気功のひろば
気功の学校
心がおちつく やさしい気功
肩の荷がおりる気功
季節をめぐる気功

日々徒然

2021.01.16

蔦町気功の会 

1/17、震災のあった日。
気功協会蔦町事務所で「蔦町気功の会」でした。

春に向けて、1月は骨盤・2月は肩甲骨・3月は骨盤、と
順々に開いていく私たちの身体を
あたためたり、たどったり、てあてしたりして
少人数で、深く、集中していく時間。

1/17・2/7・21は、春の変化を追う内容。
静かな蔦町の広間で、寒さに固まる体をゆるめ、自分にてあてしながら
ていねいに深く、変化をたどります。
17日は、深く眠った後目覚めたような
濃い時間になりました。

1/31・2/21は、天野が伝えることが少ない「あたため」、温法とてあて。おそらく、初めてです。
ミニアイロンや、温タオルで芯からゆるみます。
がんや筋腫、肝臓の不調があるといった方にもおすすめ。
アイロンが3台ありますが、旅行用がある方はお持ちください。

ご縁のある方の参集をおまちしています。
どうぞ、お申し込みください。(純)

News

これからの講座

読み込み中...

気功協会のスケジュール