気功のひろば

ブログ

2017.05.30

Self 送りました。&肝心のてあて

通信講座・気功の学校Self、
さきほど、第2巻のDVDと、おたよりを発送しました。

毎月、進み具合を記入するカレンダーの裏に
ひとつずつ、その季節に合わせた
自分でできる、てあてなどを天野が書き下ろしています。

今月は「肝臓のてあて」。
みなさんにもおすそわけ。
この1ヶ月、思い出した時に、てあてしてくださいね。
気圧の変動がある時、ちょっと疲れた時、寝る前など
とてもよいですよ。(純)

・・・・・・・・・・・

肝臓のてあて 

初夏は肝臓がとてもよく働く季節。
体細胞の活動が盛んになるので、
要らないものを外へ出す働きも活発になり、
解毒や排泄の中心となって働いている
肝臓の出番がとても多くなります。

だから、肝臓が元気になると、
毒気がなくなって体の中がきれいになり、
調子がよくなるだけではなく、心理的にもとてもスッキリします。

また、排泄の力がついてくると、それに応じて吸収の力が養われ、
呼吸や眠りも自然に深くなって、体力やスタミナがつき、
暑い夏でも比較的快適に過ごせるようになります。

夏への貯金だと思って、肝臓のてあてを続けていきましょう。

リラックスして座り、または横になって、
片手を肝臓、片手を心臓の位置に置き、そのままぽかんとして楽に息をします。

肝臓と心臓の間で気が巡り、
体中がきれいになっていくイメージを持ってもよいでしょう。

「てあて」の間は、心地よい集中感がずっとあります。
しばらくして自然に手がはなれる感じがしたら、
そのタイミングで手をはなします。

やりやすい時間を決めて、毎日の習慣にしていきましょう。

・・・・天野泰司 通信講座self23期「自学自習チェックシート」より・・

最近の記事

img_04