気功のひろば
  • HOME
  • ブログ
  • 誕生以前のこと 2…妊娠がわかったら

ブログ

2015.07.02

誕生以前のこと 2…妊娠がわかったら

妊娠に気づいたその日から、
「今、新しいいのちを育てている」ことを
はっきり自覚して、生活を変えます。

妊娠中が最も成長のスピードが大きな時。
ですから、生活が子どもの心身の成長に特別な影響を与えます。
受胎と同時に骨盤の動きが盛んになり、
勘がよく働くようになりますから、
あれこれ考え過ぎす、勘に任せて動きます。
そしてお腹に手をあてて赤ちゃんと気を通じ、
何をする時も一緒に暮らしているように自然に話しかけ、
毎日マイペースのお散歩をします。
お散歩は骨盤の動きを整えつつ、
赤ちゃんと自分のための貴重な時間です。

「育てつつあることの自覚」、
「てあて、話しかけ、毎日のお散歩」
この積み重ねが、とても大きな一生涯の贈物になります。

目や頭を休めることは妊娠以前と同じ。
妊娠中は、母子はまさに一心同体。
精神的なリラックスがとても大切ですから、
「心がおちつく やさしい気功」はとてもおすすめです。

おなかの赤ちゃんへのてあては、
小さいときは全身に、大きくなったら後頭部に。
母体へのてあては後頭部左右(妊娠活点)とおへそを中心に、
そして、自然に手が引かれていくところへ。

(気功生活vol.89より転載)

最近の記事

img_04