気功のひろば

ブログ

2017.11.20

11/23-26 台湾

11/23-26、「気功の学校」「禅密の学校」
合同の修学旅行で、初めての台湾・日月譚へ
私たち含めて、19人で行って参ります。

それに伴って、メールの返信・対応が
翌週11/27以降になりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
(純)

2017.11.02

気功生活 お送りしました

10/31、「気功生活」103号をお送りしました。
お手伝いいただいた方、ほんとうにありがとうございました。
終えてから、お茶で一休み。
ここまで駆け抜けてきて、あとは郵便屋さんへ。
いつも、ほんとうにほっとします。

今回は、新しくなった「入会のしおり」、
カラーになった「本とCD&DVD紹介」、
「気功の学校」募集チラシも。
間違えないように、封筒に入れるときは「1、2・・6、7」と
数えて入れました。

表紙は、今度ゆく台湾の日月譚にちなんで、
なんとなく日・月に。
「禅密の学校」で三円功をしたので
陰陽魚も入れてみました。
と、考えて描いた訳ではありませんが。

個人的には、「気功の学校」チラシの
表紙の絵が好きです。

季節に合わせた「養生特集」もおすすめ、
「気功の学校」「禅密の学校」受講生の声も
とてもよいです。

どうぞゆっくり、ごらんください♪

目次は
・・・・・・
自由の胎動 天野泰司
気功の学校2018
養生特集4 秋から冬へ
舞い終えて 松風恵子
秋の講義録
 禅密の学校・秋分 季節の気功・長月
The Book of Life 10/1910/31
自然居士 吉田純子
・・・・・・
となっています。

読みたい方にも、無料でお送りしています。
お問合せフォームから
「気功生活を読んでみたい」を選択し、
「103号希望」と書いていただいて、
ご住所等、お送りください。

*「気功の学校」webでの新規募集は、
11月半ば頃の予定です。

(純)

2017.11.01

self2巻 発送しました & 足湯

11月になりましたね。よいお天気で、嬉しいです。
いかがお過ごしですか。

10/30月曜に、通信講座selfの2巻をお送りしました。

毎回、DVDと学級通信に
マンスリーカレンダーがついていて、
裏には、その時々の「季節のケア」を
天野が書き下ろしています。

今月は「足湯」です、みなさんもぜひ。(純)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足湯をしよう

秋も深まり、
肌寒く感じる日も増えてきました。
体に冷えの兆候を感じたら、
まず足湯をしてみましょう。

寒い時には体が引き締り、
温かい時にはゆるみます。
ところが温かい部屋に戻っても、
ゆるんだ感じがしないときがあります。
その大部分は、足が縮んでしまったまま
ゆるまなくなっていることが原因です。

だから、足を温めて、
ふわーっと指が自然に開くようにすると、
冷えが抜けて、ほっとできるようになります。

冷えやすいと感じている方は、
一週間ぐらい続けてやってみてください。
毎日つづけることで、足が
縮んだり、ゆるんで広がるしなやかさが増して、
体が凛として寒さにも強くなり、
温かい部屋では、すぐほっとリラックスできるようになります。

くるぶしが隠れる程度のお湯に両足をつけて
時々差し湯をしながら約6分。
左右の温まり具合を確認して、赤みの足りない側を
差し湯をしたところにプラス2分ほどつけて温めます。

その間に反対の足はよくふいて靴下をはき、
反対の足もかすぐに乾いたタオルで指の間までよくふいて
靴下をはいてください。

足湯の後はくれぐれも足を冷やさないように!
お湯は気持ちよい温度で、お風呂の温度+2度が目安。
夜よりも、気温がだんだんに上がっていく
午前中の足湯がおすすめです。

(self担任・天野)

・・・・・・・・・・・・・・

2017.10.20

中之島大作戦 〜楽になるレッスン

衆院選の前日!
2017.10.21(土)10:00〜12:00

中之島・朝日カルチャーセンターにて、
楽になるレッスン「秋の気功 〜心が澄み渡る
を開講します。

急に涼しくなり、体は冬支度をどんどん進めています。
この時期に、心身をよーくゆるめて楽にしておくと、
冬の寒さや乾燥にも負けない、強くてしなやかな心身を培うことができます。
大切なのは、まず第一に心のリラックス。
あくびの呼吸や首まわしなど
簡単な方法で、頭の緊張をほどいて、感情のこわばりもほぐし、
背骨を楽にして、澄み渡った自由な心へ。

また、良い機会ですので、
肩こりや、目の疲れ、腰の痛み、トイレが近くなるなど、
今進行中の季節的な症状への対処法も学んでおきましょう。

午前中の大阪・中之島です。
フェスティバルタワー18階。
土曜日のこの近辺は比較的空いているので、
心も軽く、ゆっくりランチなどいかがですか。

気功の主役はあなた自身。
今回は、当日の飛び込みも可能です。
申込は、直接朝日カルチャーセンター TEL.06-6222-5222 へ。

2017.10.07

気功の学校2018 もうすぐ受付開始

2002年から、年輪を重ねるように
成長を続けてきた「気功の学校」。

気功の基礎と、教える実力を養う年間コース、
2018年のweb願書受付はもうすぐ。
「気功の学校」Webページの公開と同時に受付がはじまります。
今年も全国各地からのご参加をお待ちしています。

「気功の学校」は、とても自由で奥行きのある学びの場です。
何か一つのやり方、ある流派の気功を学ぶのではなく、
シンプルな心身の基本原理を学び、
私たちの体に元々備わっている自然の働きを自在に引き出して、
その都度必要なことを自分で自由に組み立てていく力を培っていきます。

あくび、のび、笑いなど日常の心身運動。
「心がおちつくやさしい気功」「肩の荷がおりる気功」など、
やさしくて誰でもできる気功をさらに深めていくこと。
ふりこ、円、波など判りやすい自然の動き。
活元運動やてあてなど、自発的な動きの誘導。
思った事がすらすらと叶っていくような、潜在意識の活用法。
どんな時に何をしたらよいか。
あらゆる心身の変化や不調に、自分でできる処方箋を持つ。
季節の移り変わりにそった心身の整え方。

そうしたことを、一年かけて学び、
また年数をかけて、熟達していきます。

0から学びを進めていきますが、
何年も継続して学んでいるクラスメイトと一緒に
とても深い内容を、幅広く学んでいきますので、
受講を考えていらっしゃる方は、
まずは他の、天野の教室へ足をお運びください。

定員に限りがあり、再受講の方が多くいらっしゃいますので
「気功の学校」に限り、
新規申し込みの方が定員を越えた場合は、
何度も、講座に出ていただいている方を
優先して受付させていただきます。

また、「気功の学校」より
朝日カルチャーや定例教室が向いていらっしゃる方、
「通信講座・self」を続けておられる方や、
並行してどちらも受けられている方もおられます。

「年間コースで全部、1年で身につけるんだ!
この世界に飛び込んでみよう!」という勢いよりも
講座にこられて、そして自然に
「また行こう」と体が講座へ向いていくような方が、
「もう少し深めてみたい」と、
「気功の学校」に申し込んでいただけるのが一番ありがたいです。

それぞれ個性的な、1度でも出ていただける講座はこちらです。

・朝日カルチャー京都 11/1212/3 
・朝日カルチャー芦屋 11/4… 3ヶ月に1回
・体になじみやすく、毎週のリセットが嬉しい 定例教室

まずはどうぞ、何度かこちらの講座にぜひ出て
体と心を軽く、気持ちよく秋冬を過ごしていただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気功の学校」2018 日程
*募集は11月中旬から  →参考・気功の学校2017

《気功の学校・前期 1〜3月》
気功の学校・新春 1/8 必修
気功の学校・エレメンタリー 1/21、2/4、2/18 必修
気功の学校・ステップアップ 3/4、3/18 必修
特別課外授業 3/21 (自由選択)

《気功の学校・後期 4〜12月》
4/1〜 月例で。(主に第1日曜日に)

時間 10:30〜16:30
会場 京都市生涯学習センター山科
担任 天野泰司

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(あまの・純)

2017.09.25

通信講座self 受付中

春と秋、2回の開講の「通信講座self」。

海外など遠方の方、
何か、変わるきっかけを探しておられる方
子育てや妊娠中で、講座に出にくい方
本を読んで、興味が湧いてやってみたくなった方…。
いろんな方が、何度もご受講されています。

担任の天野と、メールをやりとりしながら
3ヶ月間、気持ちよく体を動かしてみませんか。

心と体はひとつ。
いつのまにか、心も軽くなり、日々が過ごしやすくなっておられることに
気がつくことでしょう。

*来年の「気功の学校」ご受講を考えておられる方は
selfや、朝日カルチャーなど、天野の講座の
事前のご受講をおすすめしています。

*受付期間に誤植がありました、
「受付期間 2017/9/11〜9/28」が正しいです。

どうぞお早めに、ご検討ください。(純)

2017.08.30

気功生活 お送りしました

さきほど、3人の方が手伝ってくださって
通信「気功生活」102号を無事発送しました。
出来て良かったです。

今回、ちょっと印刷が濃く出ているのですが、
天野の冒頭の一文が、書き始めたらいつもの倍、
講義録も4ページに、
鎌田東二さんからの寄稿も、と
充実の号になりました。

目次は
・・・・・・
気功の神髄 天野泰司
養生特集3 夏から秋へ
日月譚 早足紀行
夏の講座レポート
 禅密の学校・前期 季節の気功・葉月
 気功の学校7-8月 七夕てあての会
The Book of Life 7/1、8/28
日本人は死んだらどこへ行くのか 鎌田東二
夏の終りに 吉田純子

・・・・・・
となっています。

読みたい方にも、無料でお送りしています。
お問合せフォームから
「気功生活を読んでみたい」を選択し、
「102号希望」と書いていただいて、
ご住所等、お送りください。

(純)

2017.08.22

台湾・日月潭へ 2

「修学旅行・台湾 日月潭合宿」の下見ツアー
報告の続きです。

宿のママさんのおすすめで、船で対岸の玄奘寺へ。
船は3ヶ所の埠頭を巡回、手にはんこを押してもらって
何度でも乗船可。

水社埠頭から乗船した船はどんどんスピードを上げ、
湖のなかばにあるラルー島に近づくと減速し、
ほどなく玄光寺埠頭へ。

マイク片手にお兄さんの饒舌な観光案内が途切れなく続き、
あっという間に着いてしまいました。

石段を少し登ると、玄光寺。
そこから三蔵法師の霊骨が祀られている玄奘寺までは、
尾根伝いに龍の背を歩むような山道でした。
聞き慣れない蝉の鳴き声に、南国を感じます。

埠頭近くの玄光寺はたくさんの観光客でにぎわっていましたが、
玄奘寺は人影もまばらで、心静かにお詣り。

休憩所で無料の紅茶をいただき、資料館で般若心経の写経。
見晴らしもよく、日月潭を一望。

船は一方向に巡回しているので、伊達邵埠頭を経て、水社へ戻り、
宿にお礼をいいつつチェックアウト。

直行バスで台中、台中から新幹線で台北へ向かいます。

急いでバスに乗ったので
宿の冷蔵庫に煎じ薬を置き忘れてしまい、まずは漢方薬局・生元薬行へ。

薬剤師さんたちが、引き出しに入っている無数の生薬を
天秤で計りながら一回分ずつ調合し、手際よく紙に包んでくれます。

「ショウガは生で入れなさい」。

「良い人参だから、食べてみなさい」と高価な人参を一片くださる。
そのままでも滋味がじわじわと。

台北の宿泊は、amba台北中山。
アンバサダー系のモダンなシティホテルです。

荷物を置いて、一路タクシーで、大安の老舗茶館・紫藤蘆へ。

19時までの食事の時間に間に合って、
精進の定食と、美味しい凍頂烏龍茶でゆっくり。

3日目は、朝食前に近くの林森公園まで散歩に。
軽く気功をして、朝食。

MRTで大安方面へ。
鼎泰豊本店の角から永康街を歩いていくと、
次々と魅惑的な店が並んでいて、うっかり時間を忘れそうになります。

担子麺の「度小月」で軽めの昼食を取り、

「沁園」や「王徳伝」で茶器や茶葉を選んでいるうちに、タイムアップ。

今年開通したばかりのMRT空港線で桃園空港へ急ぎ、
夜半に北白川へ戻りました。

移動も多く大変なところもありましたが、
心の奥底に満足感の残る、良い旅でした。

2017.08.21

台湾・日月潭へ

7月21日〜23日、
11月に予定している「修学旅行・台湾 日月潭合宿」の下見へ、
2泊3日で行ってきました。

最初に取ろうとしたホテルは、予約金支払期限が7/25。
予約して間がなく、しかも高額でキャンセルでも返金無しとのこと、
「決めるとしても止めるとしても、とにかく行ってみないと」と、
スケジュールの空白を縫って、駆け足で巡ってきました。

日月潭は、台湾のほぼ真ん中にある山に囲まれた湖。
インドのアッサムと気候が似ているらしく、
「日月潭紅茶」の産地としても有名です。

関西空港から、キャセイパシフィック航空で台北桃園空港へ。
桃園空港からMRT(地下鉄)、新幹線を乗り継いで台中で下車、
南投客運の好行バスで日月潭へ向かいます。

日月潭の中心地「水社」に到着、
下見のために予約した民宿「桂月村」は、そこから歩いて5分ほどの船着き場の近く。
1999年の台湾大地震の時に周囲のホテルが倒壊、
土産物店だった父母の家を建て直してこの地で民宿を始めたのだそうです。

最近改装してリニューアルしたそうで、
入口や内装もとても綺麗でスタイリッシュ。

湖畔を自転車で走りたいと考えていたところへ、
チェックインの時に「朝のサイクリングはいかがですか」と願ってもないお誘い。

日の出に合わせて、4:40にロビーに集合。
知り合いらしきレンタサイクル店が一軒だけ、早朝から開いていました。
外見は普通のママチャリ、その実、シマノ製7段変速を装備したよく走る自転車。
レンタル代は100元、400円ほど。

宿のご主人を先頭に、夜明け前の湖畔をスイスイ走ります。
途中、見晴らしの良い、木作りの遊歩道があるところで小休止です。
日の出前の空。

向山ビジターセンターを過ぎ、
湖上に突き出した観覧用の桟橋へ。
原住民の聖地ラルー島、水社大山を正面に望み、
雲間から登る日の出を拝みました。

さらに南下して、公園で休憩し、
来た道をそれぞれ自由に、帰路につきました。

山水画のような景色。

自転車を返して宿に戻ると朝食。
バイキング形式で新鮮なフルーツや野菜、お粥やパン、具沢山のお味噌汁、
おいしい日月潭紅茶も。

外のテラス席でいただきました。

サイクリングは最高の時間帯に既に済んでいるので、
どこへ行こうかと迷っていましたが、
宿のママさんのおすすめで、船で対岸へ渡って、玄奘寺へ。
船は3ヶ所の埠頭を巡回、手にはんこを押してもらって何度でも乗船可。
(つづく)

2017.08.15

夏の疲れを抜く

夏は気温の上昇とともに、
頭に気が上がりやすいもの。
「上気」と言えば、
カッとなって怒ったり、イライラしたりする心身の状態で、
そんな時はお腹が固くなっています。
まず、お腹にやさしくふれて、軟らかさを確認してみましょう。
上腹部が軟らかな感触であれば正常です。
もしカチンとした固さを感じるようでしたら、
まず頭や首をゆるめて、気を下ろすようにしましょう。

ここ数日で、やっと涼しい風が吹き始めているので、
今ゆるめておくと、心底ほっとした感じになり、
この夏に溜まってきた心身の疲れがスーッと抜けていきます。

楽な姿勢で座ったら、
まず、「あくびの呼吸」をします。
首を前にぶらさげて、ふーっと楽にゆっくり息を吐きます。
何度かゆっくり息を吐いて、ゆっくり首を正面に戻します。
次に、頭を後ろにあずけるようにして、
あごをゆるめてポカンと口が開きます。
あくびをする要領で段々に大きく口を開いていきます。
あくびのようになったら自然にあくびをして、
ゆっくり首を正面に戻します。
これを往復三回程度。

それから、
「心がおちつくやさしい気功」をやってみてください。

気が下りて、お腹もやわらかになり、
ほんとうに楽になると思います。
お盆のお休みのうちにぜひ。

8/20 (日)に京都朝日カルチャーセンターで
季節の気功・葉月…夏の疲れを抜く」が開催されます。
たっぷり2時間半。ていねいに夏の疲れを抜いていきましょう。
今回は第3日曜日になっています。申込は直接朝日カルチャーセンターへ。

天野泰司

最近の記事

img_04