気功のひろば
肩の荷がおりる気功
心がおちつくやさしい気功
CD Self&Life
気功協会の本

日々徒然

2018.08.06

七夕のお誘い

きのうの山科「気功の学校」冒頭では、
天野から「この猛暑も、天災です。
少しぐらいならと我慢したりしないで、
避難したり、水だけでなく塩分をとったり、
熱いお茶やコーヒーを先に飲んでから水を飲むのもよいです」
といったお話のあと、
頭を高くして横になり、お互いに頭部活点(鬼のつのの生える処)や
アキレス腱に手あてをして、ゆっくり休みました。

「涼しいところでしっかり動くこと、そしてよく休むこと」
といったお話も。
立って動くと、やはり夏らしく、肩や首の痛みなどが少なく
スムーズに動ける感じがしました。

講座があると、ほんとうに楽になります。
次の8/12(日)の「七夕の会」は、どなたでも出ていただける
半日の講座で
毎年楽しみにしている会です。

今年も、旧暦の七夕に合わせて、集まりやすい日曜日に設定しました。

その日の朝に切ってきていただいた笹を
広い和室の床の間まえに据えると
一気にお部屋が清々しくなります。

涼しい畳の広間で、ゆっくりと心身を深くゆるめ、
落ち着いた心と、スッキリした体を取り戻しましょう。

体がほぐれたら笹に短冊をつるして願いを天に届け、
大切にしまってあった夢を現実にしていきます。
笹を囲んで、ちょこっと盆踊りも。

笹の気配と、短冊の自然な色合い。
猛暑で失われた、夏らしい夏が戻ってくるようです。

心身をゆるめ、願いを記し、笹に吊るして
踊って全てを忘れると、潜在意識の働きが活発になって
夢がとても叶いやすくなります。

その場でしかできないことがあります。
昔からの知恵を、季節に合わせて活用してください。

お申し込み&詳細は「講座あんない」へ。

☆一昨年の様子がこちらに。

初めての方、久しぶりの方、
会員でない方もおまちしています。(純)

News

これからの講座

読み込み中...

気功協会のスケジュール