気功のひろば

ブログ

2019.12.20

無一物中無尽蔵 〜高野山にて

2019.11.16-17、「禅密高野山合宿」。

西田天香さんの「無一物中無尽蔵」をキーワードに、
弘法大師空海「秘蔵宝鑰」、
劉漢文・禅密功から「陰陽合気法・人部」。
時代の違う3人の共通点に光をあてて、
体を動かすことと、瞑想を中心に深まりある合宿となりました。
最初の講義から、まとめます。(純)

於: 高野山普賢院 話: 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちが今学んでいることが、弘法大師やそれ以前のお釈迦さまたちが
やろうとしたこととクロスオーバーしている。
空海は、それまでの仏教のように段階的・間接的でなく、直接本質(秘密の蔵)に入ってしまう、
そのために高野山という場所を選んだ。
私たちはもう秘密の蔵の中にいる。観念してください(笑)。
人は幸せを求めて生きている。それに近づいていく合宿に。

*西田天香さん語録から

・無一物中無尽蔵、有花有月有楼台。
・物そのものは本来誰のものでもない すべて全体のものである
・拝むと云うのは自分をなくするのです。
 自分をなくすると全体が自分である。

・本来自分の物、そんなものがあるはずがないのです。
 無一物にいて祈りに祈る生活が、この上もない無尽蔵の宝を持つ、まことに如意宝珠であります。
・無一物と言うと無尽蔵が隠れ、無尽蔵と言うと無一物が隠れてしまいますが、
 これは見方によって何とでもなることなので、正しく言えば、
 無一物がそのまま無尽蔵であり、無尽蔵がそのまま無一物なのであります。

・自分というものに執われないと全体が一つである、ということがよく分かる。
 この自分というのは、迷いの世界である。
 「元来は一つである」ということを知ったとき、我々の本国を知ったことになる。
・拝んでいないとき、ほんとうに拝んでいることがあるのです。
 力んだり騒ぎ立てたりして拝むことは、仏には通じぬ。静かに自分が仏と一つになるように拝むのです。

・われらは〇の当体に帰ることによって、生死を超えることができる。
・今一番世界で要求していますものは、落ち付いた生活でありましょう。
 それは、思い切って複雑な物を捨てることによってでないとあらわれてまいりませぬ。
 あらゆる点において人類全体が楽しめること、落ち着けること、
 そうしてまた闘争しないような平和な世界を生み出すには、
 極度に単純な、ありのままに帰らなければならぬ。
 そうしたものが一番値打のあるものです。また美しい尊いものです。

天香さんの生き方そのものが、この思想を表す。
何も持たない。所有を完全に捨て、それでいて周囲が助けてくれる。
共鳴した人が集まって山科に一燈園という場ができたが、場も預り物。
年末になると全部置いて路頭に帰り、呼びにきてくれる人があると戻る。
何も持たないことが、全ての力を自分の中に持つことと同じになる。
それを、金銭や物が動くこの世界でやってみせた稀な実践。

今ある宗教は一方でお金を稼ぎ、また教えていく両輪だが
そもそもは、お金も、教えも誰のものでもない。
その原点に還ると執着を捨てやすくなる。
「私」が執着の源。

「陰陽合気法・人部」の瞑想も同じで、
自分が色濃くある状態では瞑想はうまくいきにくい。
自分というものをなくしても大丈夫なんだ、と最初に知っておくと
瞑想がはかどる。秘密の蔵に直接入る準備。
色んなものを持ちながらでは遠回りになる。

*空海「秘蔵宝鑰」

「秘蔵宝鑰」は空海の主な著書のひとつ。
ちくま学芸文庫「空海コレクション1」がわかりやすい。

序が有名、文章が詩的で美しい。
・・牛頭 草をなめて病者を悲しみ
 断し車をあやつって迷方をあわれむ
 三界の狂人は狂せることを知らず
 四生の盲者は盲なることをしらず
 生まれ生まれ生まれ生まれ 生の始めに暗く
 死に死に死に死んで 死の終わりに冥し

「生死、輪廻を巡って闇の中をさまよっていることを皆気付かない。
私は教えてくれる師があった、迷いから抜け出してください」ということを言っている。
空海は、すべてをかけてそれをやろうとした。

実際のやりかたの書かれている部分。
「十住心論」の10番目に、
空海が唐の恵果阿闍梨からいただいてきた密教について書いている。

・・凡ゆ伽観行を修習する人は当に須く具に
三密の行を修して五相成身の義を証悟すべし。
いうところの三密とは、一に身密とは契印を結んで
聖衆を召請するが如き、これなり。

二には語密とは密かに真言を誦して文句をして
了了分明ならしめて誤謬なきが如きなり。
三には意密とはゆ伽に住して白浄月の円満に相応し、
菩提心を観ずるが如きなり。
次に五相成身を明かさば、一にはこれ通達心、
二にはこれ成菩提心、三にはこれ金剛心、
四にはこれ金剛身、五にはこれ無上菩提を証して
金剛堅固の身を獲るなり。然れどもこの五相、
具に備うれば、方に本尊の身と成る。
その円明はすなわち普賢の身なり。
またこれ普賢の心なり。十方の諸仏とこれ同じ。
またすなわち三世の修行、証に前後あれども、
達悟に及び已んぬれば去来今なし。
凡人の心は合蓮華の如く、仏心は満月の如し。
この観、もし成ずれば、十方国土のもしは浄、もしは穢、
六道の含識、三乗の行位、及び三世の国土の成壊、
衆生の業の差別、菩薩の因地の行相、三世の諸仏、
ことごとく中に於て現じ、本尊の身を証して
普賢の一切の行願を満足す。
故に『大毘盧遮那経』にいわく、「かくの如く真実心は
故仏の宣説したもうところなり。」と。・・・

具体的なやりかたのエッセンス。
月輪を観想する阿字観の後半、光の瞑想。
三密相応(身=手印(体を使う)、口=真言、意=イメージ、仏の光と一体になる)は
「陰陽合気法・人部」の瞑想ととても近く、おそらく源流が同じではないか。

空海は唐の時代、西安で法を授かって戻ってきた。
日本からゆく時は学生僧、帰ってくる時には膨大な教えと共に「虚往実帰」。
行く前の修行で直接感じるものがあって、行くとそれが体系だって詳しく書かれたものがあり、
そのまま全部受け取ることができたのではないか。

阿字観の「あ」は、存在の否定、ない・空という意味。

・・(本文より)本来金剛薩埵である私たち。日輪と月輪の観想によって照見した本来の心は、
静かで清らか、満月の光が虚空に満ちるようで、知覚や思慮を離れた真理の世界。
観想は悟りの知恵の実践、生きとし生けるものはすべて普賢菩薩の心を持っている。
満月の丸くて明るい形は悟りを求める心と似ている。・・

ここはちょうど普賢院。
「みんなの中にもともとある賢さは平で清らか、まん丸な白い光のようなもの」。
空海のいう、それを実際に禅密の瞑想でもやっていく。
禅密では「先天に戻る」「逆行の道」という。
今回「秘蔵宝鑰」を読んでみて、
禅密の瞑想は高野山の瞑想体系ととても近いことがよくわかった。
うまく伝わっていない実践の部分を、
私たちは幸い、よく学ぶことができている。

[実習・肩の荷がおりる気功 変形版]

*禅密と性

禅密は、性の働きをうまく使っていく。
今まで受け取ってきた性にまつわるタブー感、嫌な感じ、情報をクリアにすることが大切、
そうすると直接そのエネルギーを使えるようになる。

真言宗では理趣経をよく唱える。
最初の部分に、性の喜びは仏の境地、日常の出来事全ては仏の境地であると細かく書かれているが、
そうして、観念を塗り替えることが必要な時がある。
本来の純粋さを取り戻すことが大切。

生活すべてが仏の境地。例えば赤ちゃんの存在もそうだし、
野生の動物が狩をして他の動物を食べていることも、あっと思うが動物自身はそう考えていない。
残酷、と思うのは私たちのなかに残酷さがあるから。

これから使っていく性的な力は、手垢のつきやすいものだが
「これも仏の境地」と思っていただくとたやすく外せると思う。

禅密ではまず密処の感覚をつくっていく、体の中に火を灯していくことで動いていく。
それが光になったり、円相になったりするもの。
簡単なことがいちばんいいので、おちつく気功をやりながら禅密の感覚を織り交ぜていこう。

[実習・心がおちつく やさしい気功 禅密版]
肉中肉・密処の気感をもちながら手をなでる。
背骨を自然に動かしながら、顔をなでる。慧目が開く。(後略)

[実習・陰陽合気法・天地部]
劉漢文先生は単純明快、
「深刻に一生懸命やらないと気なんて動いてこないんじゃないか」というような思い込みを
見事に崩してくる。もともと天地と一体な訳だから、
わざわざ天地と一体になるために、一生懸命なのはおかしなこと。
あれこれ考えるのではなく、天然の只中に入っているような感じならok。
そうでないと、観念を崩していくことも必要になってくる。

(阿字観の図をさして)阿字を見て、このまるい光に一体化していく。
「あ」は空、そうだと思ったら違う。
般若心経にも二重否定がたくさん出てくるが、こうだと思っていることは怪しいと思って。
光と一体になっているような感覚がふっと出てきたら、いい瞑想になっている。

・・・一に身密とは契印を結んで聖衆を召請するが如き、これなり。
二には語密とは密かに真言を誦して文句をして
了了分明ならしめて誤謬なきが如きなり。
三には意密とはゆ伽に住して白浄月の円満に相応し、
菩提心を観ずるが如きなり。・・

禅密はシンプル、太陽なら太陽、月なら月、星なら星の光を観想してひとつになる。
宇宙との一体化すなわち仏になることを意味している。

ゆ伽は身体的な工夫をしていくこと。ひとつの教えのくくり。
ゆ伽密、無上ゆ伽密の段階があるが、禅密は無上ゆ伽密の直接体験の道しるべ。
意密がメインになる。

[実習・陰陽合気法・人部の前半]
(純)

最近の記事

img_04