気功のひろば

ブログ

2019.03.15

花粉症にも「おちつく気功」

花粉の気になる季節になりました。

咳や鼻水、目の不快感などが現れてくるのは、
単に花粉が悪いわけではなくて、
体の内側にスッキリした春の体への変身願望が隠れています。

春は本来、頭がポカンとして、骨盤がよく動くとても気持ちの良い季節。
でも目や頭が疲れていたり、肩や腰がカチンと固まっていたりすると、
その緊張をほどこうとして、目がしわしわしたり、鼻や咳が出たりして、体をゆるまそうとします。
だから、症状が出てきたら、体をゆるめることを即実践しましょう。

まずは、目や鼻を直接温めます。
ハンドタオルにお湯をかけてしぼり、たたんだものを、目や鼻にしばらくあてます。
速攻で楽になりますので、症状が出てきたらその場で、何度でも繰り返し温めてください。
そして、1日の疲れを抜くように、お休み前に「心がおちつくやさしい気功」をするとよいでしょう。

とてもほっとして、頭がポカンとしてくるのと同時に、
骨盤が大きくしなやかに動くようになり、
春の体へとスムーズに切り替わっていくので、
症状も日に日に楽になっていくでしょう。

DVDには天野のナレーションが入っているので、おすすめです。
このページの下のボタンで、お申し込みください。

即効性のあるタオルの温めと本質的な変化を促す「おちつく気功」の組み合わせはとてもいいですよ。
症状が出ている方は、続けていってください。

天野泰司

最近の記事

img_04