気功のひろば

ブログ

2017.11.01

self2巻 発送しました & 足湯

11月になりましたね。よいお天気で、嬉しいです。
いかがお過ごしですか。

10/30月曜に、通信講座selfの2巻をお送りしました。

毎回、DVDと学級通信に
マンスリーカレンダーがついていて、
裏には、その時々の「季節のケア」を
天野が書き下ろしています。

今月は「足湯」です、みなさんもぜひ。(純)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足湯をしよう

秋も深まり、
肌寒く感じる日も増えてきました。
体に冷えの兆候を感じたら、
まず足湯をしてみましょう。

寒い時には体が引き締り、
温かい時にはゆるみます。
ところが温かい部屋に戻っても、
ゆるんだ感じがしないときがあります。
その大部分は、足が縮んでしまったまま
ゆるまなくなっていることが原因です。

だから、足を温めて、
ふわーっと指が自然に開くようにすると、
冷えが抜けて、ほっとできるようになります。

冷えやすいと感じている方は、
一週間ぐらい続けてやってみてください。
毎日つづけることで、足が
縮んだり、ゆるんで広がるしなやかさが増して、
体が凛として寒さにも強くなり、
温かい部屋では、すぐほっとリラックスできるようになります。

くるぶしが隠れる程度のお湯に両足をつけて
時々差し湯をしながら約6分。
左右の温まり具合を確認して、赤みの足りない側を
差し湯をしたところにプラス2分ほどつけて温めます。

その間に反対の足はよくふいて靴下をはき、
反対の足もかすぐに乾いたタオルで指の間までよくふいて
靴下をはいてください。

足湯の後はくれぐれも足を冷やさないように!
お湯は気持ちよい温度で、お風呂の温度+2度が目安。
夜よりも、気温がだんだんに上がっていく
午前中の足湯がおすすめです。

(self担任・天野)

・・・・・・・・・・・・・・

最近の記事

img_04