気功のひろば

ブログ

2022.02.27

「季節をめぐる気功暦」お送りします。

恒例のカレンダー、「季節をめぐる気功暦」2022年度版ができました。
今年は、少し落ち着いた色合いにしています。

写真を選び、墨絵を描くところからはじまって、
天野の書き下ろしの「お言葉」、毎月のワンポイント気功、新月満月マーク…。
ふと、自分に立ち戻るように。
心地よさが、無意識にすんなり入るように、本一冊のような気配りで作りました。

動画で、特徴や内容をどうぞごらんください。

2022年・3月〜2023年・3月。すぐ使っていただけます。
一部2000円はご寄附として受け取らせていただきます。
送料無料でお送りします。ぜひ一緒に、よい一年を。(純)

 

 

*追記・3/2現在・あと36部です。

2022.02.25

「身につく禅密」明日配信

寒いけれど、光の美しい疎水沿い。
少し外に出ると、木々に春の気配を感じます。いかがおすごしですか。

あす2/26、14時-16時、
身につく禅密」、お申し込みの方に、これからアドレスをお送りするところです。

今回は、52人のクラスになりました。
第一回は、よりシンプルにわかりやすく
深まっている感覚がとてもよかったです。

*案内動画

ライブ配信のアーカイブ(動画記録)は残りますので、
終わった後も、いつでもごらんになれます。

私は、30年ほど前に禅密気功に出会い、続けていますが
シンプルでありながら毎回違っていて、発見もあり
大好きな気功です。

今日中にお申し込みいただくと、明日26日午前に
1回目の動画記録と
明日のライブ配信のアドレスをお送りします。

今回はまた基礎に戻り、深めていきます。
また明日、画面でお会いいたしましょう。(純)

2022.02.25

善には動機がない

The Book of Life 2/25のテーマは

Goodness Has No Motive

*クリシュナムルティの言葉を、
一日一ページ 365日分に編集された本「The Book of Life」を 一日分ずつ、翻訳しています。バックナンバーは同じカテゴリからお読みいただけます。

J.クリシュナムルティ 訳 天野泰司

 

 


善良であろうとする動機を持てば、善良になるのでしょうか。
あるいは、善とは、
善良になりたいという、
動機にもとづいた衝動を全く欠いた何かなのでしょうか。
善は悪の反対、邪悪さの反対ですか。
全ての相反するものは、お互いの種子を自らの内に宿していのではありませんか。

貪欲と、理想的な無欲というものがあって、
無欲を追い求めて、無欲になろうとするのなら、
心は貪欲のままですね。何かになろうと欲しているのですから。
貪欲は、何かがしたい、欲しい、もっともっと、といったことをも意味します。
そして、貪欲だと割りに合わないことに気づくと、
無欲でありたいと欲するのです。
動機は何も変わっていません。
何かになりたい、何かを得たい。そう思っているのです。
「欲しないように」と、欲しているのであれば、
欲求や、欲望の根っこは、ずっとそこにあります。
ですから、善は悪の対極にあるものではなく、
全く異なった状態のものです。それはどのようなものでしょうか。

明らかに、善には動機がありません。
あらゆる動機は自我に基づいているからです。
それは、精神の自己中心的な働きです。
では、善とは何を意味するのですか。
確かに、善はあります。完全な注意がある時にのみ存在するのです。
注意には、動機がありません。
注意しようとする動機がある時には、注意は存在しますか。
善いことでも悪いことでも、何かを得たいという気持ちで注意を向けるのなら、
注意しているのではなく、注意散漫となり、注意が離れてしまっているのです。
善良であり得るのは、完全なる注意が働いている時だけで、
そこには、こうありたい、こうありたくないという努力が全く存在しないのです。

2022.02.22

天皇誕生日 中之島で肩を楽に


2/23、明日開講の、中之島「肩が楽になる気功」告知動画を撮りました。
30秒ほどで、可笑しいです。見てください。

休日のビジネス街は人も少なく、参加者も多くありません。
直行直帰でぜひ、免疫力up & 肩の荷を降ろしに。花粉症の方も。

詳細、申し込みは講座案内へ !
(純)

2022.02.14

季節の気功 中之島へ

第2日曜に長く続いている講座、「季節の気功」。
最初は「一度だけ」というご依頼が、人気があって
毎月開講することに。
東山を見晴らす朝日会館7階の、気持ちのいい会議室。
多い時は、30人以上でいっぱいになったことも。
いまは、10-15人くらいでよい間隔を取れています。

ここから、
初めてのカラー刷「季節をめぐる気功」パンフレットが生まれ
そして、春秋社さんから同じタイトルで本も出版しました。

それが。まさかのまさか、この3月で朝日会館が閉館に。
「朝日シネマがあった」「上は食堂街だった」
「東郷青児のレリーフが一面にあって、オープンしたときは驚いた」……。
昔の賑わいが伝わってきます。

この眺めや、安定した空気感は代え難いものがありましたが
朝日カルチャー京都は、3月末で四条河原町(下ル)に移転、縮小。
そのため、「季節の気功」4〜6月は、
「季節をめぐる気功」新シリーズとして、大阪中之島の朝日カルチャーで開講させていただきます。

4/10(日)中之島、明日から受付開始です♪
みなさんのお越しをおまちしています。

フェスティバルホール上階の眺めのいい部屋です。
4-6月の3回だと少しおトクになりますよ。
休日のオフィス街は、普段より静かです。
あまりたくさんは入っていただけないので、お早めにご予約を。

【中之島・今後の予定】
2/23(祝)肩が楽になる気功 13-15時
コロナ予防・花粉症に特化して。もちろん肩こり、目の疲れも。

4/10(第2日曜)10時半-13時
季節をめぐる気功 〜骨盤から体が変わる
春は骨盤の季節!

5/8(第2日曜)10時半-13時
季節をめぐる気功 〜深く眠る
肝臓の働きを高めてデトックス、健康体質へ。

6/12(第2日曜)10時半-13時 〜楽に動く
「楽な方、気持ち良い方へ動く」という習慣がつくと、
人生が変わります。根本からの活性化を。
(純)

2022.02.10

Monthly Live 2/11配信!

肩を楽にして、免疫を活性化。肩こりや花粉症にさようなら。
2/11(金)午後2時〜、月イチの「Montly Live」配信です !

   *画像をclick !*


免疫強化シリーズ第11回、2022年2月のテーマは、肩。

2月頃は、免疫力を高めやすい季節です。
特別な工夫をしなくても、 風邪や花粉症を経過しながら
体全体の免疫の力をぐんぐん高めていくのですが、
肩の動きがつかえていると、症状も長引きやすく
経過がなかなかスムーズに進みまません。

そして、肩が楽になると、
いろんなことがスムーズに流れ出します。

大脳と骨盤の動きが変わり、
目が楽に、呼吸が深くなり、 血液やリンパの流れが改善し、
胸腺や脾臓の働きが盛んになって、 免疫系の働きが活発になる。

コロナ予防はもちろん、
花粉症対策や、 慢性的な肩こりや目の疲れ、 体質改善にも、
この季節に肩を楽にすることがおすすめです。
大切な季節。毎日体に気を配っていきましょう。 (天野泰司)

気功協会の You tubeチャンネルからもご覧になれます。
「気功のひろば」HPの左上にも、赤いYoutubeマークがあります。

時間になると、ライブ配信が始まります。
終えてからも見ることができます。無料。カンパ歓迎 !

時間になると、お部屋が教室になるライブ配信。
お部屋を少し片付けて、お水やタオル、メモも手元に。
ご一緒に、いま必要なことを。
午後2時、お待ちしています。(純)

 

 

2022.01.28

自分を知る

The Book of Life 1/28のテーマは

Self-Knowing

*クリシュナムルティの言葉を、
一日一ページ 365日分に編集された本「The Book of Life」を 一日分ずつ、翻訳しています。バックナンバーは同じカテゴリからお読みいただけます。

J.クリシュナムルティ 訳 天野泰司

 

 


自分を知ることがなければ、
何を行なったとしても、
瞑想状態へ至ることはできないでしょう。

「自分を知る」というのは、
全ての思考を知り、
全ての気分、言葉、感情を知ること、
つまり、心の活動を知ることであり、
崇高なる自己や、大いなる自己を知ることではありません。
そんなものはどこにもないのです。
高次の自己、アートマン(真我)などといっても、
依然として思考の範疇にとどまっているにすぎません。
思考は、あなたが条件づけされてきたことの結果であり、
記憶への応答です。歴史的な記憶でも、今のあなたの中の記憶でも同じです。
自分を知るということから生じるあの美しい徳質を
深く、ゆるぎないものとして確立しないまま、
ただ瞑想を試みても、完全なごまかしで、全く役に立ちません。

どうかお聞きください。これは真剣な方々にとって、とても重要なことなのです。
もしそうしなければ、あなたの瞑想と現実生活は、分離し、別れ別れになります。
とても大きく隔たってしまうので、いつまでも、生涯にわたって姿勢を整え瞑想したとしても、
鼻より先が見えることはないでしょう。
どんな姿勢をとろうと、何を行おうと、それには何の意味もないのです。

自分を知るとはどういうことなのか、わかることが大切です。
ただ気づくのです、何の選択をすることもなく。
束のような記憶を源としている「私」というものに、
何の解釈を加えることもなく、気づくのです。
心の動きを、ただ観察するのです。
でも、観察を通じて、何をすべきか、何をすべきでないか、何を達成するか
ということをただ積み重ねているのだとしたら、観察は妨げられてしまいます。
そんなことをすれば、自己の生き生きとした心の動きに終止符を打つことになるのです。
つまり、私は事実を、実際を、それそのものを観察し、見なければならないのです。
それに対して、記憶の応答である「こうしてはいけない」「こうしなければいけない」というような、
考えや論理でアプローチするなら、
純然たる、あるがままの動きが、妨げられ、ブロックされてしまいます。
ですから、そこには何の学びもないのです。

 

2022.01.26

蔦町気功の会 温タオル

1/29(土)身につく禅密・配信の翌日、
1/30(日)蔦町気功の会・温タオル法 です。

1月は、ハンドタオルを持参いただいて、
お湯をかけてしぼり、ポイントを選んであててゆく
とてもとても心地よくゆるむ方法。
神経系統の緊張しやすい、この時期にぴったりです。

天野の本や、教室などでも紹介していますが
実際に、少人数でやってみることで
ハードルが下がり、必要なときに
さっとできるようになります。

天野の教室や、配信を受講された方におすすめしています。
前後に個人けいこもお取りできますので、
お申し込みのときに希望の時間(講座前・講座後)をお書きください。
あと数名、お受けできます。(純)

2022.01.21

身につく禅密

雪の京都です。北白川も、よく降りました。。

せっかくなので、配信の案内動画を撮りました。
身につく禅密」、1/29〜初回配信です。


1/28午前までにお申し込みいただくと、
3回ともリアルタイムでごらんになれます。

アーカイブ(動画記録)は残りますので、
配信日に都合があわない時は、終了後いつでもごらんになれます。

私は、30年ほど前に禅密気功に出会い、続けていますが
シンプルでありながら毎回違っていて、発見もあり
大好きな気功です。
今回はまた基礎に戻り、深めていきます。

みなさんの、お申し込みをお待ちしています。(純)

2022.01.09

Monthly Live 1/10配信!

大脳を十分にリラックスさせ、眠りを深く、免疫を上げる。
1/10(月)午後2時〜、月イチの「Montly Live」配信です !

   *画像をclick !*


免疫強化シリーズ第10回、2022年1月のテーマは、大脳。

頭の中が、いろんな考えや悩みでいっぱいになると、
眠りも浅くなり、免疫も働きにくくなってしまいます。
冬は寒さと乾燥が重なることで、神経が過剰に働きやすくなるので、
十分な大脳のリラックスを誘導することがとても大切です。

目を温めたり、てあてしたり、ゆっくり首をまわしたり、のびをしたり、
そんな簡単なことで、大脳のリラックスを深めていくことができます。

風邪の流行りやすい季節でもありますが、風邪やコロナを
できるだけ自然に 自分の力で経過できるようにするためにも、
頭をしっかり休めることがとても大切です。

清々しい新春の頃。 希望を胸に、どこか明るい心持ちになると、
生きていこうとする中心の働きに火が灯り、 免疫も含めて、体は大きく活性化していきます。
気功で心身をすっきりさせたら、今年の夢をいくつか書いてみましょう。
叶いやすい夢の書き方も簡単に紹介します。 (天野泰司)

気功協会の You tubeチャンネルからもご覧になれます。
「気功のひろば」HPの左上にも、赤いYoutubeマークがあります。
時間になると、ライブ配信が始まります。
終えてからも見ることができます。無料。カンパ歓迎 !

時間になると、お部屋が教室になるライブ配信。
お部屋を少し片付けて、お水やタオル、メモも手元に。
ご一緒に、いま必要なことを。
午後2時、お待ちしています。(純)

 

 

最近の記事

img_04