気功のひろば

ブログ

2019.11.30

高野山へ

11/16-17、「禅密高野山合宿」25名で、高野山へ。
前回2013年だったので、6年ぶり、宿坊は同じ普賢院です。

前日、準備をしつつランチにいった北白川・カフェグリル猫町(おいしい)、
ふと見ると、窓際に
禅密功を晩年に教えていただいた故・劉漢文先生を
一回り小さく、日本人にしたような方が。
短い髪に眼鏡、長袖のポロシャツ・・。
まだ高野山にいくという実感がなかったのですが、やはり行くんだ、と。

先に行かれていた方から「マイナス2度」など伺っていたので、
かなり寒いかと用心し、みなさんにもお知らせしたりしましたが
幸い6度ほども高く、好天に恵まれました。

寒暖差が大きかったためか、紅葉が最高に鮮やか。

以前と比べて、グループで来る外国客がかなり多く
ケーブルに乗り切れず、臨時便が来たのには驚きました。

ケーブル駅から普賢院さんまでのバスに乗り込んだものの、やはり混みこみ、
早めに着いている必要のある私達、
これは着いてもお昼が食べられないかもと、下りて駅前に一件だけある食堂に飛び込み、
バスはあきらめてタクシーへ。
運転手さんから
「海外の人はほとんど泊まって、翌朝早く出て次の場所へ行かれる」と伺えて
朝はすいている、とわかりました。

お寺に入ってしまえば一転、静かな時間に。
普賢院さんの室内やお風呂はきれいに改装され、寒さ対策もなされて
部屋には事前にエアコンを入れてくださるなど、心配りもありがたく、
快適度がかなりアップ。

講座1。
広い和室がありがたい。各所に般若心経の額やお軸。
空海の思想、西田天香さんの「無一物中無尽蔵」、禅密の「人天合一」。
それぞれの共通点、そしてやさしい気功の実習、禅密は陰陽合気法・天地部と人部を中心に。
心地よくまた深い内容です。

精進料理の夕食は、前回よりおばんざい的な感じ。
作る方が変わられたのかな。
お風呂はみな「あったかーい」と嬉しそう、

講座2。
野口晴哉先生のメソッドから「穴追い」など。ゆるんで就寝。

朝のおつとめ。本堂がいっぱいなのは
四国巡礼を終えた方の、お礼参りが多かった模様。
幸い前方に座り、御簾ごしに
きのうの講座で出てきた理趣経を読まれているのを間近で。

地下の仏舎利を見せていただき、オンマニペメホンとマニ車を回す。
ネパールから陸路で、シルクロード経由で持ち帰ってこられた由、
聖地のお砂ふみも。
朝食があたたかく、終えて散歩、なんとも清々しい。

弘法大師が中国から、法を広める場を求めて
法具の三鈷を投げ、この松の枝にかかったとされる「三鈷の松」。
松葉が二葉ではなく、三葉なのも不思議。

静かな、その辺りでのびのびと朝の気功。
空海が伝えたのと同じ頃の、古い密教を源流にする禅密功。
なかなかない貴重な時間です。

戻って講座3。
陰陽合気法・人部を深めます。

充実の合宿でした。
終えてからもよい風邪をひき、さまざまリセットになりました。
みなさんありがとうございました。(純)

2019.11.28

self最終巻 発送しました

昨日11/27、「通信講座self」3巻目を発送しました。
28期の最終回です。早いですね。美しい季節、安心して感覚を開き
健やかな秋をお過ごしください。

学級通信の、カレンダー裏にある
天野の、季節のおたよりをみなさまにもおすそ分けしますね。

・・・・・・・・
乾いたら 水を飲む

冬は乾燥の強いシーズン。
最も水分補給の大切な時期です。

水が不足してくるといろんな違和感や症状が出てきます。

皮膚がカサカサしてきて、かゆみが出てくる。
関節の動きがカクカクして、運動が不自然になる。
たんがからんで、咳が出る。
風邪や喘息的な症状になる。
尿が濃くなり、回数が増える。
体がむくみ、だるくなる。
胃が痛む。
目が疲れやすく、肩が凝る。
頭の血が降りにくくなり、頭痛がする。
神経痛やリウマチ的な症状が出てくる。

腹部が整っていて、こうした症状が出てくるようであれば、
そのほとんどは水の不足です。

暖かい鍋や汁物を多くして、
本格的に暖房が入り始めたら、冷たい水をちょっとずつ
味わうように飲むようにしましょう。

ねじりのふりこや
体をゆする動きをして、
それから水を飲むと、とても吸収がよくなります。
また、朝起きた時や、運動や入浴の後も
とてもよいタイミングです。

水を飲むときには、
心をおちつけて、体の潤いを感じてみましょう。
お腹に降りていった水が、
お腹から全身へ広がるような感覚をイメージしながら、
一口ずつ、ていねいに飲んでください。
そうした飲み方のことを「霊飲」と言います。

・・・・・・
「気功の学校」来季の募集も始まっています。
再受講のかたも、お申し込みおまちしています。

(純)

2019.11.08

季節の気功・霜月

天野は引き続き、春秋社さん新刊『季節の気功(仮)』
「秋」の章を執筆中です。今日中に仕上がるかな^^

講座のほうは、
ちょうど今週土曜日、11/10(日)
京都朝日カルチャーで「季節の気功・霜月〜冷えに強くなる」です。

講座のほうは、おそらく昨日upした「感覚を高める」という話も出るかな・・と思いますが
中心はすでに「冷え」、
朝晩すこし冷える時も出てきました、ちょっと先取りで対策が吉ですね。

内容の案内は

「冷えは、筋肉の収縮過多です。
寒いときには体を縮めて守りますが、
ぎゅっと縮んだまま固まってしまうと、それ以上縮めないので、
却って冷えを強く感じ、寒さの影響を受けやすくなってしまいます。

だから、冷えに対して大切なことは、
冷えないように防備するのではなく、
緊張した筋肉をできるだけ速やかにゆるめること。

特に、足の筋肉の緊張は、骨盤の動きにブレーキをかけて
体の火の気が消えたようになりがちなので、
足をよくふったり、なでたり、指を開いたり、
足湯をして足をゆるめるとよいものです。

縮んだ足の筋肉をゆるめると、骨盤が動き出し
体が芯からホカホカしてきます。」

となっています。
13-15時半、椅子式で東山も見えて、気持ちのよい時間を過ごしていただけます。
どなたでも参加できますよ。
*来年の「気功の学校」に興味ある方は必須。

詳細・申し込みはこちらから。
(純)

2019.11.07

感覚の際立つ季節

天野は、春秋社から発行の決まった
新刊「季節の気功(仮)」絶賛執筆中です。
今日、初夏と夏の原稿が送れるよう、
最後の校正中。。

木曜の朝日カルチャー京都が終わって、
高野山合宿の南海特急の予約を取ろうとしたけど
JTBは手数料1100円とのこと。。
webで取ることにして
三条・梅園の二階で休憩しています。

pcに向かうことが続く中でも
木曜カルチャーはほんとにありがたい存在。
今の自分を知り、
リセットさせてくれます。

音楽に合わせてしっかり動いた後、
晴天の、今日のお話は
感覚の際立つ季節、について。

・・・・・
紅葉が始まって、鴨川沿いが今とても美しい。
秋は、感受性の高まる季節。

美しいと感じるのは、生命の持つ働き。
身体の内の何かと、響きあう。
瞬間にきらめくものに出会い、心が動く。
それは生きている本質。

美しさに出会うために生きている。
秋は、素直に、そうしたものに目が行く季節。
春はそのものとの一体感でいっぱいになる感じ、
秋は繊細で細やかに感じる。

いま、その気持ち良さを遠慮なく味わうとよい。
瞬間に、深く、自分をなくして。
・・・・・

手をていねいになでてから、「心がおちつく やさしい気功」。
きょうもよい時間でした。(純)

2019.11.05

剪定日和

きょうは会員のよしふみさんが、庭の剪定をしてくださっています。

1時間余で裏庭がスッキリ。

午後から前庭。大木になってきたモクレン、金木犀もすかしていただいて、
気持ちよくなりそう。楽しみです。(純)

2019.11.02

更年期はからだの秋

11/4(祝)「更年期は体の秋」開講です !

更年期特有の症状は、大きな体の変化についていけなかったり、
過去の私のつもりで、つい無理をするため。
丁寧に心身の緊張をほどいていくと、繊細な感覚で満たされた
秋のような心地よさと、心地よい心身が。
年齢性別問わずどうぞ。

申込要、あと5名ほど参加可能です。

内容 * 体ほぐし/更年期の体の変化/手放すということ
   心を洗う気功とてあて/新しい生活の準備

ご夫婦、親子、パートナー、ペア参加歓迎。
会場は和室です。楽な、ゆったりした普段着で。
来年の「気功の学校」に興味のある方も、ぜひいらして
山科の雰囲気を体験してください。

詳細・申込 https://npo-kikou.com/lecture/?p=858

2019.11.02

self2巻・気功生活 発送しました !

10/29(水)、「通信講座self」第二巻、
11/1(金)に「気功生活」115号をお送りしました。

表紙は、左京区北白川の、京大の人文学研究所の建物です。
秋の空がとても美しいですね。

「気功生活」115号は、読んでみたい方にも無料でお送りしています。
出版物のページから「最新号送付希望」→
「115号希望」と書いて、ご住所などお送りください。

新しい「気功の学校2020」「朝日カルチャー」のチラシ
「おちつく気功」「肩の荷」パンフレットもお入れできます。

・・・・・・・
115号の目次は

天災と人災 天野泰司
蔦町の家 番外編 〜蔦町基金 森田 徹
特集・いのちの学校
 人生の秋〜更年期・成熟期
 はぐくむ 講義録・感想
再読・子どもの幸せのために
The Book of Life 10/15・11/2
禅密高野山合宿・三円功・気功の学校2019   
秋明菊   吉田純子
けいじばん・お知らせ 

・・・・・・

「天災と人災」「いのちの学校」特集は必読。
送料などカンパも歓迎です^^

(純)

2019.10.25

明日 中之島です !

台風に大雨と、秋晴れが少なく心落ち着かぬ日々が続きました。
明日、10/26(土)10時ー12時
朝日カルチャー中之島「秋の気功 心が澄みわたる」へどうぞ。
手や顔をなで、のびのびと動き、
心落ち着けて自分を取り戻してください。

以下、内容です。

・・・・・
涼しくなると、感覚が繊細に働くようになり、
美しいものや秋の味覚にしみじみ感動したり、
以前の辛さや悲しみも浮かんできます。

「心の感度」が高まっている秋には、心の整理整頓がすーっと進みます。
体の隅々までていねいにゆるめることで、
緊張がほどけて、広々とした自由な心へと戻っていきます。

心が切り替わると、体調も大きく変わります。
秋の健康法もいっしょに学びましょう。

会場は眺めの良い、
フェスティバルホール上階のスタジオ。
都会のオアシスでしばし、羽を休めて深い休息を。

*会場は、フローリングで椅子式です。
ゆったりした普段着、あれば上履きか靴下持参でお越し下さい。

申し込みは朝日カルチャーに直接。
当日は tel.06-6222-5222 へ。(純)

2019.10.12

10/13「季節の気功」開講します。

10/13朝・追記/ 開講しまーす !

大変な目に遭われているみなさまに、心からお見舞申し上げます、
よく晴れて、はやく水がひいて、行政の助けや人手が、お金もしっかり集まって
片付けがスムーズに進むことを願っています。

集まりましょう。せめて、暖かい思いをとどけましょう。
天野は落ち着いて行動しています。どうぞ安心して、お越しください。
(純)

・・・・・・・

長く雨が続く京都です。
風は強くなったり、落ち着いたりで、夕方にまた強くなる予報ですが
明日、10/13は
午前に雨が止むそうなので、
13時からの講座、朝日カルチャー京都「季節の気功」は、開講の予定です。

朝日カルチャー京都 10/13・10時から当日受付(12日は休館)
お電話でどうぞ。
tel.075-231-9693
(純)

2019.10.08

10/13「季節の気功」腰を楽に、です。

涼しくなりました。
のどが痛かったり、腰が重かったりしていませんか。

10/13日13:00〜「季節の気功~腰が楽になる」、
朝日カルチャーセンター京都で開講です。

腰痛の原因は、腎臓の疲れと体のねじれ。
涼しくなって腎臓の負担が増えて疲れやすくなるのと、
寒さに堪えられるよう、ねじった体勢をとるので、
無理な力がかかると腰を痛めてしまいます。

腰痛予防には、腰のねじれをとる動き、腎臓を温めるてあてが効果的。
無理のない、やさしい繰り返しの動きと「てあて」で、
ねじれをとり、深いところから腎臓を元気に。

どなたでも、お越しください。台風が過ぎてくれるといいなー。
申し込みは朝日カルチャーまで。
http://npo-kikou.com/lecture/?p=866

(純)

最近の記事

img_04