気功のひろば
季節をめぐる気功
気功の学校 Self
心がおちつくやさしい気功
肩の荷がおりる気功

日々徒然

2020.04.08

ある人への手紙

今の不安状況について、
天野がご質問に答えた返信を
ご許可を得て、加筆転載させていただきますね。
基本的なものですが、参考に。(純)

・・・・・
新型コロナウイルスは、RNAとそれを包む膜しか持たないので、
自己増殖はせず、人から人へしか感染ることができません。

うがいや手洗いはもちろん有効なので、
外に出て家に帰ってきたら、習慣にするといいですね。
これはコロナに限らず、衛生的環境を保つ心得のようなものです。
アルコールも石鹸も有効です。あまり神経質になって時間を決めて念入りにするよりは、
外から帰ってきた時など、こまめに流水で洗い流すのがよいようです。
手がスッキリすると気持ちもさっぱりしますね。

うがいは、口内を清潔に保つという意味合いと、のどを潤すという二つの側面があります。
喉の潤い効果は、気管の線毛運動を潤滑にしてくれますから、本質的な予防効果があります。
空気が乾いている時には、喉をうるおすようにこまめに水を飲むのはとても良いことです。

マスクは、自分が咳が出る時はエチケットとして着用し、
またマスクだけでなく、
大きな咳をするときは肘やタオルで受けるなどの心遣いがあると
お互いに安心できてよいでしょう。

何の症状もないのに、ずっとマスクをつけている必要はありません。
息苦しい感じがするようであれば、外した方が気持ちよく息ができて、
息が深くなり、眠りも深くなるので、ウイルスに対する防衛体制は整いやすくなります。

それよりは、なるべく人混みはさける。
咳をしている人や大声で喋っている人、あるいは
なんとなく体調が悪そうな人の近くによらない。というようなことが大切で、
そうした直感的な防衛がかなり大切です。
頭でいくら考えて防衛しても、どこかに抜けができるものですから、
かかりたくないと思うのであれば、体を信頼して、
むしろ直感に頼って行動するとよいでしょう。

今、コロナウイルスに対して最も大切なことは、
精神的な落ち着きです。
不安が募ると、胸が閉じ、眠りが浅くなり、免疫も働きにくくなってしまいます。
感染して発症しやすい身体状況になりますので、
まずは心を落ち着けて、
ゆったりした心持ちで生活することがとても大切です。

もし不安が強いようなら、
身の回りの整理整頓や、お掃除を心を込めて少し念入りにやっていくとよいでしょう。
ウイルスという目に見えない不安は、いくら対策を完璧にしてもなかなかぬぐえないのに、
環境が美しくなると、不思議と薄らいでいくものです。

季節的に、鼻の温湿布もおすすめです。
頭に上がっていた気がすーっと降りていき、
骨盤の動きがよくなるのでとても元気になります。

お部屋にいることが長い場合には、ナノイーも良いですよ。
パナソニック製のイオン発生器です。
空気が清々しくなり、ウイルスに対しても効果があるようです。
環境の浄化をすすめるいい機会ですね。

コロナウイルスの不安を自分でやわらげるために
動画を作っています。
まず心を鎮めることからやっていきましょう。

天野泰司

News

これからの講座

読み込み中...

気功協会のスケジュール