
骨の隙間で、手の止まるところに指先をあてる。
押すのではなく、ゆっくりと。

[実習・わき腹をつまむ・内股をなでる]
秋の、からだのねじれをとるポイント。ゆっくり、ていねいに。

[実習・立って動く]
ねじりのふりこもていねいに。左右、ねじりやすいほうに少し大きくすると
調整される。

後頭部中央のてあてもよい。(純)

2019.10.15

教化され、すり減る心

The Book of life
10/15のテーマは、
Drowned by Influence

以下、天野の訳です。

——————–

心は、なぜ老いていくのでしょう。
次第に年をとり、能力が落ち、同じことを何度も繰り返し、
習慣の中に捕らわれる。
性的、宗教的、職業的な、あるいは様々な欲求による習慣に。
そういう意味で、老いている。ちがいますか。

心は、数限りない経験と記憶によって大きな重荷を背負わされ、
悲しみのために、あまりにも傷つき損なわれているので、
何一つ新鮮に見ることができず、
いつも、記憶、自分なりの結論、決まった方式に基づいて解釈し、引用する。
権威に縛られてしまっている。
これが老いた心です。

なぜこんなことが起こるのか、わかりますね。
私たちの教育は全部、単なる記憶の培養です。
そして、新聞雑誌、ラジオ、テレビなどのマスコミもありますね。
教授たちは、何度も何度も繰り返し、講義を聞かせるでしょう。
あなたの頭の中がその繰り返し言っていることにしっかり染まるまで。
そしてあなたは、試験でそれを吐き出し、学位を獲得し、
さらに仕事を、決まり切った仕事を、絶え間ない繰り返しを続けていくのです。

それだけではありません。
人それぞれにこうなりたいという内なる葛藤があり、いつもその不満に苛まれています。
競争は仕事のみならず、神への競争もあります。
神の近くにあろうとし、より早くそこに至る道を求める。

そう、起こっているのは、つまりこういうことです。

プレッシャー、ストレス、張り詰めた緊張。
私たちの心は、いっぱいいっぱいになっていて、
教化され、悲嘆に沈み、溺れ死んでいる。
意識している、していないに関わらずです。
私たちは、心をすり減らしている。
心を用いているのではなく。

2019.10.12

10/13「季節の気功」開講します。

10/13朝・追記/ 開講しまーす !

大変な目に遭われているみなさまに、心からお見舞申し上げます、
よく晴れて、はやく水がひいて、行政の助けや人手が、お金もしっかり集まって
片付けがスムーズに進むことを願っています。

集まりましょう。せめて、暖かい思いをとどけましょう。
天野は落ち着いて行動しています。どうぞ安心して、お越しください。
(純)

・・・・・・・

長く雨が続く京都です。
風は強くなったり、落ち着いたりで、夕方にまた強くなる予報ですが
明日、10/13は
午前に雨が止むそうなので、
13時からの講座、朝日カルチャー京都「季節の気功」は、開講の予定です。

朝日カルチャー京都 10/13・10時から当日受付(12日は休館)
お電話でどうぞ。
tel.075-231-9693
(純)

2019.10.08

10/13「季節の気功」腰を楽に、です。

涼しくなりました。
のどが痛かったり、腰が重かったりしていませんか。

10/13日13:00〜「季節の気功~腰が楽になる」、
朝日カルチャーセンター京都で開講です。

腰痛の原因は、腎臓の疲れと体のねじれ。
涼しくなって腎臓の負担が増えて疲れやすくなるのと、
寒さに堪えられるよう、ねじった体勢をとるので、
無理な力がかかると腰を痛めてしまいます。

腰痛予防には、腰のねじれをとる動き、腎臓を温めるてあてが効果的。
無理のない、やさしい繰り返しの動きと「てあて」で、
ねじれをとり、深いところから腎臓を元気に。

どなたでも、お越しください。台風が過ぎてくれるといいなー。
申し込みは朝日カルチャーまで。
http://npo-kikou.com/lecture/?p=866

(純)

2019.10.04

self 受付終了・新刊予定

「通信講座・self」、28期の受付を終了しました。
次期は来春3月の受付です。

お申し込みのみなさんから、順々に
「目標設定」が送られてきています。
3ヶ月、どうぞよろしくお願いいたします^^

天野は、並行して、来春
春秋社さんから刊行予定の
新刊『季節の気功』の執筆にかかりました。
毎第二日曜、朝日カルチャー京都のロングラン講座
理事会や、総会でもリクエストのいちばん多かったご本です。

きのう私が「序章」の校正を終え、
あまのが「第1章」を続けて書いているところです。
あいだに、会報「気功生活」の編集発行をはさんで、
来月あたり。。書き終えられるかな。

どうぞ楽しみに、
また、詳しくおしらせしますね。(純)

2019.09.30

selfの感想 〜心の中の森とつながる

「通信講座self」ご受講のかたから、
前回27期を終えた感想をいただきました。
会報「気功生活」にのせたものを、
許可を得て、転載させていただきます。
selfは、あと数日受け付けますね。(純)

・・・気功という森と出会って・・・・・hottea・・

16年前、うつ病になりました。
仕事を辞めて休養、時を経過してもいっこうに良くなる気配がなく、
どうすればよいのかわからず、無気力になり、
半分ひきこもりのような生活を送っていました。
何かの契機になればと、自己啓発系のワークショップに参加。
そのテキストに引用されていたのが、天野先生の御本『治る力』でした。

翌年、引っ越し、一大決心で新天地へ移ったものの、体調は悪化、
さらにいくつもの病気になりました。病院や鍼灸の治療に通う日々、
不安にさいなまれていた中、ふと、『治る力』をきちんと読んでみようと思ったのです。
本を読むことは至難の業でしたが、
常識として身につけてきたこととは80度違うと感覚的に思いました。

例えば、病気になるのは才能だ(!)と。ギャップに戸惑い、半信半疑でも
目からウロコの連続で、知らないもうひとつの世界を覗いているよう。
それから、私は気功の世界に魅かれるようになったのです。

*Selfの魅力

病気で体力もなく、京都まではとても通えない状態で、
幸い通信講座「Self」があることを知り、受講することにしたのです。

当時は身体も心も本当にガチガチで、
気功の動きをしても、気持ち良さや身体の変化をまったく感じられず、
早くこの状態をなんとかしたい!と、気合たっぷり。
天野先生からは、「気功は、よくなりたいと強く意識しているときより、
ただ気持よく楽しんでいるときに、大きな効果を発揮するものです」
とアドバイスをいただきましたが、どうやって
気持ちを楽に持てばよいのか、まずわかりません。

そんな状態でも無理なく行えたのは、「未来のために種をまくこと」でした。
Selfの一番の醍醐味は、目標を設定することにあります。
3ヶ月間の最初に、夢や目標を決めて、過去形で書き記します。
願いがより叶いやすい書き方を先生に指導していただけるのが魅力です。
書くだけで叶うなんて嘘みたいだと思いましたが、
忘れたころにひょっこり叶っていたりするので、驚きました。

Selfの時はもちろん、それ以外の時も、ちょこちょこと
目標や願いを書くことを続けました。
並行して、「幸福感の先どり」も、気軽によく行っていました。
当初はついネガティブな言葉ばかり使っていましたが、何回も受講するうちに、
書き方が上手になったとほめられるようになり、
少しずつでも自分が進歩していることがわかり、うれしく思いました。

もう一つの魅力は、先生に直接メールで質問ができることです。
天野先生はいつも、どんな質問にも丁寧に答えてくださいます。
質問なんでもOKな場所というのはあまりないので、貴重でありがたく思っています。

*心の森

何より、そういう場を通して、どこか広大なところと
つながっているような気がして、心が広くなり、とてもほっとするのです。
からだや気功の世界は、まるで深く静かな森のよう。
心の世界にそういう場を持つことは、とても大切で自然なことだと思います。
私は気功のお陰で、そのことに気付きました。

春先に、今年は変化の年なのではと、何となく感じていました。
心や身体が妙に不安定で、状態がコロコロ変わります。
つらいけれど、からだが刻々と動いているような感じも伝わってきました。
自身のバージョン・アップがスムーズに行われるよう、
できることをしようと、この春もSelfを受講することにしました。5回目でした。

*27期を終えて

途中から、何か変わってきた感じがありました。
一番大きな変化は、好き、楽しいと思う方へ、素直に行けることです。
気持ちが解放されて、すごくほっとしています。

習慣でつい急いでしまうと、「ゆっくりでいいよ」と、心の声が聞こえるようになりました。
身体の症状が多かったり、心が不安定だったりもしますが
「きっと大丈夫」と、どこかで思うようになりました。
根本的な安心が得られるようになってきたことは、とても大きなことです。

夢が見つかったことも、うれしい変化でした。
書くことを仕事にしたいと、強く思うようになりました。
やりたいことができたら、不思議とパワーがわいてきて、気持ちにハリが出てきました。

ふと、「主体的に」行動できるようになりました。
ほかの人の力を借りながらも、自分でもできることを始めました。そ
うしたら、まわりの色々なことが、とてもスムーズに流れ始めました。
これまでは、「自然」って一体どういうことなんだろうと思っていましたが、
ようやくわかり始めました。

最近、昔のことをよく思い出します。これまでの考え方や行動が、
不自然そのものであったことや、いかに自分を大切にしていなかったかということに、
改めて気付きました。
自分のためにできることで、まだまだできていないこともあります。
これから少しずつ、自然にできることがもっと増えたら、
さらに楽になっていくのではないかと思います。
私が元気になってきたら、夫や猫まで元気になり、
お互いの気って、本当に通い合っているんだなぁ…と実感している、今日この頃です。

・・・・・
hot teaさん、ありがとうございました !(純)

2019.09.29

self1巻 発送しました !

きのう9/28(土)、「通信講座self」第一巻をお送りしました。

「ふりこ」の動きを、中国杭州・西湖の風景と共に
楽しんで続けてくださいね。

「self」の学級通信には、
いまのおすすめとして
「心のゆとりをつくる」ことに言及しています。

胸に手をあてて、「あぁ、よかったな。。」とつぶやき、
ほっとした心持ちを味わう。
そして、
空気の乾燥が進んでいるので「水をのむ」こともおすすめとのこと。
体が潤うと、心も潤います。
ごくごくではなく、味わいながら。

飲んだ水が下腹の中心に落ち、そこから全身の皮膚まで広がっていくような感覚をもつと
よりよいでしょう。
これは、先日の「禅密の学校」でお伝えした飲み方です。

selfは、あす月曜日9/30まで受け付けています。

どうぞよい週末をお過ごしください。
(天野・純)

2019.09.18

self 受付中 !


通信講座・self、28期の受付中です!

春と秋、年2回開講して14年。
繰り返し受講される方も多い人気講座。
9月末から1ヶ月1回、計3回のDVDとおたよりをお送りし、
体調の変化や疑問点などは、担任・天野とメールでや直接やりとりできます。

初めに「終えたらこうなりたい」と設定して
天野に送信するのがポイント。
そちらのほうへ心身が自然に方向づけられ、
望んでいた生活に無理なく変化していく方が多いのです。

中国杭州・西湖の湖畔で撮った美しい映像に、
心が広がります。
地元の方が一緒にされている様子が入っていたり、
旅の気分も味わえたり。どうぞ一度ごらんください。
視聴と詳細は→
https://npo-kikou.com/lecture/self/

*再受講も受付中です!
天野の返信への集中度を考え、
今期は20名限定にしましたので、お早めに申し込んでください。
(純)

2019.09.12

はぐくむ&芦屋

雷と雨が去って、秋が急に感じられる京都です。
千葉や離島の被害が大きく、心がいたみます。
どうか必要なものや人の力が、すみやかに届きますように。

週末、秋の講座2つ開講です!
どうぞ深い処からのセルフケアに、お越しください。

❇︎9/14(土)15:30、朝日カルチャー芦屋

いま、残暑のメンテナンスを。

夏の疲れを落とし、細かな感覚を取り戻すタイミング。
ほっとして感度が上がる時こそ、わずかの工夫で変わります。

私たちの感覚は、イヤなことに閉じ、好きなことには開きます。
感覚が開くと、心身は「元気」に向かいますが、
閉じたままでいると
鈍って、本来の力が発揮できないのです。

手や頭をなでたり、背骨をゆらしながら、「感じる力」を培いましょう。
ゆっくり手や頭をなでたり、背骨をゆらしながら、
とても大切な「感じる力」を培っていきましょう。

関西は、去年も大きな台風被害がありました。
この時期に、ふと辛いことを思い出すような方にも
心からオススメです!

会場はJR芦屋駅(新快速で大阪から15分)直結で、便利です。
申込は、上記リンクから朝日カルチャーに直接。

❇︎いのちの学校 〜はぐくむ 9/16(祝)11-16:30 受付中!
自分をはぐくみ、相手をはぐくみ、そしてあたらしい家族をはぐくむ。
心身の豊かな自然をまもり、育て、回復することをテーマに
「いのちの学校」2019秋、久しぶりの開講です。

新しい出会いに満ちた時期にいるふたりに。
妊娠出産の可能性は、ゼロではない、今でなくても
一度しっかり聞いてみたい、というひとに。
身近に赤ちゃんがいて、日々向き合っている人に。
お世話する立場にいて、学んでおきたいと思う人に。
なんとなく、心ひかれて、出てみたいと思う人に。

更年期までの女性の体は
産む産まないに関わらず、
生命を宿し、育む天然の働きの渦中にあります。
こどもは授かりもの。
生命を迎える準備ができていると、
受胎やお産の流れも、自然で心地よいものに。

私やあなたに、新しい生命に、あたたかな気を集め、
大切に育んでいきましょう。(天野)

内容✴︎ 体ほぐし 性の自然
妊娠出産…育むということ
二人でする気功とてあて
新しい生命を迎える準備

2020年「気功の学校」に興味のある方も、
ぜひいらして、山科の会場の雰囲気を味わってください。
次回→11/4「更年期」も受付開始!

申込は、上記リンクから気功協会まで。
(純)

2019.09.10

Self オープンしました !

お待たせしました、
通信講座Self、28期の受付を始めました!

今日は暑かったですね、台風は大丈夫でしたか。
木が倒れたり、停電しているところもあるとのこと、
心からお見舞い申し上げます。
早く復旧することを願っています。

「self」も、早いもので28期になりました。
中国の杭州へみんなでいって、合宿の合間に
美しい西湖のほとりや、茶館のある公園などで撮影し
半年ほどで編集ができて、その後
一年に2回、開講してきたので、もう14年になります。

長く好評を得て、何度も受講される方も多いself。
どうぞページをごらんのうえ、この秋、ご一緒にいかがでしょうか。

担任・天野とメールやfaxなどでやりとりするため、
前回から定員を設けさせていただきました。
20名限定で、9/末まで募集です。
9/25頃までにお申込みください。

10月は、力を抜いて腕を振る「ふりこ」、
11月は、「円の動き」で足腰の力を養い、ゆっくり楽に動くことを習慣づけます。
12月は、「波の動き」でゆったりと背骨を動かし、体の自発的な動きを引き出します。

夏の疲れをとり、季節に添って、無理なくしなやかな心身を培っていきましょう。

ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、お送りする教材です。
「学級通信」は毎回天野が手を入れていて、書き下ろし部分もあります。

DVDが見られない海外などの方には、youtubeの非公開ページでも
ご覧いただけるようになりました。

はじめに「終わる頃には、こうなるといいな」という目標を天野に送ることで
そちらの方向へ、自然に生活が切り替わっていき
時折、アドバイスを受けながら続けていると、
気がつくと、なんだか楽になっていたりするんです。

こちらに、
動画サンプルと詳細がありますので、どうぞごらんください。(純)

最近の記事

img_04