気功のひろば

ブログ

2021.03.27

気功生活 Vol.123

冷と温
虚と実
陰と陽
分かれて惹きあう

【目次】

春きたる   天野泰司
勧進・蔦町基金
春を呼ぶ お茶と気功ノ会
特集・温める 尾骨の焼塩温法
アイロン温法
温タオル法
The Book of Life 1/22・2/22
気功の学校・ゼロ ノート
春の養生
気功の学校Self 30期感想& 31期
季節の気功・如月 講義録
蔦町邂逅    吉田純子
お知らせ


春きたる

天野泰司

蔦町の春

蔦町に越してきて、そろそろ半年になります。「蔦町気功の会」も定例となり、静寂で清々しい場の力もあって、自らと深く向き合う体験が積み重ねられています。また、アイロン温法や温タオルなど、道具が必要な方法が直接伝えられるようになりました。旧暦新年のお茶会には「尾骨の焼塩」を組み合わせ、とても充実した時間を過ごしました。個人けいこも、その人にあったレッスンがやりやすくなり、みなさん喜んでお帰りになります。ひと枠30分の時間の中でお伝えできることはリクエストに応じられますので、どうぞご相談ください。

動画配信はパワフルです。機材を徐々に充実させ、青木隼人さんの大きな援助のもと、安定してお届けできるようになってきました。YouTubeのチャンネル登録者は当初の目標1000人を超え、増え続けています。まだの方は、ぜひ一度ご覧ください。
庭や塀など、外回りは山下良文さん組が引き続き進行中です。雨が降るたびに海になっていた東の庭に土を盛って排水を改良。入口の通路「蔦の細道」には草花を植えられるようにふかふかの土を入れていただきました。苔の緑も手植えで少しずつ増やしています。

もうすぐ満額
2019年の春から、約2年越しで取り組んできた新事務所「蔦町の家」プロジェクト。本当にたくさんの尊いお力添えをいただき、おかげさまで2月末現在343万円の基金が集まり、目標の390万円まであと47万円となりました。
庭や塀など外周りの費用、iPhone用マイク、交換レンズなど、導入したい配信機材もあり、今回を「蔦町基金」最終の呼びかけといたします。会費の納入と合わせて、または専用の振替用紙でお送りください。手渡し、Syncableを通じての寄付も歓迎です。HP左上のボタンから。

好評の4月始まり「気功協会カレンダー」、CD「Self」「Life」、DVD「心がおちつくやさしい気功」「肩の荷がおりる気功」各2000円、パンフレット「季節の気功」300円も、ご寄付となります。CDは在庫限りです。この機にどうぞお求めください。そして、自分や家族はもちろん、友人や潜在的に気功を必要としている方々へ、あなたから気功を手渡してあげてください。

春に入って骨盤がふつふつと動き出し、いちばん体の変化の大きなタイミングになります。「心がおちつくやさしい気功」「肩の荷がおりる気功」を続けましょう。
コロナの全世界的な災いを経て、生き方や社会のあり方そのものが問い直されている今だからこそ、気功の役割はより大きくなっていくでしょう。こんな時だからこそ、みんなで根っこのところから気功を支え、すくすく育て、自然を土台とした新しい社会のビジョンを共有し、広げていきましょう。もちろん自分もその恩恵をたっぷり受けながら。
新規の会員も募集中です。ともに自然の道を歩む仲間を着実に増やしていきましょう。

最近の記事

img_04