気功のひろば

ブログ

2021.11.26

「幸福になる気功」とは。

「幸福になる気功」、12/19にLive配信します。
今年の締めくくりと楽しい来年への種まきに。
京都御苑で案内動画を撮影しました。紅葉も楽しんでください。

2021.11.09

Monthly Live 11/10配信!

急に冬の足音が聞こえてきましたね。
11/10(水曜)午後2時〜、月イチの「Montly Live」配信です !

   *画像をclick !*

免疫強化シリーズ第8回目。 今月のテーマは、リンパです。

リンパ系は、全身にはりめぐらされた免疫系のネットワークです。
全身をめぐる血液の一部は、 リンパ液となって
リンパ管の中をゆっくり心臓へと戻っていきますが、
その途中に「リンパ節」と呼ばれる関所のようなところが約500ほどあり、
免疫細胞が見張っていて、ウイルスや細菌、 異物などを取り除いてくれています。
血液循環が良くなるだけで、
体調が良くなったり、 様々な症状が改善してしまうのと同様に、
リンパの循環が良くなるだけで、免疫系の働きも高まっていきます。
コロナはもちろん、インフルエンザや風邪、がんにも大切なリンパ。
リンパの流れをよくする簡単な方法を知り、
免疫系全体の活性を上げていきましょう。
 (天野)

気功協会の You tubeチャンネルからもご覧になれます。
「気功のひろば」HPの左上にも、赤いYoutubeマークがあります。
時間になると、ライブ配信が始まります。
終えてからも見ることができます。無料。カンパ歓迎 !

時間になると、お部屋が教室になるライブ配信。
お部屋を少し片付けて、お水やタオル、メモも手元に。
ご一緒に、いま必要なことを。
午後2時、お待ちしています。(純)

 

 

2021.10.31

投票に行こう ! (最高裁判断表付き)

晴れてきました。投票に行きましょう !

投票に行った後の清々しさは何とも言えません。
天野からのメッセージです。「投票は自然なこと」。

最高裁のチェックは即時には難しいので、
このNHKのページが参考になります !

自由な社会を作っていきましょうね。(純)

2021.10.24

腰の力をつける 〜朝日カルチャー京都「季節の気功」10月

朝日カルチャー京都、第2日曜「季節の気功」は一日参加もok。
東山が見える部屋で、静かな深い集中と楽しい学びのあるクラスです。
10月の内容から、お届けします。

*この季節のポイント「腎臓」については、
月イチ配信「Monthly Live」10/1o「免疫と腎臓」のお話と実習も参考にしてください。

   2021/10/10 於:朝日カルチャー京都 天野泰司

・・・・・・・

秋は、春(旧暦1〜3月)の変化を見越して足腰の力をつけていく時。
気温が下がり、体は徐々に不活性化していく。
動きが制限されてくるので、うまく使うことを体が考える。
最初の方向づけでその後がスムーズになるため、
秋に色々な影響を抜いていくことが大切。

汗をかかなくなり、腎臓を中心に泌尿器系に負担がかかる。
中医学の「腎系」、経絡としての「腎」には多様なものが含まれる。
冬は腎、先天の生まれながらに持つエネルギー。寿命を決めているのが腎機能。

腎臓では、血液をろ過して尿を作るが、塩分、糖分、栄養や毒素などを見分け、
モニターしながら選別していく。
腎臓と副腎の中でホルモンも作られる。例えば高山に登ると、腎臓が感知して骨髄からホルモンを出し、赤血球を増やす。貧血気味になると腎臓がフォローする。
中医学では心と腎がセット。大切な臓器であることを、昔の人は気づいていた。
心臓の収縮力も、血圧を感知して腎臓からメッセージが送られる。

腎臓が元気だと、生きていること自体に肯定的に、
腎臓が疲れると、生きていることに迷う、つまり腰が決まらない状態に。
秋は生命力を上げていく土台をつくる季節。

女性は副腎から微量の男性ホルモンが出ていて、精力、活力の元となる。
体の衰えと関係する。

腎臓の疲れを解消するには、体のねじれを解消すること。
体を動かす基本、腰椎の真ん中「腰椎3番」がポイント。

[腎臓のてあて〜足腰をなでる〜足首のてあて〜心がおちつく やさしい気功

頭をゆるめていくことも大切。

[頭頂部てあて〜目の真裏「妊娠活点」てあて〜顎関節、耳の前のてあて〜眠の法]

[立って動く]足腰を使いながら、各関節にスプリングが入っているようにのびのびと。

(純)

 

 

 

 

 

2021.10.09

Monthly Live 10/11配信!

すっかり秋らしくなり、虫の音が聞こえてきます。

10/11(月)午後2時〜、 配信です !

   *画像をclick !*

免疫強化シリース第7回目。 10月のテーマは、腎臓。
肝腎要と言われるように、生命活動を保つためにとても大切な臓器。
腎臓は、血液を濾過して尿をつくりますが、
血液中の成分をモニターしながら 要るものと要らないものを分け、
いい血液の状態をいつも保とうとしています。
良質な血液循環がなければ免疫のネットワークも働きませんから、
腎臓は免疫系のバックヤードのようなところ。
副腎の働きも含めて、腎臓全体を元気にして、
気血のめぐりを良くしていきましょう。 (天野)

気功協会の You tubeチャンネルからもご覧になれます。
「気功のひろば」HPの左上にも、赤いYoutubeマークがあります。
時間になると、ライブ配信が始まります。
終えてからも見ることができます。無料。カンパ歓迎 !

時間になると、お部屋が教室になるライブ配信。
お部屋を少し片付けて、お水やタオル、メモも手元に。
ご一緒に、いま必要なことを。午後2時、お待ちしています。(純)

 

 

2021.09.13

「治る力と体癖」受付中

3回連続web講座、 「治る力と体癖」。
第一回のLive配信が、終了しました。
ときに大爆笑、ときに考えさせられ、最後の気功ですっかりゆるみ。
体癖全体の説明もありましたし、
特に首が長く考え込みがちの「上下型」の方には、ぜひ見ていただきたいです。

今から申し込みされると、1回目は動画記録ですぐに。
2回目からは、ライブでごらんになれます。
都合が合わなくても、後から何度でも
同じアドレスで見ることができますよ。

野口晴哉氏の整理した「体癖」。
毎年の人気講座を、初めてweb公開です♪

案内動画はコチラ!

体癖は、とても面白いです。
私はこんな性格、と思っていたのは、体の偏りだった。
あの人の行動・思考パターンは、体の癖だった。・・目から鱗。
私を見る目が変わり、知人や家族、友達をより理解できるので、
生きていくのが、なんだか楽になります。
あの人難しいなぁ、と思ってたのも、なんだ、この体癖なら無理もないわ、と。

体癖は主に、上下、左右、前後、ねじれ、開閉の10パターン。
5つの腰椎や、季節とも対応しています。
詳細は「講座案内」のページからどうぞ。

会報「気功生活」最新の126号でも、天野が渾身の特集をしました。
私もペンで絵を描いて、楽しいページになっています。
講座中はお手元に、またお持ちでない方には
どなたにも、無料でお送りしますので、問い合わせフォームから
「最新号希望」としてお送りください。

晴哉先生のご本も、ちくま文庫から出ていますが、
天野から聞くと、何よりとてもわかりやすい !

アーカイブ(終了後)も、同じURLでご覧になれます。
メールで私から届いた文字列(Youtubeアドレス)をクリックするだけです。

会報「気功生活 」126号はテキストのような役割をします。
初めての方にはお送りする時間も必要なので、
余裕をもってお申し込みくださいね。

では、お申し込みお待ちしています。
これからの配信も、
楽しみにしていてくださいね !(純)

 

 

2021.09.09

Monthly Live 9/10配信!

すっかり秋らしくなり、虫の音が聞こえてきます。

明日、9/10(金)午後2時〜、 配信です !

   *画像をclick !*

免疫強化シリース第6回目。
9月のテーマは、盲腸。 免疫細胞の7割が腸にあり、
腸の中でも盲腸の虫垂には、重要なリンパ組織があります。
ウイルスや細菌の内部への侵入を防いだり、腸内細菌のバランスを保つ他、
予防接種など、体に大きな負担のかかる中毒症状が生じた時に、 大活躍してくれるとても大切な場所。
肝臓と連携し、体の積極性とも関連していますので、
盲腸を元気にし、大きな免疫力と解毒力を引き出すための方法を学びましょう。 (天野)

気功協会の You tubeチャンネルからもご覧になれます。
「気功のひろば」HPの左上にも、赤いYoutubeマークがあります。
時間になると、ライブ配信が始まります。
終えてからも見ることができます。無料。カンパ歓迎 !

時間になると、お部屋が教室になるライブ配信。
お部屋を少し片付けて、お水やタオル、メモも手元に。
ご一緒に、いま必要なことを。午後2時、お待ちしています。(純)

 

 

2021.08.29

ぐっすり眠る気功 〜朝日カルチャー中之島 講義録

質問や発言も多く、ひとつのクラスのような楽しい雰囲気で終わりました。
音声記録からまとめました。

   2021/7/22 於:朝日カルチャー中之島 天野泰司

・・・・・・・

マスク着用のみではウイルスの感染予防効果に明らかな有意差がない。
環境やエチケットには適切に気を配りつつ、息苦しいほど防備しすぎないことも大切。

コロナ予防にいちばん大切なのは、呼吸。
肺の中まですーっと大きく吸えて、自然に吐ける状態だと冒されにくい。
自ずと息が深いのが、肺の血流がよい状態。体が本来の活発さを保っている時は、
ウィルスがやってきた最初の時点で排除する。
私たちの中にそうした体の機能がある。

最初の段階、ウィルスが入る前にくいとめることが大切。ワクチン接種では実現しない。

体表面=口、鼻、消化管の中、腸の内側といった、表面が内側になっている部分は
粘膜系になっていて、入ってくる細菌やウィルスを免疫の力で防ぐ。
その「自然免疫」の強化が大切。
大人はかかった病気への免疫を持っていて、子供達は自然免疫の働きが活発。
今回の感染症に子供は強い。自然免疫の力にもっと光をあてるべき。

息が深くなると、口鼻の中、のど、気管、肺の自然免疫が上がる。
肺の血行がよくなると呼吸が自然に深くなる。
そのポイントが、鎖骨のくぼみ。

肺、腕、頭の血のめぐりの急処。
そして、体の末端から心臓へ戻ってきたリンパ液の最後の通過地点なので、
リンパの流れにも大切な処。
リンパの大きな働きは免疫細胞。
リンパ節は首、腋窩、腸、鼠蹊部などにあり、要所に免疫細胞が集まって
感染症などをくいとめている。リンパの流れがよいと自然免疫も強い。

血液とリンパの流れの要所「鎖骨のくぼみ」を毎日チェックして、気持ちよくやわらかに。
自分で感染防止、免疫力を上げていくことができる。
呼吸器疾患に結びつきやすい肺の病気に大切。
鎖骨のくぼみがやわらかいと、インフルエンザの予防接種は必要ない。
コロナもほとんどかからない。


[鎖骨のくぼみを押さえる]右→左の順で、肺の方向へ。
脈打つ感覚があれば力をふっと抜いて。不安も抜ける。
右側は頭の血が下りる、暑い時にも。
左側は頭に血が上がる側。貧血にも良い。

続いて[ころなの気功]。
胸の前をなでる。
年齢が上がると免疫細胞や、新しい細胞が生まれるのが少なくなる。
胸骨は新しい免疫細胞が生まれてくる代表的な場所。
自分の体がどのくらい免疫細胞を持っているかが大切。
接種は体にも負担、自分で防いでいけるように。

胸腺のてあて。
自分にとって役立つもの、必要でないものを分けるのが免疫の働き、
そのバランス調整をしている場所。
あたたかさがてのひらから伝わる。

少しゆれて。腰がのびて、指をひらく。

…こうして、毎日自分で感染予防ができる。
感染しても悪化が抑えられる。呼吸器系の症状が出た時に思い出して。
急に楽になる。

そして、息が深くなると、眠りが深くなる。


[後頭部中央のてあて]
延髄のあるあたり、動物の生命維持に関わる中枢、眠りが深くなるポイント。
一点を指をあてても、掌でも良い。
すっと指の止まる、呼んでくる場所。ゆっくりあてて、ゆっくりおろす。
起きた時や、お昼休み、寝る前にも。

動きの速度を変える。
ゆっくり動くことで、忙しく働いている時と意識状態が変わる。

意識のチャンネルの変化が、心理的リラックスにとても大切。

神経的な緊張をゆるめるには、頭をゆるめること。
大脳の働きと直結している、目の温湿布が有効。
気持ちよい温度→さめて絞り直す→温かい、という温度変化でゆるむ。



[心がおちつく やさしい気功]…頭から順に、下へゆるめていく。
体の調子をわかってあげることが大切。
一番疲れているところを見つけて、丁寧に。眠りが深くなる。

根本の体力がついてくると、活発に動くようになり、自然に眠りが深くなる。

動きやすいところから楽に動くと、休めるようになる。

活動しては体力を回復する、「うごいて休む」バランスが取れていく。

より活動的になると、より深く休める。
その波が大きくなるように、後頭部のてあて、おなかのてあてをするとよい。
自分の力で回復し、息深く眠れるようになる。

病は、体を大きく変えていこうとする積極的な働き。


熱、せき、痛み、症状が出てくることは、動いて反応しているということ。

「この山を越えたら、深い休息がやってくるんだな」とイメージして、症状を手助けする。

例えば熱が出たときは、まず足湯。差し湯をし、赤くなりにくいほうを追加で温める。

発汗が良くなり、細菌と戦う力が出てくる。ピークが早くなる。

熱は上がり切ったら必ず下がる。熱が下がったら、血流や、鼓動、呼吸も静かになる。
平熱以下になった時によく休む。


そして、スムーズに変化していくように、背骨をほぐしておく。
背骨は首の上から尾骨まで、全体がゆれる構造をしていて、ひとつ動けば全部動く。
背骨がやわらかく、滞りなく動いていることで運動は十分にできる。
[立って動く・ゆする~胸をひらく~開合]

 

2021.08.27

「気功生活」作成中 !

長雨のあとの暑さ、いかがおすごしですか。

すすめている春秋社「治る力」電子版の校正を終えて、
「気功生活」126号の作成に入りました。

今回は、次回web講座「治る力と体癖」に向けて
「体癖」を、天野がまとめていこうとしています。
ここ数日で、形になるはずが
先程から急に、天野のpcから大きなモーター音が…。
検索した方法で軽減されましたが、
バッテリー交換が必須であることが判明。

よく使っているし、前の事務所の暑さ疲れや
配信の負担なども出てきた模様・・涙
さっそく修理を予約しました。
アップルストアが近くて良かった。

明日、修理に行ってきます!
早期解決を望みつつ
いま、バックアップ中です。。
原稿を進めていたはずなのに、なんと。。
(純)

2021.08.12

「ころなと七夕」受講可能。

土曜日8/14、旧暦の七夕。
一日講座「ころなと七夕」、アーカイブ(動画記録)で受講できます。
配信は終わりましたが、申し込みの方には同様に
天野がアドバイス返信いたします。申込
コロナへの注意と不安を分け、不安をいったん下ろす。
そして心の自然な動きを取り戻し、新しい視点、思い叶う心の状態に。
短冊も書いてみましょう。笹も届けて頂き、雨の中、充実の2時間でした。
*天野が10日の「Monthly Live」で詳しく話しています。1:14あたりから。
今月は山科での講座が1日だけだったので、
教室に来られている方もぜひ、3週目の代わりにどうぞ。
今年は盆踊りはないけれど、願いをじっくり書く時間をとってくださいね。
いつもありがとうございます、申込おまちしています。(純)

img_04