気功のひろば

ブログ

2019.06.29

憎しみを打ち砕くために

The Book of Life
6/29のテーマは、
To Destroy Hate

以下、天野の訳です。
—————-

憎しみに満ちた世界が、今、その報いを受けつつあります。
この憎悪の世界は、親や祖先、そして私たちによって作られてきたものです。
つまり、無知が無限の過去につながっているのです。

憎悪の世界は自然に生じたものではありません。
人間の無知、歴史的なプロセスの産物なのではないでしょうか。
私たち個人は、先祖やそのまた祖先と一緒になって、
この、憎しみ、恐れ、貪欲といったプロセスを進行させてきました。

そして今、その憎しみに満ちた世界を共有しています。
一人一人が、その世界の中にひたり続けている限りは。

世界は、あなた自身の延長です。
もし、あなた個人が憎しみを打ち砕こうと欲するなら、
あなた自身が、憎しみを終焉させなければなりません。
憎しみを断つためには、憎しみの全て、その微妙な痕跡に至るまで、
その全部から離れなければなりません。

しかし、もし憎しみの中に囚われているのなら、
あなたは、無知と恐れの世界の一部なのです。
つまり、世界はあなたが拡大したものです。
あなた自身が複製され、広がっているのです。

世界は、個人と切り離しては存在しません。
観念として、国家、組織としてこの世界が存在するのかもしれませんが、
その考えを実行したり、
国家機能やその組織や教団の機能を働かせるためには、
個々人の存在は不可欠です。
個人の無知、貪欲、そして恐れが、
無知、貪欲、憎しみの仕組みを維持させるのです。

一人の変化で、世界に影響を与えられるでしょうか。
この憎悪の世界に、無知に…。

思慮がなく、無知、憎しみ、貪欲に囚われているかぎりは、
世界はあなた自身の影としてあり続けます。
でも、真剣にそこから離れようとし、注意深く考え、気づいているのならば、
苦しみや悲しみを作り出す忌まわしい原因から離れるのみならず、
その悟りの中には、完全性、全体性が存在するのです。

最近の記事

img_04