気功のひろば

ブログ

2021.09.13

「治る力と体癖」明日配信 !

3回連続web講座、 「治る力と体癖」。
第一回が9/18(土)10-12:30、Live配信です!

*本日17(金)午後までに申し込みされると、
ライブでごらんになれます。
後からも見られるので、後日の申込も可能です。

野口晴哉氏の整理した「体癖」。
毎年の人気講座を、初めてweb公開です♪

案内動画はコチラ!

体癖は、とても面白いですよ。
私はこんな性格、と思っていたのは、体の偏りだった。
あの人の行動・思考パターンは、体の癖だった。・・目から鱗。
私を見る目が変わり、知人や家族、友達をより理解できるので、
生きていくのが、なんだか楽になります。
あの人難しいなぁ、と思ってたのも、なんだ、この体癖なら無理もないわ、と。

体癖は主に、上下、左右、前後、ねじれ、開閉の10パターン。
5つの腰椎や、季節とも対応しています。
詳細は「講座案内」のページからどうぞ。

会報「気功生活」最新の126号でも、天野が渾身の特集をしました。
私もペンで絵を描いて、楽しいページになっています。
講座中はお手元に、またお持ちでない方には
どなたにも、無料でお送りしますので、問い合わせフォームから
「最新号希望」としてお送りください。

晴哉先生のご本も、ちくま文庫から出ていますが、
天野から聞くと、何よりとてもわかりやすい !んです。

会員の方には、もう「気功生活」が届いているかと思います。
9/18の配信ですので、9/17(金)午前までにお申し込みください。
第一回のURLは17(金)夕方に、申込者にお送りいたします。

アーカイブ(終了後)も、同じURLでご覧になれます。
メールで私から届いた文字列(Youtubeアドレス)をクリックするだけです。

会報「気功生活 」126号はテキストのような役割をします。
初めての方にはお送りする時間も必要なので、
余裕をもってお申し込みくださいね。

では、お申し込みお待ちしています。
配信、
楽しみにしていてくださいね !(純)

 

 

2021.09.09

Monthly Live 9/10配信!

すっかり秋らしくなり、虫の音が聞こえてきます。

明日、9/10(金)午後2時〜、 配信です !

   *画像をclick !*

免疫強化シリース第6回目。
9月のテーマは、盲腸。 免疫細胞の7割が腸にあり、
腸の中でも盲腸の虫垂には、重要なリンパ組織があります。
ウイルスや細菌の内部への侵入を防いだり、腸内細菌のバランスを保つ他、
予防接種など、体に大きな負担のかかる中毒症状が生じた時に、 大活躍してくれるとても大切な場所。
肝臓と連携し、体の積極性とも関連していますので、
盲腸を元気にし、大きな免疫力と解毒力を引き出すための方法を学びましょう。 (天野)

気功協会の You tubeチャンネルからもご覧になれます。
「気功のひろば」HPの左上にも、赤いYoutubeマークがあります。
時間になると、ライブ配信が始まります。
終えてからも見ることができます。無料。カンパ歓迎 !

時間になると、お部屋が教室になるライブ配信。
お部屋を少し片付けて、お水やタオル、メモも手元に。
ご一緒に、いま必要なことを。午後2時、お待ちしています。(純)

 

 

2021.08.29

ぐっすり眠る気功 〜朝日カルチャー中之島 講義録

質問や発言も多く、ひとつのクラスのような楽しい雰囲気で終わりました。
音声記録からまとめました。

   2021/7/22 於:朝日カルチャー中之島 天野泰司

・・・・・・・

マスク着用のみではウイルスの感染予防効果に明らかな有意差がない。
環境やエチケットには適切に気を配りつつ、息苦しいほど防備しすぎないことも大切。

コロナ予防にいちばん大切なのは、呼吸。
肺の中まですーっと大きく吸えて、自然に吐ける状態だと冒されにくい。
自ずと息が深いのが、肺の血流がよい状態。体が本来の活発さを保っている時は、
ウィルスがやってきた最初の時点で排除する。
私たちの中にそうした体の機能がある。

最初の段階、ウィルスが入る前にくいとめることが大切。ワクチン接種では実現しない。

体表面=口、鼻、消化管の中、腸の内側といった、表面が内側になっている部分は
粘膜系になっていて、入ってくる細菌やウィルスを免疫の力で防ぐ。
その「自然免疫」の強化が大切。
大人はかかった病気への免疫を持っていて、子供達は自然免疫の働きが活発。
今回の感染症に子供は強い。自然免疫の力にもっと光をあてるべき。

息が深くなると、口鼻の中、のど、気管、肺の自然免疫が上がる。
肺の血行がよくなると呼吸が自然に深くなる。
そのポイントが、鎖骨のくぼみ。

肺、腕、頭の血のめぐりの急処。
そして、体の末端から心臓へ戻ってきたリンパ液の最後の通過地点なので、
リンパの流れにも大切な処。
リンパの大きな働きは免疫細胞。
リンパ節は首、腋窩、腸、鼠蹊部などにあり、要所に免疫細胞が集まって
感染症などをくいとめている。リンパの流れがよいと自然免疫も強い。

血液とリンパの流れの要所「鎖骨のくぼみ」を毎日チェックして、気持ちよくやわらかに。
自分で感染防止、免疫力を上げていくことができる。
呼吸器疾患に結びつきやすい肺の病気に大切。
鎖骨のくぼみがやわらかいと、インフルエンザの予防接種は必要ない。
コロナもほとんどかからない。


[鎖骨のくぼみを押さえる]右→左の順で、肺の方向へ。
脈打つ感覚があれば力をふっと抜いて。不安も抜ける。
右側は頭の血が下りる、暑い時にも。
左側は頭に血が上がる側。貧血にも良い。

続いて[ころなの気功]。
胸の前をなでる。
年齢が上がると免疫細胞や、新しい細胞が生まれるのが少なくなる。
胸骨は新しい免疫細胞が生まれてくる代表的な場所。
自分の体がどのくらい免疫細胞を持っているかが大切。
接種は体にも負担、自分で防いでいけるように。

胸腺のてあて。
自分にとって役立つもの、必要でないものを分けるのが免疫の働き、
そのバランス調整をしている場所。
あたたかさがてのひらから伝わる。

少しゆれて。腰がのびて、指をひらく。

…こうして、毎日自分で感染予防ができる。
感染しても悪化が抑えられる。呼吸器系の症状が出た時に思い出して。
急に楽になる。

そして、息が深くなると、眠りが深くなる。


[後頭部中央のてあて]
延髄のあるあたり、動物の生命維持に関わる中枢、眠りが深くなるポイント。
一点を指をあてても、掌でも良い。
すっと指の止まる、呼んでくる場所。ゆっくりあてて、ゆっくりおろす。
起きた時や、お昼休み、寝る前にも。

動きの速度を変える。
ゆっくり動くことで、忙しく働いている時と意識状態が変わる。

意識のチャンネルの変化が、心理的リラックスにとても大切。

神経的な緊張をゆるめるには、頭をゆるめること。
大脳の働きと直結している、目の温湿布が有効。
気持ちよい温度→さめて絞り直す→温かい、という温度変化でゆるむ。



[心がおちつく やさしい気功]…頭から順に、下へゆるめていく。
体の調子をわかってあげることが大切。
一番疲れているところを見つけて、丁寧に。眠りが深くなる。

根本の体力がついてくると、活発に動くようになり、自然に眠りが深くなる。

動きやすいところから楽に動くと、休めるようになる。

活動しては体力を回復する、「うごいて休む」バランスが取れていく。

より活動的になると、より深く休める。
その波が大きくなるように、後頭部のてあて、おなかのてあてをするとよい。
自分の力で回復し、息深く眠れるようになる。

病は、体を大きく変えていこうとする積極的な働き。


熱、せき、痛み、症状が出てくることは、動いて反応しているということ。

「この山を越えたら、深い休息がやってくるんだな」とイメージして、症状を手助けする。

例えば熱が出たときは、まず足湯。差し湯をし、赤くなりにくいほうを追加で温める。

発汗が良くなり、細菌と戦う力が出てくる。ピークが早くなる。

熱は上がり切ったら必ず下がる。熱が下がったら、血流や、鼓動、呼吸も静かになる。
平熱以下になった時によく休む。


そして、スムーズに変化していくように、背骨をほぐしておく。
背骨は首の上から尾骨まで、全体がゆれる構造をしていて、ひとつ動けば全部動く。
背骨がやわらかく、滞りなく動いていることで運動は十分にできる。
[立って動く・ゆする~胸をひらく~開合]

 

2021.08.27

「気功生活」作成中 !

長雨のあとの暑さ、いかがおすごしですか。

すすめている春秋社「治る力」電子版の校正を終えて、
「気功生活」126号の作成に入りました。

今回は、次回web講座「治る力と体癖」に向けて
「体癖」を、天野がまとめていこうとしています。
ここ数日で、形になるはずが
先程から急に、天野のpcから大きなモーター音が…。
検索した方法で軽減されましたが、
バッテリー交換が必須であることが判明。

よく使っているし、前の事務所の暑さ疲れや
配信の負担なども出てきた模様・・涙
さっそく修理を予約しました。
アップルストアが近くて良かった。

明日、修理に行ってきます!
早期解決を望みつつ
いま、バックアップ中です。。
原稿を進めていたはずなのに、なんと。。
(純)

2021.08.12

「ころなと七夕」受講可能。

土曜日8/14、旧暦の七夕。
一日講座「ころなと七夕」、アーカイブ(動画記録)で受講できます。
配信は終わりましたが、申し込みの方には同様に
天野がアドバイス返信いたします。申込
コロナへの注意と不安を分け、不安をいったん下ろす。
そして心の自然な動きを取り戻し、新しい視点、思い叶う心の状態に。
短冊も書いてみましょう。笹も届けて頂き、雨の中、充実の2時間でした。
*天野が10日の「Monthly Live」で詳しく話しています。1:14あたりから。
今月は山科での講座が1日だけだったので、
教室に来られている方もぜひ、3週目の代わりにどうぞ。
今年は盆踊りはないけれど、願いをじっくり書く時間をとってくださいね。
いつもありがとうございます、申込おまちしています。(純)
2021.08.09

Monthly Live 8/10配信!

早や立秋。台風、大丈夫でしたか。

明日、8/10(火)10時半〜、 配信です !

   *画像をclick !*

8月は、背骨。
背骨がスムーズに動き出すことで、胸が開き、
骨盤が動き、深い呼吸が自然にできるようになります。
そして特に、胸椎部のゆるみは
免疫の働きと大きく関係していますので、
背骨を整えて免疫の働きを盛んにし、
体丸ごと元気になっていきましょう。(天野)

気功協会の You tubeチャンネルからもご覧になれます。
「気功のひろば」HPの左上にも、赤いYoutubeマークがあります。
時間になると、ライブ配信が始まります。
終えてからも見ることができます。無料。カンパ歓迎 !

時間になると、お部屋が教室になるライブ配信。
お部屋を少し片付けて、お水やタオル、メモも手元に。
ご一緒に、いま必要なことを。10時半、お待ちしています。(純)

 

 

2021.07.30

トップページ更新 /「急に暑くなった日に」

*トップページを更新しました。
「コロナと気功・Uninstarl COVID-19 」
https://npo-kikou.com/uninstall_covid19/
天野の一文と動画でざっくりまとめました、便利に使ってくださいね。
よかったらお友達にもシェアしてあげてください。

*去年の7/21に、天野に頼んで「急に暑くなった日に」
というミニレクチャーを撮影しました。
京都は今日も暑くなりそうです、こちらも再度ご活用ください。

後半は昨年のお知らせなので、前半をどうぞ。
(純)

2021.07.21

「コロナと七夕」受付開始 !

8/14(土)旧暦七夕のライブ配信「コロナと七夕」の予告動画を
事務所の玄関で撮ってみました。
講座の詳細はこちら

まずコロナへの不安をほどき、本来の夢を叶える
「心願成就法」も伝える、内容豊かな特別配信。
変わり目の今。目の前のことでいっぱいで、見失いかけていた
私自身の幸せ。今ここで、改めて方向を整えるような
体も心も心地よい内容を設定しました。

天野の考える、プロセスは丁寧です。
まず、内側からコロナ対策を万全に。
「注意すること」と、「不安」を分けることが大切。
覆いかぶさる不安は手放して、
深く眠り、免疫の働きを活性化し、心肺機能を高めて体力・抵抗力を養います。

心身をゆるめ軽くした後、短冊を書いてみます。
「気づいたら叶っていた !」心願成就法にそって
過去形で、いくつでも。
もちろんメモ用紙でも、なれた方は夢マップを作ってもokです!

昨年から翻弄された大波を忘れて、本来の私に立ち戻ります。
みんなで書くと、夢も叶いやすいもの。

今回は事前添削も用意しました、
申し込みフォームに、2つまで「願い」を記入してください。
担任・天野が、よりよく夢を叶えていける形に添削・アドバイスして、お返しします。
もちろん、申込み時はまだ書かなくてもokです。

そうしたことも含めて、2時間5000円の保存版・有料配信といたします。
どうぞ、気功協会の運営を支えるお気持ちで
ご参加ください。

また、夢を叶え生活を豊かにしていた講座「通信講座self」は終了の見込みです。
再受講の方も、こちらへぜひお申し込みください。

★内容
★第1課 気功的コロナ対策
・お話「アンインストール・コロナ」… 情報のクリーニング
恐れすぎない、注意と不安を分ける。
・やさしい気功… じっくりセルフケア。解毒排泄・免疫力向上と、深い解放を。

★第2課 七夕式の心願成就法
・お話「願いがかなうしくみ」
・短冊を書く
・願いが叶う気功

願いを探し、吟味し、短冊に書く。
そのこと自体が、とても素晴らしい心身の健康法になるのと同時に、
潜在意識が素直に働き出して、夢がとても叶いやすくなります。

どこか遠いもののように感じていた夢を、
ぐっと近くに引き寄せて、
願いの書き方、体の使い方などを、一緒に学びましょう。(天野)

詳細こちらから。URLは前日にメールでお送りします。
みんなで夢を叶えていきましょう。
いつも、山科でしていた講座を、今年はたくさんの方に届けたい。
お申し込み、おまちしていますね。(純)

2021.06.26

接種前後のセルフケア・動画up !

新型コロナの予防接種をされる方が身辺に増えてきました。
副反応が出る方も多く、必要とされている「事前事後に自分でできること」を
天野に先ほど、動画で話してもらいました。

自分でできる解毒・排泄の方法、
予防接種だけでなく、いろんな時に役立ちます。15分ほど、必見です。

2021.06.17

乗り越える力

第二日曜、「朝日カルチャー京都」6月のお話からお届けします。

   2021/6/13 於:朝日カルチャー京都 天野泰司

・・・・・・・

梅雨の時期は湿度が高く、発汗が停滞したり、皮膚呼吸がしにくくなる。
体をのびやかに、楽に動かすことで
骨盤の前後運動や腰椎5番が変化し、動きやすくなる。

骨盤が前に傾き、腰が伸びて少し上を向く。
骨盤が後ろに傾き、少し丸まるような態勢になる。
こうした「前後の動き」が、上胸部、肺や心臓と呼応して胸が広がってくる。
そうすると息が深くなり、行動がしやすくなる。

腕や足、とくにももの裏側が縮むと発汗が停滞し、汗がベタッとした感じに。
呼吸器と関連する腰椎5番の動きが鈍り、活動しにくくなる。

[浅く腰掛け、片足ずつ自由に動かし腿の裏側を伸ばす〜骨盤の前後たおし〜あくび〜心がおちつく やさしい気功

不安が起こると、「よくない状態」と体が判断し、危険信号を体内で作る。
呼吸を狭め、肩がすぼまり、腰が丸まり、動きづらくなる。
それが固定してしまうと、暗い空想が回り続けることに。

「こんな風になるといいな」と明るいビジョンを持つことで、
胸が開き、息がしやすくなり、体が楽になる。
意識を切り替え、実現するかどうかは別として
「こうなるんじゃないかな」と楽しい空想を。

気持ちが切り替わりにくい時は無理せず、ひきこもる。
充電するうちに底を打って、内側から「動こう」という感覚が出てくる。
周囲が不安になるとひきこもりが長引く。本来は必ず、底を打って上がってくるのでそのタイミングを待つ。動物は動き出すのが自然。

コロナに対する不安も、大多数が底を打っている。
どこかで終わるだろう、という空想が働くと、最悪の事態があっても気にならない。
気持ちが上がってきた状態にある方が、呼吸器の力も上がり、感染しにくい。
お互いの不安が作用しあっているので、社会全体の不安が少なくなると
感染が急激に減っていくだろう。

大丈夫だ、などと言われると却って不安になりやすい。
そういう意味でも「Go to キャンペーン」は長引かせる要因になった。
「大丈夫なのかも」と体が受け容れていくと、全体の不安が減っていく。
不安を持っているメリットもある。計画性ができ、実現しようという力が出てくる。人は不安を活用して生きている。
それが極端になったり、停滞してしまうと動きづらい。

この時期のポイントは、泌尿器に関連する腰椎3番。
発汗が滞るために腎臓の負担が増え、腰がねじれやすい。

[脇をつまみ、てあて〜命門とおへそを両手ではさんでてあて〜後頭部てあて]
おへそは生命力の中心、根源的な場所。おへそのてあてだけでもよく、
横になっておなかに座布団をのせる「おへその座布団行気」もよい。

ころなの気功

「楽」とは、ベストな動きが連続していくこと。それが「自然」。
[立ってのびのび動く・大きなふりこなど]



最近の記事

img_04