気功のひろば

ブログ

2021.02.12

旧暦の新年

きょう12日、新月。旧暦の新年ですね。おめでとうございます。

昨日は「春のお茶と気功の会」、冬から春へ、をテーマに
いつも庭をしてくださる良文さんが、椿→梅、と生け替えてくださって
これは終えてから、両方をいれてくださったもの。
和室が良い香りです。

きのうは冬のお茶、ふきのとうと白湯、そして大晦日の水餃子。
天野が、尾骨の焼き塩とてあて。終えて、春の、よもぎわらびもちと白茶。

今年は、前回の「蔦町気功の会」のアイロン療法から、
お茶プラス「尾骨の焼き塩」を経て、次回の「温タオル」と、蔦町の和室を得たからこその講座が続く春です。

そして日曜日14日は、朝日カルチャー京都です。
肩甲骨をほどいていくことは花粉症に有効。肩の荷を下ろし、不安も解消。
よく眠れることで、健康が回復し、同じ状況でも心身の余裕につながります。
胸腺をなで、鎖骨のくぼみをゆるめ、
本質的な方法で免疫をあげていきましょう。
申し込みは朝日カルチャーへ直接。おまちしています。(純)

最近の記事

img_04