気功のひろば

ブログ

2018.02.13

日々の新生に気づく

The Book of Life
2/13のテーマは、
Meeting Life Anew

以下、天野の訳です。

—————-
私たちのほとんどが熱心に受け容れ、
当然のように思っていること、
その一つは、信念の問題ではないかと私は思います。

信念を非難しているのではありません。
私たちがしようとしているのは、
「なぜ信念を受け容れるのか」を見いだそうとすることです。
もしその動機、受容する原因を理解できれば、
なぜそうするのかが判るだけではなく、
おそらく、信念から自由になることができるでしょう。

政治的な信念、宗教上の信仰、国家やその他様々なタイプの信念が
いかに人々を隔てさせ、争い、混乱、敵対を造り出してきたか、
誰もが知っているでしょう。
そのことは明白な事実です。

なのに、いまだに、私たちはそれらを諦めて手放そうとしません。
ヒンドゥーの信仰があり、キリストの信仰があり、仏教徒があり、
数限りない宗派や国々の信念、様々な政治的イデオロギーがあり、
みんなお互いに争い合い、あるものから別のものへと取り替えようとしています。

信念や信仰が人々を分け隔て、
お互いに相容れない世界を造り出しています。
これは、明らかですね。

では、信念や信仰なしに生きることは可能でしょうか。
信念や信仰との関係性の中で、自分自身についてよく調べる。
それができる時にのみ、可能となるでしょう。

この世で、信念や信仰無しに生きることはできますか。
信念を変えるのでも、ある信念を他の信念に変えるのでもなく。
完全に全ての信念から自由であり、
毎瞬間、新たに生きていることに気づくことが可能でしょうか。

瞬間瞬間、全てに新しいこととして出会う、
その能力を持つこと。
全ての条件付け、過去における反応もそこにはありません。
だから、自分というものと、そのままの自分との間の、
壁となり障害として働く累々積々とした影響もそこにはないのです。

結局のところ、これが真実なのです。

最近の記事

img_04