気功のひろば

ブログ

2019.11.08

季節の気功・霜月

天野は引き続き、春秋社さん新刊『季節の気功(仮)』
「秋」の章を執筆中です。今日中に仕上がるかな^^

講座のほうは、
ちょうど今週土曜日、11/10(日)
京都朝日カルチャーで「季節の気功・霜月〜冷えに強くなる」です。

講座のほうは、おそらく昨日upした「感覚を高める」という話も出るかな・・と思いますが
中心はすでに「冷え」、
朝晩すこし冷える時も出てきました、ちょっと先取りで対策が吉ですね。

内容の案内は

「冷えは、筋肉の収縮過多です。
寒いときには体を縮めて守りますが、
ぎゅっと縮んだまま固まってしまうと、それ以上縮めないので、
却って冷えを強く感じ、寒さの影響を受けやすくなってしまいます。

だから、冷えに対して大切なことは、
冷えないように防備するのではなく、
緊張した筋肉をできるだけ速やかにゆるめること。

特に、足の筋肉の緊張は、骨盤の動きにブレーキをかけて
体の火の気が消えたようになりがちなので、
足をよくふったり、なでたり、指を開いたり、
足湯をして足をゆるめるとよいものです。

縮んだ足の筋肉をゆるめると、骨盤が動き出し
体が芯からホカホカしてきます。」

となっています。
13-15時半、椅子式で東山も見えて、気持ちのよい時間を過ごしていただけます。
どなたでも参加できますよ。
*来年の「気功の学校」に興味ある方は必須。

詳細・申し込みはこちらから。
(純)

2019.11.07

感覚の際立つ季節

天野は、春秋社から発行の決まった
新刊「季節の気功(仮)」絶賛執筆中です。
今日、初夏と夏の原稿が送れるよう、
最後の校正中。。

木曜の朝日カルチャー京都が終わって、
高野山合宿の南海特急の予約を取ろうとしたけど
JTBは手数料1100円とのこと。。
webで取ることにして
三条・梅園の二階で休憩しています。

pcに向かうことが続く中でも
木曜カルチャーはほんとにありがたい存在。
今の自分を知り、
リセットさせてくれます。

音楽に合わせてしっかり動いた後、
晴天の、今日のお話は
感覚の際立つ季節、について。

・・・・・
紅葉が始まって、鴨川沿いが今とても美しい。
秋は、感受性の高まる季節。

美しいと感じるのは、生命の持つ働き。
身体の内の何かと、響きあう。
瞬間にきらめくものに出会い、心が動く。
それは生きている本質。

美しさに出会うために生きている。
秋は、素直に、そうしたものに目が行く季節。
春はそのものとの一体感でいっぱいになる感じ、
秋は繊細で細やかに感じる。

いま、その気持ち良さを遠慮なく味わうとよい。
瞬間に、深く、自分をなくして。
・・・・・

手をていねいになでてから、「心がおちつく やさしい気功」。
きょうもよい時間でした。(純)

2019.11.05

剪定日和

きょうは会員のよしふみさんが、庭の剪定をしてくださっています。

1時間余で裏庭がスッキリ。

午後から前庭。大木になってきたモクレン、金木犀もすかしていただいて、
気持ちよくなりそう。楽しみです。(純)

2019.11.02

更年期はからだの秋

11/4(祝)「更年期は体の秋」開講です !

更年期特有の症状は、大きな体の変化についていけなかったり、
過去の私のつもりで、つい無理をするため。
丁寧に心身の緊張をほどいていくと、繊細な感覚で満たされた
秋のような心地よさと、心地よい心身が。
年齢性別問わずどうぞ。

申込要、あと5名ほど参加可能です。

内容 * 体ほぐし/更年期の体の変化/手放すということ
   心を洗う気功とてあて/新しい生活の準備

ご夫婦、親子、パートナー、ペア参加歓迎。
会場は和室です。楽な、ゆったりした普段着で。
来年の「気功の学校」に興味のある方も、ぜひいらして
山科の雰囲気を体験してください。

詳細・申込 https://npo-kikou.com/lecture/?p=858

2019.11.02

self2巻・気功生活 発送しました !

10/29(水)、「通信講座self」第二巻、
11/1(金)に「気功生活」115号をお送りしました。

表紙は、左京区北白川の、京大の人文学研究所の建物です。
秋の空がとても美しいですね。

「気功生活」115号は、読んでみたい方にも無料でお送りしています。
出版物のページから「最新号送付希望」→
「115号希望」と書いて、ご住所などお送りください。

新しい「気功の学校2020」「朝日カルチャー」のチラシ
「おちつく気功」「肩の荷」パンフレットもお入れできます。

・・・・・・・
115号の目次は

天災と人災 天野泰司
蔦町の家 番外編 〜蔦町基金 森田 徹
特集・いのちの学校
 人生の秋〜更年期・成熟期
 はぐくむ 講義録・感想
再読・子どもの幸せのために
The Book of Life 10/15・11/2
禅密高野山合宿・三円功・気功の学校2019   
秋明菊   吉田純子
けいじばん・お知らせ 

・・・・・・

「天災と人災」「いのちの学校」特集は必読。
送料などカンパも歓迎です^^

(純)

2019.10.25

明日 中之島です !

台風に大雨と、秋晴れが少なく心落ち着かぬ日々が続きました。
明日、10/26(土)10時ー12時
朝日カルチャー中之島「秋の気功 心が澄みわたる」へどうぞ。
手や顔をなで、のびのびと動き、
心落ち着けて自分を取り戻してください。

以下、内容です。

・・・・・
涼しくなると、感覚が繊細に働くようになり、
美しいものや秋の味覚にしみじみ感動したり、
以前の辛さや悲しみも浮かんできます。

「心の感度」が高まっている秋には、心の整理整頓がすーっと進みます。
体の隅々までていねいにゆるめることで、
緊張がほどけて、広々とした自由な心へと戻っていきます。

心が切り替わると、体調も大きく変わります。
秋の健康法もいっしょに学びましょう。

会場は眺めの良い、
フェスティバルホール上階のスタジオ。
都会のオアシスでしばし、羽を休めて深い休息を。

*会場は、フローリングで椅子式です。
ゆったりした普段着、あれば上履きか靴下持参でお越し下さい。

申し込みは朝日カルチャーに直接。
当日は tel.06-6222-5222 へ。(純)

2019.10.12

10/13「季節の気功」開講します。

10/13朝・追記/ 開講しまーす !

大変な目に遭われているみなさまに、心からお見舞申し上げます、
よく晴れて、はやく水がひいて、行政の助けや人手が、お金もしっかり集まって
片付けがスムーズに進むことを願っています。

集まりましょう。せめて、暖かい思いをとどけましょう。
天野は落ち着いて行動しています。どうぞ安心して、お越しください。
(純)

・・・・・・・

長く雨が続く京都です。
風は強くなったり、落ち着いたりで、夕方にまた強くなる予報ですが
明日、10/13は
午前に雨が止むそうなので、
13時からの講座、朝日カルチャー京都「季節の気功」は、開講の予定です。

朝日カルチャー京都 10/13・10時から当日受付(12日は休館)
お電話でどうぞ。
tel.075-231-9693
(純)

2019.10.08

10/13「季節の気功」腰を楽に、です。

涼しくなりました。
のどが痛かったり、腰が重かったりしていませんか。

10/13日13:00〜「季節の気功~腰が楽になる」、
朝日カルチャーセンター京都で開講です。

腰痛の原因は、腎臓の疲れと体のねじれ。
涼しくなって腎臓の負担が増えて疲れやすくなるのと、
寒さに堪えられるよう、ねじった体勢をとるので、
無理な力がかかると腰を痛めてしまいます。

腰痛予防には、腰のねじれをとる動き、腎臓を温めるてあてが効果的。
無理のない、やさしい繰り返しの動きと「てあて」で、
ねじれをとり、深いところから腎臓を元気に。

どなたでも、お越しください。台風が過ぎてくれるといいなー。
申し込みは朝日カルチャーまで。
http://npo-kikou.com/lecture/?p=866

(純)

2019.10.04

self 受付終了・新刊予定

「通信講座・self」、28期の受付を終了しました。
次期は来春3月の受付です。

お申し込みのみなさんから、順々に
「目標設定」が送られてきています。
3ヶ月、どうぞよろしくお願いいたします^^

天野は、並行して、来春
春秋社さんから刊行予定の
新刊『季節の気功』の執筆にかかりました。
毎第二日曜、朝日カルチャー京都のロングラン講座
理事会や、総会でもリクエストのいちばん多かったご本です。

きのう私が「序章」の校正を終え、
あまのが「第1章」を続けて書いているところです。
あいだに、会報「気功生活」の編集発行をはさんで、
来月あたり。。書き終えられるかな。

どうぞ楽しみに、
また、詳しくおしらせしますね。(純)

2019.09.30

selfの感想 〜心の中の森とつながる

「通信講座self」ご受講のかたから、
前回27期を終えた感想をいただきました。
会報「気功生活」にのせたものを、
許可を得て、転載させていただきます。
selfは、あと数日受け付けますね。(純)

・・・気功という森と出会って・・・・・hottea・・

16年前、うつ病になりました。
仕事を辞めて休養、時を経過してもいっこうに良くなる気配がなく、
どうすればよいのかわからず、無気力になり、
半分ひきこもりのような生活を送っていました。
何かの契機になればと、自己啓発系のワークショップに参加。
そのテキストに引用されていたのが、天野先生の御本『治る力』でした。

翌年、引っ越し、一大決心で新天地へ移ったものの、体調は悪化、
さらにいくつもの病気になりました。病院や鍼灸の治療に通う日々、
不安にさいなまれていた中、ふと、『治る力』をきちんと読んでみようと思ったのです。
本を読むことは至難の業でしたが、
常識として身につけてきたこととは80度違うと感覚的に思いました。

例えば、病気になるのは才能だ(!)と。ギャップに戸惑い、半信半疑でも
目からウロコの連続で、知らないもうひとつの世界を覗いているよう。
それから、私は気功の世界に魅かれるようになったのです。

*Selfの魅力

病気で体力もなく、京都まではとても通えない状態で、
幸い通信講座「Self」があることを知り、受講することにしたのです。

当時は身体も心も本当にガチガチで、
気功の動きをしても、気持ち良さや身体の変化をまったく感じられず、
早くこの状態をなんとかしたい!と、気合たっぷり。
天野先生からは、「気功は、よくなりたいと強く意識しているときより、
ただ気持よく楽しんでいるときに、大きな効果を発揮するものです」
とアドバイスをいただきましたが、どうやって
気持ちを楽に持てばよいのか、まずわかりません。

そんな状態でも無理なく行えたのは、「未来のために種をまくこと」でした。
Selfの一番の醍醐味は、目標を設定することにあります。
3ヶ月間の最初に、夢や目標を決めて、過去形で書き記します。
願いがより叶いやすい書き方を先生に指導していただけるのが魅力です。
書くだけで叶うなんて嘘みたいだと思いましたが、
忘れたころにひょっこり叶っていたりするので、驚きました。

Selfの時はもちろん、それ以外の時も、ちょこちょこと
目標や願いを書くことを続けました。
並行して、「幸福感の先どり」も、気軽によく行っていました。
当初はついネガティブな言葉ばかり使っていましたが、何回も受講するうちに、
書き方が上手になったとほめられるようになり、
少しずつでも自分が進歩していることがわかり、うれしく思いました。

もう一つの魅力は、先生に直接メールで質問ができることです。
天野先生はいつも、どんな質問にも丁寧に答えてくださいます。
質問なんでもOKな場所というのはあまりないので、貴重でありがたく思っています。

*心の森

何より、そういう場を通して、どこか広大なところと
つながっているような気がして、心が広くなり、とてもほっとするのです。
からだや気功の世界は、まるで深く静かな森のよう。
心の世界にそういう場を持つことは、とても大切で自然なことだと思います。
私は気功のお陰で、そのことに気付きました。

春先に、今年は変化の年なのではと、何となく感じていました。
心や身体が妙に不安定で、状態がコロコロ変わります。
つらいけれど、からだが刻々と動いているような感じも伝わってきました。
自身のバージョン・アップがスムーズに行われるよう、
できることをしようと、この春もSelfを受講することにしました。5回目でした。

*27期を終えて

途中から、何か変わってきた感じがありました。
一番大きな変化は、好き、楽しいと思う方へ、素直に行けることです。
気持ちが解放されて、すごくほっとしています。

習慣でつい急いでしまうと、「ゆっくりでいいよ」と、心の声が聞こえるようになりました。
身体の症状が多かったり、心が不安定だったりもしますが
「きっと大丈夫」と、どこかで思うようになりました。
根本的な安心が得られるようになってきたことは、とても大きなことです。

夢が見つかったことも、うれしい変化でした。
書くことを仕事にしたいと、強く思うようになりました。
やりたいことができたら、不思議とパワーがわいてきて、気持ちにハリが出てきました。

ふと、「主体的に」行動できるようになりました。
ほかの人の力を借りながらも、自分でもできることを始めました。そ
うしたら、まわりの色々なことが、とてもスムーズに流れ始めました。
これまでは、「自然」って一体どういうことなんだろうと思っていましたが、
ようやくわかり始めました。

最近、昔のことをよく思い出します。これまでの考え方や行動が、
不自然そのものであったことや、いかに自分を大切にしていなかったかということに、
改めて気付きました。
自分のためにできることで、まだまだできていないこともあります。
これから少しずつ、自然にできることがもっと増えたら、
さらに楽になっていくのではないかと思います。
私が元気になってきたら、夫や猫まで元気になり、
お互いの気って、本当に通い合っているんだなぁ…と実感している、今日この頃です。

・・・・・
hot teaさん、ありがとうございました !(純)

最近の記事

img_04