気功のひろば

ブログ

2017.08.22

台湾・日月潭へ 2

「修学旅行・台湾 日月潭合宿」の下見ツアー
報告の続きです。

宿のママさんのおすすめで、船で対岸の玄奘寺へ。
船は3ヶ所の埠頭を巡回、手にはんこを押してもらって
何度でも乗船可。

水社埠頭から乗船した船はどんどんスピードを上げ、
湖のなかばにあるラルー島に近づくと減速し、
ほどなく玄光寺埠頭へ。

マイク片手にお兄さんの饒舌な観光案内が途切れなく続き、
あっという間に着いてしまいました。

石段を少し登ると、玄光寺。
そこから三蔵法師の霊骨が祀られている玄奘寺までは、
尾根伝いに龍の背を歩むような山道でした。
聞き慣れない蝉の鳴き声に、南国を感じます。

埠頭近くの玄光寺はたくさんの観光客でにぎわっていましたが、
玄奘寺は人影もまばらで、心静かにお詣り。

休憩所で無料の紅茶をいただき、資料館で般若心経の写経。
見晴らしもよく、日月潭を一望。

船は一方向に巡回しているので、伊達邵埠頭を経て、水社へ戻り、
宿にお礼をいいつつチェックアウト。

直行バスで台中、台中から新幹線で台北へ向かいます。

急いでバスに乗ったので
宿の冷蔵庫に煎じ薬を置き忘れてしまい、まずは漢方薬局・生元薬行へ。

薬剤師さんたちが、引き出しに入っている無数の生薬を
天秤で計りながら一回分ずつ調合し、手際よく紙に包んでくれます。

「ショウガは生で入れなさい」。

「良い人参だから、食べてみなさい」と高価な人参を一片くださる。
そのままでも滋味がじわじわと。

台北の宿泊は、amba台北中山。
アンバサダー系のモダンなシティホテルです。

荷物を置いて、一路タクシーで、大安の老舗茶館・紫藤蘆へ。

19時までの食事の時間に間に合って、
精進の定食と、美味しい凍頂烏龍茶でゆっくり。

3日目は、朝食前に近くの林森公園まで散歩に。
軽く気功をして、朝食。

MRTで大安方面へ。
鼎泰豊本店の角から永康街を歩いていくと、
次々と魅惑的な店が並んでいて、うっかり時間を忘れそうになります。

担子麺の「度小月」で軽めの昼食を取り、

「沁園」や「王徳伝」で茶器や茶葉を選んでいるうちに、タイムアップ。

今年開通したばかりのMRT空港線で桃園空港へ急ぎ、
夜半に北白川へ戻りました。

移動も多く大変なところもありましたが、
心の奥底に満足感の残る、良い旅でした。

2017.08.22

縁と空について〜「禅密の学校」7月

「禅密の学校」7月の2日間より、
少しだけお話をまとめます。

2017/7/16-17  天野泰司 
於:アスニー山科和室
・・・・・・・・・・・・・・・

今期のテーマは「私が背骨」。
背骨は、自然界全体と交信するアンテナ。

「背骨が自由自在に動く」ことが、禅密気功の中心。
それは、無限にある選択肢の中から、
瞬間瞬間、最適な動きを選びつづけること。
そして、背骨もなくなり、私もなくなる。

自他の力を、区別する必要はない。
「私」は自分に限定されない。

私たちは、世代を越えた無数の「縁」(=つながり)によって存在していて、
つながりがなければ、今存在していない。
それを「空」と呼ぶ。

「これが自分だ」という虚像、
作り上げた壁をほどいて
縁、空に還る。

「体の自然に還る」ことを、禅密では「先天に戻る」という。

仮のものである「私」が崩れると、「私のもの」もなくなり、
わずらいもなくなる。
西田天香さんの「無一物中無尽蔵」とした生き方、
こつ然と各地に現れた「妙好人」たち。
「空」「縁」といった考え方を灯火に、
心を自由に、体を通して、本質を理解していく。

体にまかせて、素直に軌道修正をする。
苦しみは苦しみとして享受し、
生活のなかの全てにある、快感を感じ取る。

礼節を重んじていた時代から、「我」を中心にするように変化して
自分に都合のよいことを身の回りにあつめ、
他人を責めることが多くなった。

自分の中の美しい部分をみとめ、
相手の美しい部分を心で拝む。
「てあて」をする時、お互いに礼をし、礼で終わるように。
相手の中の、先天をみる。

「これが私」と思っているものは虚像、
日常とリンクして、体で「空」を感じ取っていく。
(純)

2017.08.21

夏の疲れを抜く 〜8/20京都

厳しい残暑の中を、20人ほどの方が来てくださいました。
窓の外には東山、大文字。
涼しい会議室で、ひとときのゆるやかな休息。
年々厳しくなる暑さや、日々のよしなしごとを
しばし置いて、静かな心と身体を取り戻すひと時となりました。
(純)

2017/8/20 於:朝日カルチャー京都 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*頭の気を下ろす

暑い日が続き、ふらふらした時などは
まず、頭に上がっている気を下ろすとよい。

[実習・頸椎2番の左右、頭部活点のてあて。
あくび〜心がおちつく やさしい気功」。

「頸椎2番の左右」は、上を向いてみて、頭と首のちょうつがいになっている位置。
右側は頭の血が下がる、ふらふらする時など。
左側は上がる。貧血の時など。
「頭部活点」は、鬼の角が生える位置。
ゆっくり、指先でてあてする。

こうして、涼しい場所で、「体がほっとする」一連の時間をとることで
周りの状況は変わらなくても、受け容れ方が違ってくる。
さまざまなことを、脚色・評価なしで、自然に受け取ることができる。

苦しみ、悩み、心配は、四六時中考えていると疲れてしまう。
いっとき手放す。
そして、ほっとした感じを作ると、許容量が増えて
見直すことができたり、
山が越えられそうな気がしてくる。

最初はエベレストのように思えていたものが、
モンブランくらいに思えてきて、
「富士山くらい、いや、比叡山くらいかも」
「それならば自分の足だけでなく、ロープウェーやケーブルを使おうか」
そんな感じが出てくる。

自分で、「山が高い」ことを決めている。
山のけわしさ、高さを決めている。
その大脳の働きを、(先ほどのような)やさしい動きで
ほどいていくことができる。

そうすると、自らを苦しめていた頭の働きが抜け、
体もゆるんで楽になる。
脚色して、苦しみを増やしている。
「こんなに苦しい」と決めている。
そうしたことも減ってゆき、
生じて来る大変な現象も減る、という
効果が連鎖して起こってくる。

ひとりひとりの潜在意識は、深い部分でつながりあっている。
動物的、植物的、物質的感受性といってもよいが
そうして、私の「高い山が次々に現れる」ことが減って
葛藤が少なくなってくると、
周囲の人、周りの世界も変化してくる。

頭の気が下りると、体の働きが活発になる。
「体の働き」とは、90%以上が無意識的な働き。

今日から3日間、できれば1週間、
きょうやったさまざまなこと
「頸椎2番左右のてあて・頭部活点のてあて、あくび〜おちつく気功」を
続けてほしい。

それは、秋への準備にもなる。
秋は、辛かったことなどを抜いていく、心の整理によい時期。

こんなに暑いけれど、もう秋に入っている。
すっと涼しい風が吹いて、夜になると虫が鳴く。
辛かったことを、ふっと思い出す、
そうして、奥底に眠っていた昔の苦しみが
浮上してきた時が、洗い流すタイミング。

思い出した時に、「おちつく気功」などで
体をすっかり気持ちよくすると、
心の奥の辛さが「体から」抜けてゆく。

*汗の内攻〜秋の準備 

知らずに吸収してしまった添加物、農薬、化学物質などは
汗からしか排出されない。
それが、汗の効用だが、
汗を冷やしてそれが再吸収されると急性の異常が起こりやすい。

「夏バテ」は、ほとんど汗を冷やしたことから起きる。
そうしたときは、太ももの裏がちぢんでいる。

[実習・後頭部真ん中、腿の裏側のてあて]
「後頭部の真ん中」は、いちばん盛り上がったあたりの中央。
「腿の裏側」は、椅子に座って、
足の付け根のほうから順に、手のひらで両足のももの裏側の
固さを、やさしく確認する。固さのあるところにてあて。

夏は呼吸器がよく働く季節だが、
秋は、泌尿器が中心になってくる。

汗をかかなくなるので、腎臓の負担が多くなり
片側の腎臓が疲れると、体がねじれて腰痛が起こる。

[実習・耳をこする〜腎臓のてあて]
腎臓にてあてをし、ゆっくり足の裏から息を吐く。

椅子でゆっくり実習した後、
立って、「肩の荷がおりる気功」をして終わりました。
(純)

2017.08.21

台湾・日月潭へ

7月21日〜23日、
11月に予定している「修学旅行・台湾 日月潭合宿」の下見へ、
2泊3日で行ってきました。

最初に取ろうとしたホテルは、予約金支払期限が7/25。
予約して間がなく、しかも高額でキャンセルでも返金無しとのこと、
「決めるとしても止めるとしても、とにかく行ってみないと」と、
スケジュールの空白を縫って、駆け足で巡ってきました。

日月潭は、台湾のほぼ真ん中にある山に囲まれた湖。
インドのアッサムと気候が似ているらしく、
「日月潭紅茶」の産地としても有名です。

関西空港から、キャセイパシフィック航空で台北桃園空港へ。
桃園空港からMRT(地下鉄)、新幹線を乗り継いで台中で下車、
南投客運の好行バスで日月潭へ向かいます。

日月潭の中心地「水社」に到着、
下見のために予約した民宿「桂月村」は、そこから歩いて5分ほどの船着き場の近く。
1999年の台湾大地震の時に周囲のホテルが倒壊、
土産物店だった父母の家を建て直してこの地で民宿を始めたのだそうです。

最近改装してリニューアルしたそうで、
入口や内装もとても綺麗でスタイリッシュ。

湖畔を自転車で走りたいと考えていたところへ、
チェックインの時に「朝のサイクリングはいかがですか」と願ってもないお誘い。

日の出に合わせて、4:40にロビーに集合。
知り合いらしきレンタサイクル店が一軒だけ、早朝から開いていました。
外見は普通のママチャリ、その実、シマノ製7段変速を装備したよく走る自転車。
レンタル代は100元、400円ほど。

宿のご主人を先頭に、夜明け前の湖畔をスイスイ走ります。
途中、見晴らしの良い、木作りの遊歩道があるところで小休止です。
日の出前の空。

向山ビジターセンターを過ぎ、
湖上に突き出した観覧用の桟橋へ。
原住民の聖地ラルー島、水社大山を正面に望み、
雲間から登る日の出を拝みました。

さらに南下して、公園で休憩し、
来た道をそれぞれ自由に、帰路につきました。

山水画のような景色。

自転車を返して宿に戻ると朝食。
バイキング形式で新鮮なフルーツや野菜、お粥やパン、具沢山のお味噌汁、
おいしい日月潭紅茶も。

外のテラス席でいただきました。

サイクリングは最高の時間帯に既に済んでいるので、
どこへ行こうかと迷っていましたが、
宿のママさんのおすすめで、船で対岸へ渡って、玄奘寺へ。
船は3ヶ所の埠頭を巡回、手にはんこを押してもらって何度でも乗船可。
(つづく)

2017.08.15

夏の疲れを抜く

夏は気温の上昇とともに、
頭に気が上がりやすいもの。
「上気」と言えば、
カッとなって怒ったり、イライラしたりする心身の状態で、
そんな時はお腹が固くなっています。
まず、お腹にやさしくふれて、軟らかさを確認してみましょう。
上腹部が軟らかな感触であれば正常です。
もしカチンとした固さを感じるようでしたら、
まず頭や首をゆるめて、気を下ろすようにしましょう。

ここ数日で、やっと涼しい風が吹き始めているので、
今ゆるめておくと、心底ほっとした感じになり、
この夏に溜まってきた心身の疲れがスーッと抜けていきます。

楽な姿勢で座ったら、
まず、「あくびの呼吸」をします。
首を前にぶらさげて、ふーっと楽にゆっくり息を吐きます。
何度かゆっくり息を吐いて、ゆっくり首を正面に戻します。
次に、頭を後ろにあずけるようにして、
あごをゆるめてポカンと口が開きます。
あくびをする要領で段々に大きく口を開いていきます。
あくびのようになったら自然にあくびをして、
ゆっくり首を正面に戻します。
これを往復三回程度。

それから、
「心がおちつくやさしい気功」をやってみてください。

気が下りて、お腹もやわらかになり、
ほんとうに楽になると思います。
お盆のお休みのうちにぜひ。

8/20 (日)に京都朝日カルチャーセンターで
季節の気功・葉月…夏の疲れを抜く」が開催されます。
たっぷり2時間半。ていねいに夏の疲れを抜いていきましょう。
今回は第3日曜日になっています。申込は直接朝日カルチャーセンターへ。

天野泰司

2017.07.01

幸福か満足か

The Book of Life
7/1のテーマは
Happiness vs. Gratification

以下、天野の訳です。
—————-

私たちのほとんどが、求めているものは何ですか。
私たちひとりひとりは、何を欲しているのでしょうか。

この、休む間もない世の中では、ことさらに
皆が、何らかの平安や幸せや、避難場所を見つけようとしていますが、
いったい何を求め、何を見つけようとしているのですか。

それが判ることがとても大切なこと、
そうではありませんか。

おそらく大部分の人たちは、
何らかの幸せ、何らかの平安を探し求めています。
混乱と戦争、競争や紛争に苦しむ世の中で、
少しでも平安がありそうな避難場所を求めているのです。
これが大部分の人たちが望んでいること、私はそう思います。

だから、ある指導者からまた別の指導者へ、
ある宗教からまた別の宗教へ、
ある師からまた別の師へ、
(避難場所を)求めて、次々と、さまよい歩いていくのです。

つまり私たちは、幸福を探し求めているのでしょうか。
あるいは、私たちが求めているのはある種の満足で、
その欲求の充足を通じて幸せになれたらと思っているということですか。

幸福と満足は、違うものです。

幸福を追い求めることができますか。
おそらく満足は見つかるでしょう。
しかし幸福をみつけることはとうてい出来ません。

幸福は派生するものです。
(求めて得られるものではなく、)副産物なのです。

ですから、
頭や心に莫大な努力や注意、思考や配慮を強いるその前に、
私たちが探し求めているものは何なのか、
それは幸福なのか満足なのか、
はっきり見抜かなければなりません。
その必要が無いと、どうして言えるでしょうか。

2017.06.30

「気功生活」101号・Self 送りました。

会員の方々に、「気功生活」101号と
御受講の方に、通信講座・気功の学校Self第3巻を
朝から一気に発送作業をして、
できあがりました。

お手伝いくださった方、ほんとうにありがとうございました。
きょう、お送りしますね!

通信「気功生活」は、読みたい方に無料でお送りしています。
こちらの「最新号希望」から
「101号希望」と書いていただいて、お送りください。
(純)

2017.06.24

争いの本質的原因

The Book of Life
6/24のテーマは
The Central Cause of Conflict

以下、天野の訳です。
—————–

ただ願うだけで、平和が訪れるなどと考えないでください。
あなたは、日々様々なものと関わりながら、
意欲的に、何かを得ようと、
今生や来世の精神的な安全を願う生活をしていますね。
そのままでは、平和は来ないのです。

平和を望むのなら、
争いや、不幸の本質的な原因を
直覚し、消し去っていくのです。
平和のためにと、外のことばかり考えないようにしてください。

ご承知のように、私たちはたいがい無精です。
(直感的な感覚が)怠けすぎているので、
自らをピタッと把握することも、はっきり判ることもありません。

この無精さとは、まさしく独断的な心の現れです。
だから、誰かがこの問題を解決して、
私たちに平和を与えてくれるだろうと考えたり、
戦争を引き起こしているだろう
一握りの人々をやっつけてしまえ、などと考えてしまうのです。

もし、あなた一人が内に争いや葛藤を抱えているならば、
周囲にも、必ず、不可避的に、争いを造り出します。
自身の内に平和を築くことだけが、
世界全体に、平和をもたらすのです。
あなたが、世界そのものなのですから。

2017.06.20

book of life

クリシュナムルティの
「The book of life」を
天野が、1ヶ月にひとつくらい、upしています。

一日にひとつ、彼の語録から
引用された英書で、
元々、台湾で中国語訳をみつけ
英訳を購入したものです。
日本語訳も出ていますが、ぼちぼちと、訳して
「気功生活」にも連載しています。

今回は5/23「自我から自由になる」。
6/24「争いの本質的原因」の2つです。

ゆっくりごらんください。

(純)

2017.06.12

心と体のお掃除 〜6/11京都

静かな落ち着いた雰囲気で、楽しい講座になりました。(純)

2017/6/11 於:朝日カルチャー京都 天野泰司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

身体は、2週間〜1ヶ月先を予測している。
その少し先の季節を感じつつ、月1回進めていく講座。
できたら継続して、1年の流れを感じてもらえると良いと思う。

梅雨は、汗が出にくくなるため、腎臓に負担がかかる季節。
腎臓が疲れやすいと、気分がうつうつとし、不機嫌になる。

同時に、雨で湿気が強く、運動が制限される。
そうして季節的に不機嫌になったり、
小さい子がおしっこを我慢している時のように、
そわそわしたり怒りっぽくなったりする。
こちらが、「そういう時期なんだ」と気づけば良い。

腎臓を元気に、そして体の自発性も育てていこう。

[実習・わき腹、内股、頭頂のてあて〜体を後ろにねじる
心がおちつく やさしい気功」。

脇腹に両手をあてて、脇腹で息をするように。
ねじる時の視線は水平。ねじりやすい方にすこし大きく、ゆっくり無理せずにねじる。

年も半ばに近づいて来た。
神社では、「夏越の祓」といって、この時期に
心にたまった罪ケガレを流してゆく。
「大祓祝詞」は面白くて、たまった罪ケガレを
神々がそれぞれ手渡してゆき、そのうちどこかへ無くしてしまう。

心と身体に分けて考えると、
心の嫌な感じ、悩み苦しみは、
まずそれから心を放して、ぽかーんとしたり、
気持ちよいことに集中すると、嫌なことが寄ってこなくなる。
しっかり悩んで解決策をとるのも大事、そのほうが苦しみつづけるより早い時も。
いつまでも「そのこと」を背負いつづける必要はない。

体の痛み、だるさ苦しさは、
腰痛なら体がねじれないように、痛くならない姿勢をとったり、
打撲で痛いなら、思わずとったそれをかばう姿勢、それが大切。
自分の「治る力」を助けるように、全身でその姿勢に集中したり、
てあてをしたり、
どちらにしても、できるだけ気持ちよくする。

[実習・心の動きにまかせる]
心に浮かんだ諸々をただ流していきながら、背骨からゆっくりゆれる。

普段は、楽なほうへうごくこと。
梅雨で動きにくく湿気のこもりやすい時期だからこそ、
換気や掃除もどんどんする。
活動すると汗も出やすくなる。
一番動きたい動きはひとつ、それが体のおそうじ。
持っていると苦しいものは、手放す。

といった話の後、立って、「肩の荷がおりる気功」をして終わりました。
(純)

最近の記事

img_04