気功のひろば

ブログ

2018.02.07

愛がある時、自我はない

The Book of Life
2/7のテーマは、
When There Is Love,Self Is Not

以下、天野の訳です。

—————

真実、真理というものは、頭で認識するものではありません。

真理が訪れるためには、
信念、知識、経験、美徳、徳の追求
・・それは徳があることとは別のことですが、
これら全てが無くならなければなりません。

徳を追求しようと意識している高潔な人は、
決して、真実に出会う事はできないでしょう。
彼はとても礼儀正しいきちんとした人であるかもしれませんが、
真実の人、真実を悟った人とは全く違います。

真実は、その人に自ずと訪れたのです。
高潔な人は、正しくあろうとする人です。
正しくあろうとする人は、決して、何が真実かを知ることはできません。
彼にとっての徳とは、自我を覆い包むものであって、自我を強化するものです。
なぜなら、彼は徳を追い求めているからです。

彼が、「私は貪欲であってはならない」と言うのなら、
(無欲たらんとしながら)「貪欲でない」という彼の状態が、
自我を強化しているのです。

貧しくあることが、なぜそれほどまでに重要なのか。
その答えがここにあります。
この世の具体的な「もの」だけではなく、
信念や知識に関してもです。

現世的な「もの」を沢山持っていても、
知識や信念を沢山持っていても、
富める人は、闇以外の何ものも決して知ることはなく、
あらゆる害悪や苦悩の只中にあることになるでしょう。

しかし、
あなたそして私が、個々の一人として、
自我のふるまいの全てに気づくことができれば、
私たちは、愛とは何かを知ることになるでしょう。
これこそが、世の中を変え得る唯一の変容であることは、確かです。

愛は、自我ではありません。
自我は、愛を理解することはできません。
「私は愛している」と言ったとしても、
そのとたん、話しているその時、
そのことを経験しているその時に、
愛はそこにありません。

そして、あなたが愛を知った時、自我はそこにありません。
愛がある時、自我はないのです。

最近の記事

img_04