気功のひろば

ブログ

2017.08.21

台湾・日月潭へ

7月21日〜23日、
11月に予定している「修学旅行・台湾 日月潭合宿」の下見へ、
2泊3日で行ってきました。

最初に取ろうとしたホテルは、予約金支払期限が7/25。
予約して間がなく、しかも高額でキャンセルでも返金無しとのこと、
「決めるとしても止めるとしても、とにかく行ってみないと」と、
スケジュールの空白を縫って、駆け足で巡ってきました。

日月潭は、台湾のほぼ真ん中にある山に囲まれた湖。
インドのアッサムと気候が似ているらしく、
「日月潭紅茶」の産地としても有名です。

関西空港から、キャセイパシフィック航空で台北桃園空港へ。
桃園空港からMRT(地下鉄)、新幹線を乗り継いで台中で下車、
南投客運の好行バスで日月潭へ向かいます。

日月潭の中心地「水社」に到着、
下見のために予約した民宿「桂月村」は、そこから歩いて5分ほどの船着き場の近く。
1999年の台湾大地震の時に周囲のホテルが倒壊、
土産物店だった父母の家を建て直してこの地で民宿を始めたのだそうです。

最近改装してリニューアルしたそうで、
入口や内装もとても綺麗でスタイリッシュ。

湖畔を自転車で走りたいと考えていたところへ、
チェックインの時に「朝のサイクリングはいかがですか」と願ってもないお誘い。

日の出に合わせて、4:40にロビーに集合。
知り合いらしきレンタサイクル店が一軒だけ、早朝から開いていました。
外見は普通のママチャリ、その実、シマノ製7段変速を装備したよく走る自転車。
レンタル代は100元、400円ほど。

宿のご主人を先頭に、夜明け前の湖畔をスイスイ走ります。
途中、見晴らしの良い、木作りの遊歩道があるところで小休止です。
日の出前の空。

向山ビジターセンターを過ぎ、
湖上に突き出した観覧用の桟橋へ。
原住民の聖地ラルー島、水社大山を正面に望み、
雲間から登る日の出を拝みました。

さらに南下して、公園で休憩し、
来た道をそれぞれ自由に、帰路につきました。

山水画のような景色。

自転車を返して宿に戻ると朝食。
バイキング形式で新鮮なフルーツや野菜、お粥やパン、具沢山のお味噌汁、
おいしい日月潭紅茶も。

外のテラス席でいただきました。

サイクリングは最高の時間帯に既に済んでいるので、
どこへ行こうかと迷っていましたが、
宿のママさんのおすすめで、船で対岸へ渡って、玄奘寺へ。
船は3ヶ所の埠頭を巡回、手にはんこを押してもらって何度でも乗船可。
(つづく)

最近の記事

img_04