気功のひろば

ブログ

2018.01.04

仕事始め。

お正月、みなさまいかがお過ごしでしたか。

私たちは、いつも通り
おついたちは、疎水から吉田神社へ。
比較的あたたかい。

日本中の神様があつまるという大元宮。
伊勢の内宮、外宮もお参りできます。

宗忠神社と上がって、犬おみくじとお神酒。
静かで、とても心地よいお参り。

今年もよかった、と思いながら坂道を下りました。

ゆっくり本を読んだり、おつゆを作ったり、
模様替えもしたりして、いいお正月でした。

ちょっと散歩に、大文字山方面へ。

「おめん」でおうどん食べよと思ったのですが、
外国人でいっぱい。

雪も降って来たので、京大前の
学生さんが行くような、昔からの喫茶店へ。

以前と変わらず、本を読んだり、
一人で長居している学生さんたち。
席数が増えたので、にぎやかに過ごす
ちょっと場違いな、でも左京の親子連れ5組。
変わってきたような、変わらないような。

メニューも変わらず、ボリュームも多く
「サラダ」のカテゴリに「ほうれんそう炒め」があるところに
「野菜はな、食べなあかんで」という
一人暮らしの学生への主張が感じられました。
それに乗って、「ほうれん草ベーコンいためサンド」などかじり、
「お金って、ないのもいいよね」なんて思ってみる
左京区らしい、ひとときでした。

本日4日から、事務所に出ています。
年末にカレンダーご注文の方、年明けになりましたが
お送りいたしました。

本年もよろしくお願い致します!
(純)

2018.01.01

明けましておめでとうございます。

みんなきてくださって、すっきりきれいになった事務所に
よしふみさんが持ってきてくださった
お正月のお花。

気持ちが集まって、今の私たちがあります。
どうぞよい一年に、
心から。

*2018年気功協会カレンダーの表紙です。
中はこんな感じ、ひもをひとつずつ通しました。

1/8からの講座に、お持ちしますね。
仕事始め以降の発送になりますが、
ご希望の方は「気功協会カレンダー希望」として
こちらから、必ず部数を記入の上
ご連絡ください。
送料込2000円、ご寄付として。

(純)

2017.12.28

カレンダー2018

早くも、年の瀬ですね。
きょうは、「気功生活」104号の発送と
事務所の大掃除です。

今年も、好評の
「気功協会カレンダー」が、出来上がりました。
A4版、手作り。→作業前の写真 instagram

天野の書き下ろし一言と、吉田の墨絵。
今回は、数枚、顔彩で色を入れてみました。
NPOへのご寄付として、2000円(送料込)、
リピーターの方が多く、
100部限定で、毎年ちょうど売り切れていきます。
お問合せフォームから
「カレンダー希望」として、部数、ご住所等お送りください。

事務所はそろそろお休みですが、
合間をみて、またお送りしようと思います。

「気功生活」104号も、
読みたい方にも、無料でお送りしています。
お問合せフォームから
「気功生活を読んでみたい」を選択し、
「104号希望」と書いていただいて、
ご住所等、お送りください。

「気功の学校」2018の新規申し込みは締め切りました。
お正月休みになって、あら〜しまった、と思われたような方は
どうぞ2/12「夢と気功」・3/21「禅密入門」などの講座へ。
(年明けに「講座案内」にupします)
もしくは、一度づつ参加が可能な、朝日カルチャーや
各地の教室などで、どうぞ体験してみてください。

みなさまどうぞよいお年をお迎えください。
(純)

2017.12.20

気功の学校2018 あと5名

気功の学校2018
ひきつづき、願書受付中です。
お部屋の定員もあるので、
がんばって、あと5名かな・・という感じ。

*お手元に願書をお持ちの方は、お早めに出してください。
*期日が迫ってきましたので、
faxか、メールで同内容を送っていただいてもokです。
メールの場合はタイトルを「気功の学校 願書」となさってください。

『はじめての気功』など、
天野の著作を読んで、これだ! と思われた方、
「心がおちつくやさしい気功」を続けてみて、
あーこれは! と思われた方、
通信講座Selfや、カルチャー教室、定例教室などに参加してみて、
もうひとつ集中して学び、「自然」という
大きな変化の波の中へ飛び込んでみたいと思われている方、
申込をお待ちしております。

願書をお持ちでない方は、請求して、そこに
自分のことや、来年、どんなふうになりたいか、など
自由に書いて、送ってください。
受付がクリスマスまでなので、請求をお急ぎください。

新しい自分との出会いにワクワクしながら、
共に自然を学んでいきましょう。

担任 天野泰司
事務局 吉田純子

2017.12.14

気功の学校2018 〆切間近!

気功の学校2018
ひきつづき、願書受付中です。
再受講生の願書がほぼ出そろい、
新入生枠は約10名。
半分ほど決まりましたので、
後半戦、あと1週間、受付可能です!

『はじめての気功』など、
天野の著作を読んで、これだ! と思われた方、
「心がおちつくやさしい気功」を続けてみて、
あーこれは! と思われた方、
通信講座Selfや、カルチャー教室、定例教室などに参加してみて、
もうひとつ集中して学び、「自然」という
大きな変化の波の中へ飛び込んでみたいと思われている方、
申込をお待ちしております。

まずは願書を請求して、そこに
自分のことや、来年、どんなふうになりたいか、など
自由に書いて、送ってください。

受付がクリスマスまでなので、請求をお急ぎください。
お手元にお持ちの方は、まず出してみてくださいね。
*期日が迫ってきましたので、
faxか、メールで同内容を送っていただいてもokです。
メールの場合はタイトルを「気功の学校 願書」となさってください。

新しい自分との出会いにワクワクしながら、
共に自然を学んでいきましょう。

担任 天野泰司
事務局 吉田純子

2017.11.28

self3巻 発送しました & 水を飲む

無事、台湾から戻りました。
21度から10度の北白川へ、着いた夜は寒く感じましたが
きのう今日と天気がよく、紅葉が鮮やかです。

きょう、11/28に、通信講座self3巻をお送りしました。
これで最終巻。
じっくり、気持ちよく取り組んでくださいね。

カレンダーの裏側、「季節のケア」
今月は「水を飲む」です、みなさんもぜひ。(純)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乾いたら水を飲む

冬は乾燥の強い季節。
さらに暖房が合わさることで、
知らないうちに体が乾いてきます。

私たちの体は、
暑さ寒さや、湿気の多さには比較的敏感ですが
乾きに対しては比較的鈍いところがあり、
体が乾いていることに気づかずに、ケアをしないで過ごしがちです。
だから、乾きに対しては、意識して水を飲むことが大切です。

冬の体の異常は、大部分が乾きの影響を受けていますから、
水を補うことで、心身の違和感がなくなり、
気持ちよく冬を過ごせるようになります。

ポイントは、こまめに、美味しく水を飲むこと。
まず、気に入った小さなグラスを用意しましょう。
そして、水を入れておく使いやすいポットを。
5℃前後が飲みやすい温度です。

わずかな水を口にふくんで、
舌先で味わって、ゆっくりとのどの奥へと運び、
すーっと腹へ落としていきます。
上質なお酒を楽しむように、ちびちびと。

お風呂上がりや、運動のあと、朝に目が覚めた時も
体が水を欲するので、おいしく感じます。
風邪を引いた時も、水を飲むことを忘れずに。
しっとりと潤った体で春を迎えましょう。

(self担任・天野)

・・・・・・・・・・・・・・

2017.11.20

11/23-26 台湾

11/23-26、「気功の学校」「禅密の学校」
合同の修学旅行で、初めての台湾・日月譚へ
私たち含めて、19人で行って参ります。

それに伴って、メールの返信・対応が
翌週11/27以降になりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
(純)

2017.11.02

気功生活 お送りしました

10/31、「気功生活」103号をお送りしました。
お手伝いいただいた方、ほんとうにありがとうございました。
終えてから、お茶で一休み。
ここまで駆け抜けてきて、あとは郵便屋さんへ。
いつも、ほんとうにほっとします。

今回は、新しくなった「入会のしおり」、
カラーになった「本とCD&DVD紹介」、
「気功の学校」募集チラシも。
間違えないように、封筒に入れるときは「1、2・・6、7」と
数えて入れました。

表紙は、今度ゆく台湾の日月譚にちなんで、
なんとなく日・月に。
「禅密の学校」で三円功をしたので
陰陽魚も入れてみました。
と、考えて描いた訳ではありませんが。

個人的には、「気功の学校」チラシの
表紙の絵が好きです。

季節に合わせた「養生特集」もおすすめ、
「気功の学校」「禅密の学校」受講生の声も
とてもよいです。

どうぞゆっくり、ごらんください♪

目次は
・・・・・・
自由の胎動 天野泰司
気功の学校2018
養生特集4 秋から冬へ
舞い終えて 松風恵子
秋の講義録
 禅密の学校・秋分 季節の気功・長月
The Book of Life 10/1910/31
自然居士 吉田純子
・・・・・・
となっています。

読みたい方にも、無料でお送りしています。
お問合せフォームから
「気功生活を読んでみたい」を選択し、
「103号希望」と書いていただいて、
ご住所等、お送りください。

*「気功の学校」webでの新規募集は、
11月半ば頃の予定です。

(純)

2017.11.01

self2巻 発送しました & 足湯

11月になりましたね。よいお天気で、嬉しいです。
いかがお過ごしですか。

10/30月曜に、通信講座selfの2巻をお送りしました。

毎回、DVDと学級通信に
マンスリーカレンダーがついていて、
裏には、その時々の「季節のケア」を
天野が書き下ろしています。

今月は「足湯」です、みなさんもぜひ。(純)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足湯をしよう

秋も深まり、
肌寒く感じる日も増えてきました。
体に冷えの兆候を感じたら、
まず足湯をしてみましょう。

寒い時には体が引き締り、
温かい時にはゆるみます。
ところが温かい部屋に戻っても、
ゆるんだ感じがしないときがあります。
その大部分は、足が縮んでしまったまま
ゆるまなくなっていることが原因です。

だから、足を温めて、
ふわーっと指が自然に開くようにすると、
冷えが抜けて、ほっとできるようになります。

冷えやすいと感じている方は、
一週間ぐらい続けてやってみてください。
毎日つづけることで、足が
縮んだり、ゆるんで広がるしなやかさが増して、
体が凛として寒さにも強くなり、
温かい部屋では、すぐほっとリラックスできるようになります。

くるぶしが隠れる程度のお湯に両足をつけて
時々差し湯をしながら約6分。
左右の温まり具合を確認して、赤みの足りない側を
差し湯をしたところにプラス2分ほどつけて温めます。

その間に反対の足はよくふいて靴下をはき、
反対の足もかすぐに乾いたタオルで指の間までよくふいて
靴下をはいてください。

足湯の後はくれぐれも足を冷やさないように!
お湯は気持ちよい温度で、お風呂の温度+2度が目安。
夜よりも、気温がだんだんに上がっていく
午前中の足湯がおすすめです。

(self担任・天野)

・・・・・・・・・・・・・・

2017.10.20

中之島大作戦 〜楽になるレッスン

衆院選の前日!
2017.10.21(土)10:00〜12:00

中之島・朝日カルチャーセンターにて、
楽になるレッスン「秋の気功 〜心が澄み渡る
を開講します。

急に涼しくなり、体は冬支度をどんどん進めています。
この時期に、心身をよーくゆるめて楽にしておくと、
冬の寒さや乾燥にも負けない、強くてしなやかな心身を培うことができます。
大切なのは、まず第一に心のリラックス。
あくびの呼吸や首まわしなど
簡単な方法で、頭の緊張をほどいて、感情のこわばりもほぐし、
背骨を楽にして、澄み渡った自由な心へ。

また、良い機会ですので、
肩こりや、目の疲れ、腰の痛み、トイレが近くなるなど、
今進行中の季節的な症状への対処法も学んでおきましょう。

午前中の大阪・中之島です。
フェスティバルタワー18階。
土曜日のこの近辺は比較的空いているので、
心も軽く、ゆっくりランチなどいかがですか。

気功の主役はあなた自身。
今回は、当日の飛び込みも可能です。
申込は、直接朝日カルチャーセンター TEL.06-6222-5222 へ。

最近の記事

img_04